お知らせ&ブログ

不動産買取にかかる期間とは?専門家が解説します!

不動産買取を検討されている方はいらっしゃいませんか。
その中には、買取の期間について気になる方も多いと思います。
そこで今回は、不動産売却にどのくらいの期間を考えておけばいいかについて紹介します。

□不動産買取は数日から1ヶ月で完了します

不動産買取について、実際に経験がある方は少ないと思います。
初めて不動産買取をする方は必要な期間についてイメージできていない方が多いでしょう。

不動産買取は不動産会社が買主になってもらった上で売却をする方法です。

不動産を現金化する方法としては、不動産会社が仲介役として買主を探す方法が一般的ですよね。
しかし、不動産買取では相手を探したり、不動産を宣伝したりする必要がないため、よりスムーズに買取を勧められるメリットがあります。

仲介による不動産の売却には数ヶ月から半年、場合によってはそれ以上の期間を要する場合もあります。
一方で不動産買取では、数日から1ヶ月程度で不動産を現金化できます。

不動産買取に必要な期間は仲介と比較して非常に短いため、スピーディーに買取に出せると言えるでしょう。

□不動産買取に向いている物件とは?

不動産買取を検討されている方の中には、仲介による売却とどちらがいいのか迷われている方もいらっしゃると思います。

ここからは不動産買取に向いている物件はどのようなものか、特徴を紹介します。

まず、築年数が30年を超えている物件は買取が向いています。

理由としては、水道管や排水管の寿命が25年程度だと言われているからです。
仲介による売却には契約不適合責任というものがあり、売った後でも瑕疵について責任を負う場合があります。

築年数が30年以上ある物件については、売却後に配管に関する瑕疵が認められる可能性があるため、修繕費による追加の出費を避けるためにも、不動産買取による現金化をおすすめします。

次に、事件や事故が起こった物件については買取がおすすめです。
こういった物件を仲介で売却したい場合、買手を探すのは非常に難しいでしょう。
また、仲介で売却したとしても相場よりもかなり安い金額になるでしょう。

そのため、多少価格が低いとしても、最初から買取に出した方がよい場合が多いです。

最後に状態がかなり悪い物件に関しても、仲介で買い手が見つかりにくいため、不動産買取がおすすめです。
不動産会社は、状態が悪い物件に関してもリフォームやリノベーションをすることで再販売するノウハウを持っています。

そのため、仲介で買い手が付かないような物件でも不動産買取なら現金化が可能です。

□まとめ

本記事では、不動産買取にかかる期間と向いている物件について紹介しました。
お客様の物件に当てはまるかどうかぜひ一度チェックしてみてください。
この記事が不動産買取を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

不動産買取の査定方法とは?専門家が解説します!

不動産買取を依頼するか考えている方はいらっしゃいませんか。
中には、査定方法について気になっている方もいらっしゃると思います。
今回は、不動産買取における査定方法について紹介します。

□不動産買取における査定方法を紹介!

不動産を売却したい場合、まずは査定を依頼する方が多いですよね。
皆さんは、不動産の査定には2種類あることをご存知でしたか。
それぞれ方法や目的が少しずつ異なるため、チェックしておきましょう。

*簡易査定

これは売却を検討している方が、価格についておおまかに把握するために行います。
あくまで検討段階で行うものであるため、次に紹介する訪問査定と比較しても簡単なものになるでしょう。
簡易査定は机上査定とも呼ばれるように、書類や写真、地図といったデータだけで行うものを指します。

ちなみに、マンションについては似たような物件のデータが多い場合があるため、ある程度の精度で査定が可能ですが、一戸建てについてはそれぞれ条件がかなり異なるため、簡易査定はあまり精度の高くない傾向があります。

*訪問査定

次に訪問査定について紹介します。
こちらの方法では、不動産会社の方は書類やデータによる査定を行った上で実際に現地に訪問します。

そのため、駅から不動産までの距離や雰囲気、周辺の夜間の雰囲気といった書類だけでは分からないポイントまでプロの目でチェックしてもらえます。
一方、先ほど紹介した簡易査定が1〜2日で完了するのに対して、訪問査定は基本的に1週間ほどの時間がかかります。

ある程度の時間がかかるというデメリットもあるため、こちらは不動産の買取についてある程度意思が固まっている方に向いている方法だと言えるでしょう。

□査定でのチェックポイントを紹介

査定をする際、家の中、家の外、立地といった3つのポイントがチェックされています。

まず、「家の中」とは水回りの様子や壁の劣化、またリフォームがしやすいかといったポイントをチェックされます。

「家の外」とは、屋根や外壁の劣化状態や、駐車場の広さ、庭の状態といった部分を指します。
こういった部分については家の安全性に関わるため、しっかり見られると思っておきましょう。

次は「立地」についてです。
立地とは駅やバス停からの距離だけでなく、日当たりや近くの道路の広さなどもチェックされると考えておきましょう。

□まとめ

査定方法には2種類あり、それぞれ役割が異なることを紹介しました。
査定でチェックされるポイントについても、事前に把握しておくことで売却をスムーズに進められるでしょう。

 

不動産買取をお考えですか?流れを紹介!

不動産買取についてお考えの方はいらっしゃいませんか。
流れや手順について不安を感じている方もいらっしゃると思います。
本記事では、流れについて紹介します。

□売却の流れを紹介!

不動産買取を行うためには、まず売却について相談することから始めましょう。
不動産買取とは、一般的な不動産仲介による販売とはことなり、相談先の会社がそのまま買い主になります。
そのため、提示された買取価格やスケジュールはより確実な金額だと言えるでしょう。
しかし、この時点ではまだ土地の現地調査などを行っていないため、査定価格についても確定ではないことを覚えておいてくださいね。

次に、査定を行います。
建物が建っているか土地だけかに関わらず、現地調査を行うことがほとんどです。
ここでは、地盤や建物の基礎部分、細かい設備のチェックなどを行います。

会社によっては現地に調査に来ないまま買取を進めようとする会社もありますが、実際の物件を見てもらうことでトラブルを予防したり、正確な買い取り価格を提案したりすることに繋がるため、現地に来てもらっての査定がおすすめですよ。

査定が終わったら、会社から改めて買い取り価格を提示されます。
これは最終的に確定した売却価格になります。
納得がいかない場合や疑問がある場合はここで相談してください。

価格や引渡しに関する条件に双方が納得したら、売買契約を結びましょう。
契約内容についての読み合わせを行ったり、細かい確認をしたり、記名や押印、手付金のやりとりをしたりします。

最後に、引き渡しの準備を行いましょう。
抵当権の抹消や公共機関や管理会社での細かい手続き、引越しの手配などを済ませてください。

決済は基本的に銀行で行います。
本人確認と書類確認を行政書士の方と行った後、代金や清算金を受領しましょう。
最後に、お客様から不動産に関する書類や鍵をいただくことで取引が完了します。

複雑だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、当社でもしっかりサポートさせていただきます。

□必要な書類にはどのようなものがある?

不動産買取で必要になる書類にはいくつかあります。
例えば、

・身分証明書
・実印
・印鑑証明書
・権利書
・固定資産税納税書、評価証明書

などは、必ず必要になる書類です。
また、住宅ローンを利用中の方は

・ローン残高証明書
も必要になるでしょう。
また、 査定の参考として、

・土地測量図面
・購入時のパンフレット

などもあると良いです。
また、買取を依頼する会社や場合によっては必要書類が異なるため、詳しいことについては依頼する不動産会社に聞くようにしましょう。

□まとめ

不動産買取をするためには、いくつかの手順が必要です。
必要書類や期間について事前に調べることで予定を立てやすくなりますよ。
香川、高松エリアで不動産買取をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

 

マンションを売却したい方へ不動産買取について紹介します!

マンションを売却したい方はいらっしゃいませんか。
現金化の方法については詳しく検討することがおすすめですよ。
本記事では、不動産買取について解説します。
マンションの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

□不動産買取と仲介はどこが違う?

この記事を読んでいる方の中には、不動産買取についてあまり分からないという方も多いと思います。

不動産買取と仲介の違いとしては次のようなものが挙げられます。
しくみが違うとメリットやデメリット、特徴もそれぞれ異なるため、しっかり比較することが大切でしょう。

マンションを売却する際、仲介では不動産会社は売り主の依頼を受けて、買い主を探してくれます。

そのため、時期や価格については、買い主が見つかるまで不確定です。
買い主が現れない場合は、いつまでも売却を完了できない可能性もあるでしょう。

また、売却が決まると仲介手数料を不動産会社に支払う必要があります。
一方で、不動産買取は不動産会社が直接不動産を購入してくれる仕組みになっています。
そのため、買い主を探す必要がなく販売に際して時間がかかりません。
提示された金額や引き渡し条件に双方が納得すれば、手続きを進められるため、査定から1週間から1ヶ月といったスピードで売却できるでしょう。

ただし、買取価格が相場よりも低くなることが多いため、注意してください。

□マンションの不動産買取のメリットについて

では、不動産買取にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、修理が必要な箇所や、不具合が起こっている箇所について補修する必要がないことが挙げられるでしょう。

仲介では、建物の不具合や修理箇所については、売却価格を下げることにつながるため、修理することが多いです。
しかし、不動産買取においては多くの場合そのままでの引き渡しが可能です。
不動産買取会社は、売却価格からあらかじめ修繕費用を引いた金額で売却した後に、修理に出したり、補修を依頼したりといったことが可能ですので、そのまま売却したい方におすすめです。

次に、深刻な問題が発生した物件でも買取が可能なこともメリットとして挙げられるでしょう。
物件で事故や事件、また自殺といった深刻な問題が発生したという方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
このような仲介では売れない可能性が高い物件に関しても基本的に買取が可能です。
査定金額は低くなる可能性が高いですが、不動産会社に一度相談する価値はあるでしょう。

□まとめ

マンションを売却する場合は、仲介と買取それぞれにおけるメリットやデメリット、特徴をしっかりと比較することが大切です。
本記事が、マンション買取の依頼を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

不動産買取をお考えの方!残置物でお困りですか?

不動産を売りたい方で、残置物が残っていてお困りの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産買取における残置物について紹介します。

□不動産買取では残置物はそのままでも良い!

仲介で不動産を売却する場合、残置物がない状態で引き渡すことが一般的です。
不動産に興味のある方が内見に来る際に、中に物が残っていることでメンテナンスがされていない印象を与えたり、狭く感じたりといったデメリットがあります。
そのため、仲介で不動産を売る際には残置物を処理すると考えておきましょう。

一方、不動産買取の場合、残置物が残った状態でも買取が可能です。
不動産会社は買い取った物件に関して、残置物の処分やホームクリーニング、リフォームといったその後の処理の費用についてある程度計画を立ててから、査定金額を提示してもらうことが可能です。
不動産買取においては、相手が不動産の専門家ですので、残置物についても相談してみましょう。

□残置物の撤去方法を紹介します

残置物の撤去方法としては、次の3つが挙げられるでしょう。
まず、自分で不用品を処理する方法が挙げられます。
具体的な方法としては、自分で捨てたり、リサイクルショップやフリマアプリを使ったりして1つ1つ処理していく方法があります。

これは、時間と手間がかかりますが、費用を抑えられうえ、価値のあるものは現金化できるというメリットがあります。

次に、不動産会社に引き取ってもらう方法が挙げられます。
不動産買取にすれば、会社が残置物ごと買い取ってもらえる場合があります。
よく、不動産買取のデメリットとして買い取り価格が低いことが挙げられますが、残置物の撤去費用や手間を考えるとむしろお得だと考えられる場合もあるでしょう。

確かにできるだけ高く売却したいと考える方も多くいらっしゃると思いますが、売却に何ヶ月もかかってしまうと本末転倒な場合もあります。

次に、不用品処理の業者に依頼することも処理方法のひとつです。
不用品を代わりに処理してくれる業者に依頼することで、時間や手間を節約すると思います。
こういった業者を依頼する場合は「一般廃棄物処理業」を取得している会社かどうかをチェックするようにしましょう。
家にある残置物は「一般廃棄物」というカテゴリ分けがされており、これの処分には環境省の許可が必要です。
この許可を取っていない会社は違法行為をしていることになるため、会社選びの際に必ずチェックするようにしましょう。

□まとめ

売りたい不動産に残置物が残っている方に向けて、不動産買取を紹介しました。
相続で遠方の物件に残置物が残っている方など、ぜひ不動産買取を検討されてはいかがですか。

 

不動産買取をするためのコツについてプロが紹介します!

「不動産買取に興味がある。」
「不動産買取のコツが知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は不動産買取のコツについて紹介します。

□不動産買取のコツを紹介!

不動産を買取に出す場合、できるだけ高額で売却したいと思われるでしょう。
買取を依頼する際に把握しておきたいポイントとして、以下のものが挙げられます。

*買取を依頼する時期について

一般的に不動産の売買が頻繁になる時期とは、1月から3月の間だとされています。
この時期は多くの人が新学期に向けて住む環境を変えるため、不動産の売買が多くなるでしょう。

1月から3月のあいだに不動産買取を依頼すると、会社の方も売れ残るリスクが小さいタイミングであるため、通常よりも良い査定価格を提示してくれる可能性が高いです。

もし不動産買取が急ぎでないのであれば、買取に出す時期についても調整してみましょう。

*不動産会社選びについて

不動産買取を依頼する会社についても、しっかりチェックしておくことが重要です。
不動産の買取価格やサポート体制は会社によって異なります。

大切な不動産を買取に出すなら、しっかりした会社が良いですよね。
相談に行く前に、クチコミサイトや知り合いからの評判を調べてみると良いでしょう。

□不動産を査定する際にはどこがチェックされている?

多くの場合、不動産買取では現地での査定を行います。
不動産会社の方は査定においてどのようなポイントをチェックしているのでしょうか。

まず、立地についてチェックされています。
不動産会社は、不動産を買い取った後リフォームしたり家を建てたりして再販売を行いますが、立地だけは後から変えられないポイントですよね。
駅やバス停からの距離、買い物や病院といった場所へのアクセス、騒音や治安といったポイントは必ずチェックされると考えましょう。

次に、建物についてもチェックされます。
一戸建てやマンションを売却される方は、建物についてもチェックされます。
間取りや設備といった基本的な家の機能に関わるポイントはもちろん、日当たりや家の方角、壁や床の構造についてもチェックされるでしょう。
不動産買取においては、建物の内装の綺麗さよりもむしろリフォームのしやすさや、雨漏りの有無といったポイントを重視されるでしょう。

□まとめ

不動産買取を依頼する際は、時期についてしっかり吟味することが大切です。
また、不動産会社がどんなところをチェックするのか事前に知っておくと買取がうまくいくでしょう。

 

不動産買取をお考えですか?メリットについて紹介!

「不動産買取が気になっている」
「不動産買取を依頼するメリットはあるのだろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産買取のメリットを紹介します。

□不動産買取のメリットとデメリットを紹介!

不動産買取には、いくつか仲介にはないメリットがあります。

まず、近所の人に知られないまま売却ができることが挙げられます。
仲介で売却する場合、不動産会社が広告を出したり、サイトに情報をアップしたりしますよね。
中には、こういった宣伝によって他の人に不動産を売ったことを知られたくない方もいらっしゃると思います。
買取であれば、不動産会社と売買契約を行うだけで良いため、周りに知られずに売却ができますよ。

次に、内見の対応をする手間がないこともメリットとして挙げられるでしょう。
仲介で不動産を販売する場合、物件を内覧したい方の対応をする必要があります。
物件を自宅として現在使っている場合や、現在も使用している場合、知らない人が内見に来るのはストレスになりますよね。

一方で、不動産買取の場合は一度不動産会社の方が査定に訪れるだけで済むので、知らない方が物件を何度も見に来ることはありません。

不動産買取のデメリットとしては、一般的な相場に対して売却価格が安くなることが挙げられるでしょう。
基本的に不動産会社は買い取った物件をリノベーションやハウスクリーニングをした上で再販売をします。
そのため、そういった追加でかかる費用を踏まえた買い取り価格として、相場の60〜70パーセントになることが多いでしょう。

□買取に向いている不動産とは?

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
ここからは、買取に適している不動産について紹介します。

まず、築年数が30年を超えている物件については不動産買取がおすすめです。
特に一度もリフォームしたことがない物件は、仲介での売却が困難な場合があるでしょう。

次に、仲介の販売に出していて、長期間売れていない物件に関しても、不動産買取がおすすめです。
これから、仲介で買い手を探すのが難しい物件に関しては、早めに不動産会社に買い取ってもらうことがおすすめです。

また、過去に事件や事故が起こった物件に関しても不動産買取を依頼するのが良いでしょう。
事件や事故があって、買い手から敬遠されるような物件に関しては、不動産買取がおすすめです。

□まとめ

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
古い物件や事故物件をお持ちの方は一度不動産買取を検討されてはいかがですか。
本記事が不動産買取の参考になれば幸いです。

 

不動産買取にはどのくらいの期間がかかる?


「不動産買取にはどのくらいの時間がかかるのだろう」
「不動産を早く売ってしまいたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は不動産買取の期間について紹介します。

□不動産買取の流れについて紹介

不動産買取の流れは大きく6つのステップに分けられます。

まず事前準備をしましょう。
具体的な準備内容としては、必要な書類を準備したり、買取査定の相場について調べたりすることが挙げられます。

査定の必要書類としては次のようなものがあるでしょう。
・固定資産評価証明書
・登記済権利証または登記識別情報
・建物図面
・地積測量図
・購入時のパンフレット

次に査定の相場について調べる場合は、仲介の相場よりも70〜80%ほど低い価格だと考えましょう。
あらかじめどのくらいの金額になるか把握しておけると安心ですね。

次に、買取査定を依頼しましょう。
査定方法には、訪問査定と机上査定がありますが、実際に現地に訪問して査定を行う訪問査定の方が正確ですので、できるだけ実際に訪問してもらいましょう。

次に、依頼をした会社から実際の買取価格を提示してもらいます。
これは、あくまで査定ですので実際の価格とは異なる場合もあります。

その後は打ち合わせを行い、細かい費用や負担について決定します。

買取価格や細かい条件に同意したら、売買契約をしましょう。
契約を行う当日には、売買契約書の読み合わせや、キッチンやエアコンなどの細かい設備の確認、雨漏りやシロアリ被害の状況といった物件情報の確認を行った後、記名や押印、手付金の受領を行います。

契約が終わったら、残金の決済を行います。
司法書士が立ち会う中で、書類の確認や売買料金のやりとり、住宅ローンの完済や抵当権の抹消を行います。

このように複雑な手続きが多いため、なんでも相談できるような信頼できる不動産会社に依頼することがスムーズな取引のコツでしょう。

□不動産買取に必要な期間とは?

一般的に、不動産買取は2週間から1ヶ月で完了すると言われています。
これは、不動産会社が買い手になるため、仲介で売却する場合と比較して交渉の手間が省けるためでしょう。
広告を出したり、宣伝をしたりして買い手を探す手間や、価格や細かい条件交渉の時間がなくなるため、このように短い期間で売却できるのです。

□まとめ

不動産買取は、仲介による売却と比較しても短期間で現金化が可能です。
不動産の売却を検討されている方は、ぜひ不動産買取について考えてみましょう。

 

不動産買取で利益が出た場合の税金について紹介します

不動産買取をお考えの方は、いらっしゃいませんか。
買取を依頼して、利益が出た場合は税金を納める必要があるかもしれません。
今回は不動産買取で利益が出た場合の税金について紹介します。

□不動産買取とは?

皆さんは不動産買取についてご存知ですか。
不動産を購入したり、売却したりといった経験が無い方は、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。
これは、不動産業者に物件を買い取ってもらうことを指します。

このように聞くと、売れ残ってしまった物件の下取りのような印象を受ける方も多いでしょう。
しかし、最近ではこのように買い取ったものをリフォームして付加価値を付けることも多くあります。

そのため、物件によっては一般に販売する場合と同等、もしくはそれ以上の価格で買い取ってもらえることもあるでしょう。
不動産を売りたいと考えている方は、一度検討されてはいかがでしょうか。

□税金について紹介!

まず、不動産を売却した際に必ず必要な税金について紹介します。
これは不動産売却で利益が出なかった場合でも必要になるため、必ず確認しておきましょう。

まず、印紙税について紹介します。
これは、不動産売買契約書に貼る印紙にかかる税金です。
金額としては売却価格によって10,000円から100,000円ほどかかるでしょう。
ちなみに、この印紙税は2022年の3月31日まで軽減措置が適用されるため、この期間内であれば、半分の金額で済ませられますよ。

次に登録免許税があります。
これは、不動産売却の際に、名義を変更するために必要な税金です。
こちらは固定資産税評価額の2%分の金額ですが、こちらも2022年の3月31日まで軽減税率が適用されます。
期間内であれば、固定資産税評価額の1.5%で済むでしょう。

次に、利益が出た場合に必要な税金について紹介します。
不動産の売却によって利益が生じた場合、その利益は譲渡所得として扱われるため、住民税と所得税の対象になります。
これは、不動産を所有していた期間によって税率が変化するため、自身がいつからその不動産を所有していたかを明らかにしておくと良いでしょう。

所有期間が5年越である場合は長期譲渡所得、5年以下の場合は短期譲渡所得税として扱われ、どちらに分類されるかで大きく税率が異なります。

売却をする時期を考える際、余裕がある方は5年を区切りとして考えても良いでしょう。

□まとめ

今回は不動産買取を検討中の方に向けて、利益が出た場合について紹介しました。
税金についてしっかり学んでおけば安心ですね。
買取についてお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

不動産買取の手続きとは?プロが紹介します

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
仲介での売却との違いや、手続きの内容について詳しくご存知ない方も多いと思います。
今回は仲介と買取の違いと、手続きの内容について紹介します。

□不動産買取と仲介の違いを紹介

不動産を売却する際は、不動産会社に依頼をすると思います。
皆さんは売却には、「買取」と「仲介」の2つがあることをご存知でしょうか。

実際に不動産を売却した経験がなければ、知らない方も多いと思います。
まずは、こちらの違いについて解説します。

*不動産の売却における仲介とは?

仲介とは、不動産会社を通して第三者であるお客さんに不動産を売却する方法です。
不動産会社は、広告やチラシを使用してその不動産の買い手を探すことになります。
買い手が現れるかどうかが、売却期間を決定する大きなポイントになるため、比較的長期間かけて売却を進めていくことが特徴でしょう。

*不動産買取とは?

次に、買取について紹介します。
買取とは、第三者のお客さんを介さずに、不動産会社に売却することを指します。
不動産会社が買い手であるため、チラシや広告といった販売活動の必要がありません。
基本的には、双方が条件や金額に同意すれば、1ヶ月ほどで売却が完了するでしょう。

□買取の手続きの流れケースごとの解説

ここでは、不動産の買取を依頼して、実際に売却するまでの流れについて紹介します。
まずは、不動産会社に売却の相談をしましょう。
税金や経費といった細かい事情や専門的な知識を持った会社に相談に行くことで、具体的な段取りや相場、売却の目処などの目安を持てるでしょう。
次に、物件の調査を行います。
現地に訪問したり、役所からの公式な書類をチェックしたりして、不動産の価値をプロの目で見極めます。
建物がある場合は、室内や建物の様子も細かくチェックします。

調査が終了すると、具体的な金額が提示されるでしょう。
こちらの金額に、お客様が同意された場合は契約へと進みます。

不動産買取においては、不動産会社とお客様との売買契約が行われます。

最後に、決済と引渡しを行います。
最近では、銀行にて決済が行われる場合が多いでしょう。
決済日までに、必要な書類の準備や精算を終えておく必要があります。

この際、ローンが残っている場合は債務を精算して、抵当権を外す必要があるため注意が必要でしょう。

□まとめ

不動産買取の手続きについて紹介しました。
買取と仲介の違いや、手続きの内容についてご理解いただけたと思います。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム