お知らせ&ブログ

不動産買取の手続きとは?プロが紹介します

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
仲介での売却との違いや、手続きの内容について詳しくご存知ない方も多いと思います。
今回は仲介と買取の違いと、手続きの内容について紹介します。

□不動産買取と仲介の違いを紹介

不動産を売却する際は、不動産会社に依頼をすると思います。
皆さんは売却には、「買取」と「仲介」の2つがあることをご存知でしょうか。

実際に不動産を売却した経験がなければ、知らない方も多いと思います。
まずは、こちらの違いについて解説します。

*不動産の売却における仲介とは?

仲介とは、不動産会社を通して第三者であるお客さんに不動産を売却する方法です。
不動産会社は、広告やチラシを使用してその不動産の買い手を探すことになります。
買い手が現れるかどうかが、売却期間を決定する大きなポイントになるため、比較的長期間かけて売却を進めていくことが特徴でしょう。

*不動産買取とは?

次に、買取について紹介します。
買取とは、第三者のお客さんを介さずに、不動産会社に売却することを指します。
不動産会社が買い手であるため、チラシや広告といった販売活動の必要がありません。
基本的には、双方が条件や金額に同意すれば、1ヶ月ほどで売却が完了するでしょう。

□買取の手続きの流れケースごとの解説

ここでは、不動産の買取を依頼して、実際に売却するまでの流れについて紹介します。
まずは、不動産会社に売却の相談をしましょう。
税金や経費といった細かい事情や専門的な知識を持った会社に相談に行くことで、具体的な段取りや相場、売却の目処などの目安を持てるでしょう。
次に、物件の調査を行います。
現地に訪問したり、役所からの公式な書類をチェックしたりして、不動産の価値をプロの目で見極めます。
建物がある場合は、室内や建物の様子も細かくチェックします。

調査が終了すると、具体的な金額が提示されるでしょう。
こちらの金額に、お客様が同意された場合は契約へと進みます。

不動産買取においては、不動産会社とお客様との売買契約が行われます。

最後に、決済と引渡しを行います。
最近では、銀行にて決済が行われる場合が多いでしょう。
決済日までに、必要な書類の準備や精算を終えておく必要があります。

この際、ローンが残っている場合は債務を精算して、抵当権を外す必要があるため注意が必要でしょう。

□まとめ

不動産買取の手続きについて紹介しました。
買取と仲介の違いや、手続きの内容についてご理解いただけたと思います。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム