お知らせ&ブログ

不動産買取をお考えですか?メリットについて紹介!

「不動産買取が気になっている」
「不動産買取を依頼するメリットはあるのだろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産買取のメリットを紹介します。

□不動産買取のメリットとデメリットを紹介!

不動産買取には、いくつか仲介にはないメリットがあります。

まず、近所の人に知られないまま売却ができることが挙げられます。
仲介で売却する場合、不動産会社が広告を出したり、サイトに情報をアップしたりしますよね。
中には、こういった宣伝によって他の人に不動産を売ったことを知られたくない方もいらっしゃると思います。
買取であれば、不動産会社と売買契約を行うだけで良いため、周りに知られずに売却ができますよ。

次に、内見の対応をする手間がないこともメリットとして挙げられるでしょう。
仲介で不動産を販売する場合、物件を内覧したい方の対応をする必要があります。
物件を自宅として現在使っている場合や、現在も使用している場合、知らない人が内見に来るのはストレスになりますよね。

一方で、不動産買取の場合は一度不動産会社の方が査定に訪れるだけで済むので、知らない方が物件を何度も見に来ることはありません。

不動産買取のデメリットとしては、一般的な相場に対して売却価格が安くなることが挙げられるでしょう。
基本的に不動産会社は買い取った物件をリノベーションやハウスクリーニングをした上で再販売をします。
そのため、そういった追加でかかる費用を踏まえた買い取り価格として、相場の60〜70パーセントになることが多いでしょう。

□買取に向いている不動産とは?

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
ここからは、買取に適している不動産について紹介します。

まず、築年数が30年を超えている物件については不動産買取がおすすめです。
特に一度もリフォームしたことがない物件は、仲介での売却が困難な場合があるでしょう。

次に、仲介の販売に出していて、長期間売れていない物件に関しても、不動産買取がおすすめです。
これから、仲介で買い手を探すのが難しい物件に関しては、早めに不動産会社に買い取ってもらうことがおすすめです。

また、過去に事件や事故が起こった物件に関しても不動産買取を依頼するのが良いでしょう。
事件や事故があって、買い手から敬遠されるような物件に関しては、不動産買取がおすすめです。

□まとめ

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
古い物件や事故物件をお持ちの方は一度不動産買取を検討されてはいかがですか。
本記事が不動産買取の参考になれば幸いです。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム