お知らせ&ブログ

マンションを売却したい方へ不動産買取について紹介します!

マンションを売却したい方はいらっしゃいませんか。
現金化の方法については詳しく検討することがおすすめですよ。
本記事では、不動産買取について解説します。
マンションの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

□不動産買取と仲介はどこが違う?

この記事を読んでいる方の中には、不動産買取についてあまり分からないという方も多いと思います。

不動産買取と仲介の違いとしては次のようなものが挙げられます。
しくみが違うとメリットやデメリット、特徴もそれぞれ異なるため、しっかり比較することが大切でしょう。

マンションを売却する際、仲介では不動産会社は売り主の依頼を受けて、買い主を探してくれます。

そのため、時期や価格については、買い主が見つかるまで不確定です。
買い主が現れない場合は、いつまでも売却を完了できない可能性もあるでしょう。

また、売却が決まると仲介手数料を不動産会社に支払う必要があります。
一方で、不動産買取は不動産会社が直接不動産を購入してくれる仕組みになっています。
そのため、買い主を探す必要がなく販売に際して時間がかかりません。
提示された金額や引き渡し条件に双方が納得すれば、手続きを進められるため、査定から1週間から1ヶ月といったスピードで売却できるでしょう。

ただし、買取価格が相場よりも低くなることが多いため、注意してください。

□マンションの不動産買取のメリットについて

では、不動産買取にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、修理が必要な箇所や、不具合が起こっている箇所について補修する必要がないことが挙げられるでしょう。

仲介では、建物の不具合や修理箇所については、売却価格を下げることにつながるため、修理することが多いです。
しかし、不動産買取においては多くの場合そのままでの引き渡しが可能です。
不動産買取会社は、売却価格からあらかじめ修繕費用を引いた金額で売却した後に、修理に出したり、補修を依頼したりといったことが可能ですので、そのまま売却したい方におすすめです。

次に、深刻な問題が発生した物件でも買取が可能なこともメリットとして挙げられるでしょう。
物件で事故や事件、また自殺といった深刻な問題が発生したという方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
このような仲介では売れない可能性が高い物件に関しても基本的に買取が可能です。
査定金額は低くなる可能性が高いですが、不動産会社に一度相談する価値はあるでしょう。

□まとめ

マンションを売却する場合は、仲介と買取それぞれにおけるメリットやデメリット、特徴をしっかりと比較することが大切です。
本記事が、マンション買取の依頼を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム