お知らせ&ブログ

離婚した際共有不動産はどうする?わかりやすくご紹介します!

「共有不動産が何かわからない」
「離婚した際に共有名義のままにするデメリットってあるのかな」
香川にお住まいで、このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで、今回は離婚した際の共有不動産についてご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□共有不動産についてご紹介!

そもそも、共有不動産とは何かをご紹介します。
自宅を購入する際に、夫の持分がこれくらい、妻の持分がこれくらいと不動産を共有するケースがよくありますよね。

共有とは、1つのものを複数の人が共同で所有することです。
それゆえ、共有しているそれぞれの人のことを共有持分権者と呼びます。

では、共有持分を調べるにはどのようにすれば良いのでしょうか。
それは、不動産の全部事項証明書に書いてあります。
そもそも夫婦が不動産を共有しているのか分からない場合、それぞれの持分割合を知りたい場合には法務局で不動産の全部事項証明書を取得しましょう。

また、不動産会社や司法書士事務所、弁護士事務所ではネット上で取得をし、即日確認もできます。
急いでいる方や専門家のアドバイスをもらいたい方はぜひ問い合わせをしてみてください。

□離婚の際に共有名義のままにするデメリットとは?

1つ目のデメリットは、離婚後もお互いの関係が続いてしまうことです。
離婚後に夫婦で不動産を共有していることで、離婚後もお互いの関係が続いてしまいます。
共有物件の場合は、一人ひとりができることが限られます。
他の共有者の同意がないと長期の賃貸借や売却といった重要な行為ができません。

リフォームをすることすら制限されてしまう程です。
離婚の後も何かあるたびに相手と連絡をとって協議することはストレスになるのではないでしょうか。
意見が合わなくてもめてしまう場合もあるかもしれません。
それゆえ、出来る限り共有名義を変更しておくことをおすすめします。

2つ目のデメリットは、放置される可能性が高くなることです。
先ほどもご紹介したように、共有物件を活用するためには双方の合意が必要です。
ただ、実際には元夫婦が協力して物件を活用するのは難しいことが多いことが予想されます。
売却したいと思っても相手が反対する可能性もあります。

結果として、不動産が放置されてしまうもったいない状態になる場合が多いです。

3つ目のデメリットは、維持費がかかることです。
不動産は、所有しているだけで毎年固定資産税がかかります。
不動産会社に管理を任せた場合でも、管理費がかかるでしょう。
活用しなくても出ていくお金があることもデメリットになります。

また、共有している以上は固定資産税は分担するのが原則になります。
一方で、相手が清算に応じてくれない場合は負担が1人に集中してしまい、問題が起こってしまう可能性があります。

□離婚した際に家を単独名義にする方法とは?

上記では、離婚の際に共有名義にしたままにするデメリットを紹介しました。
そのまま共有名義にしておくデメリットを理解していただけたと思います。
そこで、共有名義を変更したいと思った方のために、離婚の際に家を単独名義にする方法をご紹介します。

結論から言うと、どちらかが相手に自分の共有持分を全て譲ることで単独名義にできます。
そのためには、どちらかの共有持分を相手に財産分与することで対応します。

方法は、住宅ローンがあるかないかで異なります。
まずは、住宅ローンがない場合をご紹介します。

住宅ローンが残っていない場合には、共有持分を財産分与することが簡単にできます。
合意書や契約書を作成し、財産分与に基づいて共有名義から夫婦のどちらかの単独名義へ不動産登記をすれば良いだけだからです。

この場合、家の名義を譲ってもらった側は、相手に対して家の価値の半額分の代償金を支払うことで公平に財産分与できます。

夫婦の合意がある場合は、代償金なしで相手に家を全て分与することも可能です。

次に、住宅ローンがある場合についてご紹介します。
住宅ローンが残っている場合は、残っていない場合と比べて少し複雑です。

住宅ローンを利用している場合、借り入れ先の金融機関の了承を取らないで家をどちらか一方の単独名義に変更してしまうと住宅ローンの契約違反になる可能性が高いです。
違反してしまうと、残っている住宅ローンの一括支払いを求められる可能性もあります。

例えば、夫婦でローンを組んでいて家が共有名義になっている場合、夫が妻に家を分与したいとしても夫名義の住宅ローンを完済してからでないと妻に名義変更できません。
住宅ローンを完済するためには、お金を工面して支払う必要があります。
この場合、実家などからお金を出してもらう、ローン借り換えをして相手名義のローンを完済し、住宅ローン全額を自分名義にするという方法を使用する方が多いです。

□まとめ

離婚した際の共有不動産についてご紹介しました。
共有不動産について、共有名義を単独名義に変更する方法を理解していただけたら幸いです。
香川で共有不動産について悩まれている方は、ぜひ当社にお気軽にご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム