お知らせ&ブログ

不動産買取を検討したい方へ必要書類について紹介します。

不動産買取をお考えの方の中には、必要書類にどのようなものがあるか不安になっている方もいらっしゃると思います。
本記事では、不動産買取における必要書類について紹介します。

□不動産買取に共通して必要な書類とは?

不動産買取ではいくつか書類を用意する必要があります。
不動産といっても土地やマンション、戸建てといったさまざまな種類がありますよね。
そのため、複雑だと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは不動産のタイプに関わらず必ず必要になる書類について紹介します。

まず、売主の身分証明書が必要です。
具体的な例としては、運転免許証やパスポート、健康保険証やマイナンバーカードなどがあります。

次に実印と印鑑証明書も必要です。
これは、住民登録をしている市町村で登録を済ませている印鑑とその証明書のことを指します。
登録を済ませていない場合は、市役所で登録をするところからスタートする必要があります。
そのため、前もって確認しておくことがおすすめです。
ちなみに、印鑑証明書は市役所で300円で発行できます。

次に住民票も必要書類のひとつです。
これは、不動産に登記している住所と現在の住所が異なる場合にのみ必要です。
相続や引越しといったイベントでこういった状況に陥る可能性があるため、ぜひチェックしておきましょう。

ちなみに、住民票も300円で発行できます。
こちらは発行後3ヶ月が有効期限として設定されているため発行するタイミングについても考える必要があります。

また、固定資産税納付通知書も必要な書類として挙げられます。
これは、固定資産税についての確認時に必要になります。
固定資産税は1年に一度まとめて支払うものなのですが、不動産売買を行う場合、買取を行ったタイミングに合わせて両者の負担額を調整します。

こちらは年に一度書類が送られてくるため、最新のものが準備できるようにしておきましょう。
また、見つからないという場合は、役所で固定資産税評価証明書を発行して代用が可能です。

□必要書類の考え方とあったほうがよい書類について紹介!

不動産買取を依頼する際と物件を引き渡す際に必要になる書類はいくつかありますが、必要になる理由や使い方を考えると共通点があります。

まず、売却依頼を行う際には、物件の状態や安全性を証明する書類を準備しましょう。
具体的には、権利書や固定資産税の通知書、土地の測量図や建築の際の書類などです。
マンションの場合には、マンションの管理規約なども参考にしてもらえるでしょう。

次に、物件を引き渡す際に必要になる書類としては、本人確認書類や住民票などが挙げられます。
これは、売主の身元をはっきりさせる書類だという共通点がありますね。

このように共通点を意識して用意することで売却がスムーズに進められるでしょう。

□まとめ

不動産買取に必要な書類には、土地や物件などに共通するものとそうでないものがあります。
必要なものがあるかしっかり確認した上で買取に行くとスムーズに進むでしょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム