お知らせ&ブログ

不動産買取をお考えの方へ!注意点を紹介します!

不動産買取は、不動産の仲介売却と比較するとさまざまなメリットがあります。
しかし、買取を検討する際にはいくつかのことに注意する必要があります。
また、場合や物件によっては不動産買取が向かないケースも考えられます。
そこで今回は、不動産買取の注意点と不動産買取がおすすめのケースをご紹介します。

□不動産買取の注意点をご紹介

ここでは、不動産買取の注意点を3つ簡単にご紹介します。

1つ目は、その地域の物件価格に詳しい不動産会社に依頼することです。
不動産会社は大手から地域密着型の会社まで、さまざまです。
しかし、買取価格は会社の規模に比例しているわけではありません。
地域によって不動産の相場は大きく変わってきますので、その地域に詳しい地元の不動産会社が最も適正価格を提示してくれる可能性が高いです。
例えば、当社の場合は香川・高松エリアを中心に不動産買取を承っています。

2つ目は、不動産を売却する理由を不動産会社に説明することです。
個人的な諸事情により、不動産会社にも理由を説明したくない場合もあることでしょう。
しかし、不動産は大きなお金が動く取引であるため、お互いの信頼関係がとても大切になってきます。
不動産会社は個人情報を厳重に取り扱っているため、可能な範囲で不動産を手放す理由を説明することをおすすめします。

3つ目は、引き渡し条件を確認することです。
引き渡し条件とは、所有している不動産をどのような状態で引き渡すのかということです。
例えば、マンション物件であれば、エアコンや照明などの設備は設置したままなのかといったことです。
家財などを残しておくと、買取価格から処分費用を差し引かれることになる可能性があります。
あとで「知らなかった」ということがないように、事前に引き渡し条件を話し合い、合意しておきましょう。

□不動産買取がおすすめのケースとは?

ここまでは、不動産買取を不動産会社にお願いするときに気をつけるべき点をご紹介しました。
では、どのようなケースで不動産買取がおすすめなのでしょうか。

*自分にとってなるべく早い換金が必要なケース

転勤などにより他の地域へのいち早い引っ越しが求められている場合、早めの家を処分できる不動産買取がいいでしょう。
仲介売却では、タイミング次第では1年ほどかかってしまう可能性があります。

また、離婚により広い家がいらなくなったというケースも考えられます。
離婚時は共有財産を財産分与するので、そのときにまとめて買取で換金もしくは分割するのがおすすめです。
他にも、ご両親が亡くなり兄弟で実家を分割相続したケースも、誰も住まないのであればいち早く換金しましょう。
固定資産税がかかってきたり、1つの不動産を分割相続すると実質的なオーナーは誰なのかというトラブルの原因になるからです。

*周りの人に知られたくないケース

離婚やお子様のいじめなどが原因で、遠いところに引っ越しを考えている場合、あまり近隣の方には知られたくないですよね。
仲介売却の場合、不動産情報は一般公開されるため、周りの人に売り出しに気づかれてしまう可能性があります。
一方、不動産買取の場合は、不動産会社が買い取ったらすぐに引っ越しできるため、第三者に気づかれる心配がありません。

*遠方にある不動産を手放すケース

不動産を仲介売却する際は、買主との契約や物件の内覧など、何回も現地を訪れる必要があります。
そのため、特に働いている方にとっては、遠方の不動産を仲介売却するのは難しいのです。
一方、不動産買取の場合は、不動産会社による内覧と契約を最低1回で終わらせることができるので便利です。

□まとめ

今回は、不動産買取の注意点と不動産買取に向いているケースを3つずつご紹介しました。
いち早く不動産を換金したいケースや遠方に不動産があるケースでは、不動産買取がおすすめです。
また、不動産会社選びはその不動産がある地域に密着した会社を選ぶといいでしょう。
当社は、香川・高松を中心に土地、マンション、戸建てといった不動産の買取を行っております。
お気軽にご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム