お知らせ&ブログ

家の売却を検討中の方へ!不動産買取の方法について解説します!

香川県で不動産買取の依頼を検討中の方はいらっしゃいませんか。
はじめて家を売却するという方は多いでしょう。
どのような流れで不動産買取が行われるのか不安ですよね。
そこで今回は、不動産会社が具体的な流れについて説明しましょう。

□不動産買取の具体的な流れとは?

ここでは、不動産買取について解説します。
不動産買取は不動産仲介と比較して、簡単に売却が可能です。

売買を仲介してもらう場合は、買い手を探す必要があります。
そのため、時間がかかる上に維持費などの費用が必要でしょう。

それに対し、不動産会社が物件を買い取る場合は、とてもスピーディーに売買ができます。

続いて、不動産買取の流れを順番に解説します。

1つ目は不動産会社との相談です。
どのような物件を売却したいのかを伝えます。
おおよその査定をここで行います。

2つ目は買取金額の決定です。
専門家が売却を希望する物件の間取り、構造、方角など多角的に判断し、状態を確認します。
不動産会社が査定結果をもとに査定額を伝えます。
査定額に納得された場合は、買い取りの手続きを行いましょう。

3つ目は売買の契約の締結です。
不動産会社が代金を支払いますが、この際は余分な仲介手数料などは発生しません。

□不動産を買い取ってもらうメリットとは?

続いて、不動産会社に物件を買い取ってもらう3つのメリットを紹介します。

1つ目は現金化がスムーズであるということです。
不動産会社が直接買い取りを行うので、売買契約までに時間がかかりません。
そのため、資金の計画が立てやすいというメリットがあります。

2つ目は内覧などの対応が必要ないことです。
売買を仲介してもらう場合は、購入を検討している方への内覧を行う必要があります。
実際、内覧にかかる労力は大きいものです。
しかし、買い取りであれば、査定以外に内覧の準備を行う必要はありません。

3つ目は手続きが不動産会社で完結することです。
仲介であれば、買主とのやり取りをする必要があります。
加えて、販売中の広告などで近隣の方に知られてしまうことがあるでしょう。

しかし、買い取りの場合は、不動産会社とのやり取りのみで売買が完了するというメリットがあります。

□まとめ

今回は、はじめて不動産の売却を検討される方へ向けて、不動産買取の具体的な流れについて解説しました。
不動産買取のメリットやポイントを理解していただけたと思います。

その他に不動産に関する疑問点がございましたら、お気軽に当社にお問合せください。

ローンの支払いと不動産買取の関係とは?専門会社が説明します!

香川県で不動産買取をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
その中で、ローンの支払いがまだ完了していないという方がいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、ローンの支払いと不動産買取の関係について解説します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□住宅ローンが残っていた場合に不動産は売れる?

結論から言うと、住宅ローンが残っていても、物件を売却することは可能です。

不動産を購入するために住宅ローンを組む際は、金融機関は不動産に抵当権を設定します。
もしもローンを返済できなかった場合に、担保として不動産を確保するためのものです。
ローンの支払いがされない場合は、金融機関は不動産を競売にかけます。

抵当権を消さずに住宅を売却することは可能です。
しかし、抵当権がついたままの住宅は誰が所有していても競売にかけられるため、抵当権がついた状態の物件を購入する人は少ないです。
加えて、抵当権を消すためには、ローンを完済する必要があります。

では、ローンが残っていて売却したい場合はどうすれば良いでしょうか。
不動産を売却した際に得た資金で住宅ローンを返済することは可能です。
つまり、売却後に抵当権を消すことが可能なので覚えておきましょう。

□ローン支払い中の家を売却する場合の注意点とは?

ここでは、ローン支払い中の住宅を売却する際の3つの注意点を紹介します。

1つ目はローンの残高の把握です。
10月頃に銀行から送られてくる年末残高証明書をしっかり確認しましょう。
証明書を紛失した方は、銀行で残高証明書の発行を依頼してください。

2つ目は住宅の売却額を調べることです。
どのくらいの価格で売却が可能なのかを把握するためには、不動産会社に査定を依頼する方法が最も確実です。

査定の際は、不動産会社が物件の状態や近隣の物件の相場を把握しているので、適切な価格を提示します。

3つ目は不動産買取で得られた資金でローンの完済ができるかの把握です。
ローンが残っている物件の場合は、売却が成立した際に得られた資金で返済を行うのが一般的です。

その場合は、査定額が伝えられた段階でローンの残債と比較することをおすすめします。
仮に査定額が下回っている時は、追加で資金を用意する必要があるので、早めの準備を心掛けましょう。

□まとめ

今回は、ローンの支払いと不動産買取の関係について紹介しました。
住宅ローンが残っていた場合の抵当権やローンについての注意点をご理解していただけたと思います。

当社では、業界歴20年以上の専門家がお客様のご希望に沿って買取をさせていただきます。
不動産に関してお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

不動産買取と不動産仲介の違いとは?専門会社が分かりやすく解説します!

香川で不動産売却を検討されている方はいらっしゃいませんか。
不動産売却には、買取と仲介の2種類があります。
そこで今回は、不動産会社が買取と仲介の違いについて分かりやすく解説します。

□不動産における買取と仲介の違いとは?

ここでは、不動産買取と不動産仲介の3つの差異について解説します。

1つ目は買主の違いです。
買取の場合の買主は不動産会社です。
不動産会社は買い取った物件にリノベーションなどを行い、付加価値を付けて再販することで利益を得ます。

それに対し、仲介の買主は不動産会社に訪れるお客様です。
会社はお客様間の売買をお手伝いします。

2つ目は売却期間の違いです。
仲介の場合は買主を探す時間が必要であるため、時間がかかります。
それに対し、買取の場合は買主が不動産会社のため、即時買取が可能です。

3つ目は売却価格の違いです。
仲介は、さまざまな広告手段で物件の宣伝を行い、買主を探します。
そのため、不動産の市場における相場の価格が付くことが多いです。

その反面、買取は会社が販売の負担をすべて背負うため、仲介よりも低価格になる可能性があるので注意してください。
仲介の場合と買取の場合の価格を査定してもらい、比較してみると良いでしょう。

□不動産買取をしてもらう際の注意点とは?

続いて、不動産買取をしてもらう際の3つの注意点について紹介します。

1つ目は不動産会社選びです。
売却する不動産の価値をしっかりと理解してくれる不動産会社に依頼しましょう。
これは不動産会社の規模には比例しません。
地元の不動産会社は大手の会社と比較して、地域独自の情報や過去からの価値の変動を知っているからです。

2つ目は売却の理由です。
不動産会社にはできるだけ正確に売却に至った理由を説明しましょう。
理由を聞くことでさらに具体的な情報やアドバイスを得られる可能性があります。

3つ目は引き渡しの条件についてです。
売却する不動産をどのような状態で引き渡すのかを決める必要があります。
引き渡す状態によって、売却価格が変動することがあるからです。

具体的には、エアコンや照明をそのままにして引き渡すかなどです。
引き渡しの前に不動産会社としっかり打ち合わせをしておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産売却における買取と仲介の違い、不動産買取の注意点について紹介しました。
契約内容について、具体的なイメージができたと思います。
その他に、不動産に関する疑問点などがある方は、お気軽に当社にお問い合せください。

不動産買取で考えられるトラブルとは?専門会社が解説します!

香川で不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産買取をしてもらうのが初めてで、どのように行われるのか分からないという方は多いでしょう。
そこで今回は不動産会社が買取の流れと考えられるトラブルについて解説します。

事前の準備でトラブルを回避しましょう。

□不動産を買い取ってもらう流れについて

ここでは、不動産を売却する際の流れについて順番に解説します。

まずは、不動産会社と売却の相談を行います。
売却を行うには、経費や税金などに関わる専門知識が欠かせません。
そのような専門知識の部分は不動産会社に頼りましょう。

大まかな相談が終わったら、物件の調査を行います。
物件を実際にプロの目で確認することで、いくらぐらいで販売できるのかを査定できます。
また、査定の際は建築確認などの物件に関する情報が記載された書類を準備しておきましょう。

続いて、上記の調査と査定結果による金額が提示されます。
提示された金額で良ければ、契約を行います。
売買契約の際には、契約内容をしっかりと確認しましょう。
また、契約の際に手付き金が支払われる場合があります。

契約時には以下のものを準備しましょう。

・実印
・権利証
・本人確認書類
・印鑑証明書

さらに扱う金額が大きくなるので、収入印紙を忘れないようにしてください。

最後は、決済と引き渡しを行います。
決済の際には、売買契約した金額から手付き金を引いた分が支払われます。
ローンが完済できていない場合は、残りの金額を精算し、抵当権を抹消しましょう。
抹消の手続きは司法司書に依頼できます。

物件を引き渡す際は、カギや税金、関係書類の確認を忘れずに行ってください。

□準備可能なトラブルの回避の方法とは?

売却の際のトラブルを回避するためには、以下の方法が有効です。

・不動産の評判を知る
・売却価格の相場を把握する
・不動産のトラブル回避データを見る
・境界確定測量を行う

相場をあらかじめ知っておくことで査定金額が適切かどうかを判断できます。
加えて、不動産適正取引推進機構が管理するデータベースでは、不動産のトラブルの例やその理由について解説しているので参考にしてみてください。

□まとめ

今回は、香川県で不動産買取をお考えの方へ向けて、買い取りの流れとトラブルを回避する方法について紹介しました。
不動産買取の具体的なイメージができたのではないでしょうか。
不動産買取に関してお悩みのことがございましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

不動産買取を検討したい方へ必要書類について紹介します。

不動産買取をお考えの方の中には、必要書類にどのようなものがあるか不安になっている方もいらっしゃると思います。
本記事では、不動産買取における必要書類について紹介します。

□不動産買取に共通して必要な書類とは?

不動産買取ではいくつか書類を用意する必要があります。
不動産といっても土地やマンション、戸建てといったさまざまな種類がありますよね。
そのため、複雑だと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは不動産のタイプに関わらず必ず必要になる書類について紹介します。

まず、売主の身分証明書が必要です。
具体的な例としては、運転免許証やパスポート、健康保険証やマイナンバーカードなどがあります。

次に実印と印鑑証明書も必要です。
これは、住民登録をしている市町村で登録を済ませている印鑑とその証明書のことを指します。
登録を済ませていない場合は、市役所で登録をするところからスタートする必要があります。
そのため、前もって確認しておくことがおすすめです。
ちなみに、印鑑証明書は市役所で300円で発行できます。

次に住民票も必要書類のひとつです。
これは、不動産に登記している住所と現在の住所が異なる場合にのみ必要です。
相続や引越しといったイベントでこういった状況に陥る可能性があるため、ぜひチェックしておきましょう。

ちなみに、住民票も300円で発行できます。
こちらは発行後3ヶ月が有効期限として設定されているため発行するタイミングについても考える必要があります。

また、固定資産税納付通知書も必要な書類として挙げられます。
これは、固定資産税についての確認時に必要になります。
固定資産税は1年に一度まとめて支払うものなのですが、不動産売買を行う場合、買取を行ったタイミングに合わせて両者の負担額を調整します。

こちらは年に一度書類が送られてくるため、最新のものが準備できるようにしておきましょう。
また、見つからないという場合は、役所で固定資産税評価証明書を発行して代用が可能です。

□必要書類の考え方とあったほうがよい書類について紹介!

不動産買取を依頼する際と物件を引き渡す際に必要になる書類はいくつかありますが、必要になる理由や使い方を考えると共通点があります。

まず、売却依頼を行う際には、物件の状態や安全性を証明する書類を準備しましょう。
具体的には、権利書や固定資産税の通知書、土地の測量図や建築の際の書類などです。
マンションの場合には、マンションの管理規約なども参考にしてもらえるでしょう。

次に、物件を引き渡す際に必要になる書類としては、本人確認書類や住民票などが挙げられます。
これは、売主の身元をはっきりさせる書類だという共通点がありますね。

このように共通点を意識して用意することで売却がスムーズに進められるでしょう。

□まとめ

不動産買取に必要な書類には、土地や物件などに共通するものとそうでないものがあります。
必要なものがあるかしっかり確認した上で買取に行くとスムーズに進むでしょう。

不動産買取って安いの?買取を検討中の方必見!

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
買い取り価格が安いと不安を感じている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、不動産買取の価格と理由、メリットについて紹介します。

□不動産買取が安くなる理由

結論から申し上げますと、不動産買取では仲介での売却と比較すると3割減の7割ほどの価格になります。

確かに、仲介と比較すると価格が安くなってしまいます。
しかし、これには明確な理由があるのです。

不動産買取の価格が安くなる理由として、不動産会社がリノベーションやリフォームする費用が差し引かれているからというものが挙げられます。

不動産会社の多くが、買い取った物件をリフォーム、リノベーションして売り出します。

こういった改装には多額な費用と手間がかかりますよね。
また、綺麗になった物件を再び売り出す際も広告を出したり、営業をかけたりと追加で人件費や広告費といった費用がかかってきます。

不動産買取においては、こういった費用を差し引いた額で買取が行われるため、仲介と比較するとどうしても買い取り価格が低くなるのです。

□不動産買取のメリットとは?

いくら理由があるといっても不動産の買い取り価格に関してはできるだけ高い方が良いと考える方は多いと思います。
そこでここからは不動産買取のメリットについて紹介します。

まず、スピーディーに売却ができることがあげられるでしょう。

仲介で不動産を売却したい場合、買手が現れるまで売却は完了しません。
場合によっては、内覧を何度行っても買手がつかないこともあるでしょう。

しかし、不動産買取なら不動産会社から提示された査定価格にお客様が納得した時点で売却手続きに入れます。
そのため、スピーディーに売却してしまいたいとお考えの方にはメリットの多い売却方法だと言えるでしょう。

次に、契約不適合責任が問われないこともメリットとして挙げられます。

契約不適合責任とは、売却後の物件に瑕疵があった場合に、売主が責任を負い、場合によっては契約解除にも応じるといったものです。

これは、不動産会社を利用して仲介で売却する場合には2年間必ず負う必要があるものです。

しかし、不動産買取であれば瑕疵があっても売却できることが多いです。
仲介では買手がつかないような瑕疵がある物件でも、不動産買取なら現金化が可能ですよ。

□まとめ

今回は、不動産買取を検討中の方に向けて安い理由と買取のメリットについて紹介しました。
不動産買取を考えている方はぜひ参考にしてください。

不動産買取で詐欺に遭わないために!プロが説明します!

「不動産買取したいけど詐欺が不安!」
「不動産買取で詐欺に遭わないためのポイントが知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産買取でよくある詐欺内容と対策法を紹介します。

□不動産買取でよくある詐欺を紹介!

不動産の売買に関わる詐欺の被害者で多いのは、不動産を買う側であることが多いです。
しかし、不動産買取では売主が被害者になる場合もあります。
ここからは不動産買取において起こる詐欺について紹介します。

*測量詐欺

測量詐欺とは、不動産の買取を持ちかけてきた会社が高額の測量費用を求めてくるという詐欺です。

こういった詐欺は、買い取り価格に関して相場よりも大幅に高額な提案をすることが多く、売主を測量費用を払いたい気持ちにさせてきます。

確かに、不動産を売却するために測量が必要になるケースは存在します。
また高額になってしまう場合もあるでしょう。

しかし測量に関して事前に請求があることは稀です。
事前に見積もりを行うことはありますが、ほとんどの場合、支払いは測量が全て終わった後に実際に行なった作業や労力に即して行われます。

そのため、測量の振込を事前に求められる場合については一度詐欺を疑ったほうが良いでしょう。

*小切手払い詐欺

これは、不動産買取の代金を小切手で支払うと言われ、小切手が不渡りになる詐欺を指します。

不動産会社から小切手で代金を受け取るとそれが詐欺であった場合、不動産も他者に売却されてしまい、小切手も不渡りといった状態に陥り、不動産もお金も失うことになります。

そのため、代金は必ず現金で受け取るようにしましょう。
また、現金を受け取る前に所有権移転登記を進めないようにすることも大切です。

□詐欺に遭わないための対策方法とは?

不動産買取に関する詐欺について紹介しました。
こういった悪質な会社の詐欺に遭わないためには、次の対策方法が有効です。

まず、権利書や印鑑証明書は厳重に管理しましょう。
詐欺を働く会社にこういった重要書類が渡ってしまうと、不動産の名義を勝手に変えて持ち逃げされることもあります。

不動産の取引の不自然なタイミングや早すぎる段階でこういった書類を求めてくる会社については、一度冷静に詐欺を疑うようにしてください。

次に不動産会社選びについて紹介します。
この記事を読んでいる方の中に何度も不動産買取を経験している方は少ないと思います。

つまり、不動産売買をする際は初心者である売主が非常に多く、不動産会社に知識やノウハウで勝てることは極めて稀だと言えるでしょう。

そのため、親身になってくれる信頼できる不動産会社に出会うことは安全に買取を完了するために大切な要素になります。

□まとめ

不動産買取は大きなお金が動くため、詐欺には細心の注意を払う必要があります。
ぜひ対策方法を把握して、安全に不動産買取を行いましょう。

ゴールデンウィーク休業のお知らせ!

拝啓
時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら弊社のゴールデンウィーク休業日を下記の通りとさせて頂きます。
お取引の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。
                                              敬具

 

 休業期間  令和3年4月28日(水)~ 令和3年5月5日(水)

 

※ お電話でのお問い合わせは令和3年5月6日(木)10時よりご対応させて頂きます。
※ 期間中に頂きましたたメール等につきましても令和3年5月6日(木)より順次対応させていただきます。

不動産買取をする際の手数料についてプロが説明!

「不動産買取の手数料ってどうなってるの?」
「不動産買取について詳しく知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は不動産買取の手数料について紹介します。

□不動産買取では手数料がかかりません

不動産買取とは、不動産会社に持っている不動産を直接買い取ってもらうことを指します。
そのため、誰かとの間に不動産会社が入って売却を進める仲介とは現金化のしくみが異なります。

そもそも仲介手数料とは媒介契約の締結に伴って発生するものですので、仲介をしない場合には必要ありません。

仲介手数料は上限が決まっているとはいえ高額になることも多くあります。

このような理由で不動産買取では手数料がかからないのです。

□不動産買取でかかる費用とは?

ここまで、不動産買取では仲介手数料がかからないことを紹介しました。
しかし、費用を全くかけずに売れるということはありません。

ここからは不動産買取で必要な費用について紹介します。

まず、印紙代について紹介します。

これは不動産の売買契約書に貼り付けるもので、売主と買主それぞれの契約書に貼り付ける必要があります。

印紙代は契約金額によって異なります。

次に場合によっては登記の費用も必要になることがあります。
不動産を手放すと、不動産の持ち主も変わりますよね。
このような場合には不動産移転登記と呼ばれる手続きが必要です。
この際に必要な登記費用と司法書士に支払う報酬に関しては基本的に買主が支払うことになっています。

しかし、印鑑証明書の住所が登記簿に書かれている住所と異なる場合にはこの費用が売主負担になるでしょう。

住所が一致していないことは売主側の責任として考えられるため、事前のチェックが大切になります。

抵当権抹消費用も必要になる費用のひとつです。
これは、売却する不動産にローンが残っている場合に必要になる費用です。
これは、金融機関に対して支払う費用で、不動産がローンの返済の担保になっている状態を解除するための費用です。

これは、一般的に不動産売却で得たお金を充てる場合が多いですが、ローンを完済すれば自動的に抵当権が外れるわけではありません。

専門的な手続きが必要になるため、不安な方はぜひ司法書士に依頼して進めてもらいましょう。

最後に、不動産買取に出した物件に直前まで住んでいる場合や、荷物がまだ残っている場合などは、引越し費用についても考えておく必要があるでしょう。
時期やタイミング、また荷物の移動先によっては多額の費用が必要になるため、ぜひ余裕を持って見積もりを依頼しておきましょう。

□まとめ

本記事では、不動産買取における手数料やメリットについて紹介しました。
不動産買取にも費用がかかりますので事前にしっかりと確認しておきましょう。

不動産買取をお考えですか?事故物件でも大丈夫?

不動産買取をお考えの方の中には、売りたい物件が事故物件だという方もいらっしゃると思います。
「事故物件でも大丈夫かな。」
このようにお悩みの方に向けて、今回は事故物件について説明いたします。

□そもそも事故物件とは?

皆さんは「事故物件」と聞いてどのようなものをイメージされますか。
多くの方が、殺人事件が起こったり、誰かが亡くなったりといった物件をイメージするのではないでしょうか。
怪談や都市伝説にもよく登場しますよね。

実は事故物件は、その内容に合わせていくつかの種類に分けられます。

ここでは、事故物件の分類について紹介します。

*心理的瑕疵

こちらは皆さんがイメージすると最初に紹介したような物件が分類されるものです。
具体的には、殺人事件や自殺、災害や事故で人が亡くなったといった物件が分類されます。

こういった物件は家自体の機能や設備に問題がなかったとしても心理的に敬遠されますよね。
こういった物件は心理的瑕疵に分けられます。

他にも、ゴミ処理場や火葬場、トラブルを起こす方が近くに住んでいるといった場合もこちらに分けられます。

*物理的瑕疵

次に、物理的瑕疵について紹介します。
こちらはシロアリが住み着いていたり、雨漏りがあったりと建物自体に問題がある物件を指します。

また、地盤に問題がある場合もこちらに当てはまります。

物理的瑕疵のある事故物件については、然るべき処置や工事を行うことで問題を解決できる場合もあるでしょう。

*法律的瑕疵

最後に法律的瑕疵についても紹介します。
これは法律に引っかかっている物件が分類されます。

具体的な法律としては土地計画法や消防法が当てはまるでしょう。
土地が狭すぎたり、防災設備が整っていなかったりする物件はこちらに分類されます。

つまり、物件が現行のルールを守っていない状態である物件が法律的瑕疵に当てはまると言えます。

□事故物件の買取における基礎知識

事故物件は通常の物件と比較すると買い取り価格が下がります。
相場としては、通常の70〜80パーセントほどだと考えておきましょう。

また、事故物件の買い取り価格にはその内容が大きく影響します。
事故物件になった経緯や細かいシチュエーションについても査定に影響するでしょう。

しかし、後のトラブルにならないためには、こういった細かい情報についても嘘をつかないようにすることが大切です。

□まとめ

本記事では、事故物件の不動産買取について紹介しました。
事故物件は、瑕疵の内容によって買取価格が変化しますので、一度不動産会社に相談されることをおすすめします。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム