お知らせ&ブログ

相続後の不動産買取でお困りの方へ!流れや注意点を解説します

香川県で不動産買取を検討中の方はいらっしゃいませんか。
不動産買取に不安を抱えている方は多いですよね。
中でも、家族や親戚から相続した不動産をどうすれば良いかお悩みの方がいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、不動産会社が相続した不動産の買取について分かりやすく解説しましょう。

□相続した不動産の買取の流れとは?

ここでは、相続した不動産を買い取ってもらう際の流れを4つのステップに分けて紹介します。

1つ目は遺産分割協議です。
遺産として不動産を譲り受ける場合は、相続の対象となる相続人同士で分配を行う必要があります。

そこで行うのが遺産分割協議です。
分割協議では全員が合意した結論を出す必要があります。
最終的には、遺産分割協議書を作成します。

2つ目は相続が完了した不動産の名義の変更です。
名義を変更するためには、所有権移転登記という申請が必要です。
複数人で相続する場合は、複数名の名義を登録します。

所有権移転登記の申請は物件が属するエリアの法務局で行えます。
複数の公的書類が必要なのであらかじめ準備しておきましょう。

3つ目は不動産会社への買い取りの依頼です。
買取と仲介の2つの選択肢がありますが、買取を決めた場合はその契約を結びましょう。
信頼できる不動産会社に依頼しましょう。

4つ目は売却後の相続税の手続きです。
相続税の申告書の提出と納付手続きを行ってください。

□相続した不動産を売る場合の注意点とは?

ここでは、相続した不動産を売る際の具体的な注意点を紹介します。

譲り受けた不動産が家から遠い場合は、メンテナンスが大変ですよね。
所有しているだけでコストがかかってしまう場合があります。
そのため、メンテナンスの必要が出てくる前に早めに売却することをおすすめします。
特に、不動産仲介を依頼する場合は、買い手が見つかるまでの時間が不透明ですよね。

遠方の物件で買い手が見つかるまでのメンテナンスができないという方は、不動産会社に買い取ってもらう方法をおすすめします。
不動産のプロが適切な査定を行い、査定金額を提示いたします。

また、相続税の納付は基本的に被相続人の死亡から10カ月以内に行う必要があるということに注意しておきましょう。

□まとめ

今回は、相続した不動産の買取に関して解説しました。
相続した物件を売却する際の注意点をご理解していただけたと思います。
その他に、不動産の相続や不動産買取に関して疑問点がある方は、お気軽にご連絡ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム