お知らせ&ブログ

香川県にお住まいの方必見!不動産買取の費用はどのくらい?

不動産買取を検討している方はいらっしゃいませんか。
買取の費用を知って、きちんと計画を立ててから売却したいですよね。
そこで今回は、香川県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取でかかる費用とは

はじめに、不動産買取にかかる費用の1つである、税金について説明します。
買取費用の税金には、印紙税、抵当権抹消登記の免許税・司法書士費用、譲渡所得税があります。

まず印紙税とは、売買契約書に貼る収入印紙の費用です。
契約金額によって、印紙税の額は変わるので注意してください。
ちなみに、売買契約書は売主と買主の保管用で2通作成されますが、印紙代の負担はそれぞれが行うので、1通分だけを用意すれば良いです。

また、不動産を売却する際には、「所有権移転登記」が必要ですが、登記費用は買主が負担するので、売主が支払う必要はありません。
ただ、売却する物件に住宅ローンが残っていた場合は、抵当権抹消登記の費用がかかります。
登録免許税の他にも司法書士費用がかかり、2万円から3万円程度となっています。

譲渡所得税とは、不動産を売却したとき利益が出ると発生する税金です。
具体的には、収入金額から不動産の取得費用と売却費用を引いたものを譲渡所得といい、これにかかる税金のことを指します。

不動産買取のときには、このような費用がかかってきます。

□費用を抑える方法とは

ここからは、費用を抑える方法を説明します。
ポイントは2つあります。

1つ目は、各自治体の補助金を利用することです。
自治体によっては、一定の条件を満たすと補助金を出してくれるところがあります。
各自治体によって、支給される補助金の額や条件は異なります。
そのため、気になる方は売却したい不動産がある地域の役所に問い合わせてみましょう。

2つ目は、ハウスクリーニング費用を抑えることです。
ハウスクリーニングの費用は同時に依頼することで、費用を安くする交渉を行うと良いでしょう。
住み替えをして次に住むおうちが中古物件なら、多くの方が新居にもハウスクリーニングを利用します。

そこで、売却時と購入時の物件を、いずれも同じ業者に依頼をして、安くしてもらえないか頼むようにしましょう。
ただし、最初から交渉するのではなく、見積もり後に相談することが重要です。

2つのポイントを参考にして、費用を抑えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、香川県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説しました。
何に費用がかかるのか理解できたと思います。
費用を抑えるポイントを意識して売却するようにしましょう。
不動産の買取を行ってもらう場合、今回の記事を参考にしてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム