お知らせ&ブログ

不動産買取と不動産仲介の違いとは?専門会社が分かりやすく解説します!

香川で不動産売却を検討されている方はいらっしゃいませんか。
不動産売却には、買取と仲介の2種類があります。
そこで今回は、不動産会社が買取と仲介の違いについて分かりやすく解説します。

□不動産における買取と仲介の違いとは?

ここでは、不動産買取と不動産仲介の3つの差異について解説します。

1つ目は買主の違いです。
買取の場合の買主は不動産会社です。
不動産会社は買い取った物件にリノベーションなどを行い、付加価値を付けて再販することで利益を得ます。

それに対し、仲介の買主は不動産会社に訪れるお客様です。
会社はお客様間の売買をお手伝いします。

2つ目は売却期間の違いです。
仲介の場合は買主を探す時間が必要であるため、時間がかかります。
それに対し、買取の場合は買主が不動産会社のため、即時買取が可能です。

3つ目は売却価格の違いです。
仲介は、さまざまな広告手段で物件の宣伝を行い、買主を探します。
そのため、不動産の市場における相場の価格が付くことが多いです。

その反面、買取は会社が販売の負担をすべて背負うため、仲介よりも低価格になる可能性があるので注意してください。
仲介の場合と買取の場合の価格を査定してもらい、比較してみると良いでしょう。

□不動産買取をしてもらう際の注意点とは?

続いて、不動産買取をしてもらう際の3つの注意点について紹介します。

1つ目は不動産会社選びです。
売却する不動産の価値をしっかりと理解してくれる不動産会社に依頼しましょう。
これは不動産会社の規模には比例しません。
地元の不動産会社は大手の会社と比較して、地域独自の情報や過去からの価値の変動を知っているからです。

2つ目は売却の理由です。
不動産会社にはできるだけ正確に売却に至った理由を説明しましょう。
理由を聞くことでさらに具体的な情報やアドバイスを得られる可能性があります。

3つ目は引き渡しの条件についてです。
売却する不動産をどのような状態で引き渡すのかを決める必要があります。
引き渡す状態によって、売却価格が変動することがあるからです。

具体的には、エアコンや照明をそのままにして引き渡すかなどです。
引き渡しの前に不動産会社としっかり打ち合わせをしておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産売却における買取と仲介の違い、不動産買取の注意点について紹介しました。
契約内容について、具体的なイメージができたと思います。
その他に、不動産に関する疑問点などがある方は、お気軽に当社にお問い合せください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム