2021年01月

香川県にお住まいの方必見!不動産買取の費用はどのくらい?

不動産買取を検討している方はいらっしゃいませんか。
買取の費用を知って、きちんと計画を立ててから売却したいですよね。
そこで今回は、香川県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取でかかる費用とは

はじめに、不動産買取にかかる費用の1つである、税金について説明します。
買取費用の税金には、印紙税、抵当権抹消登記の免許税・司法書士費用、譲渡所得税があります。

まず印紙税とは、売買契約書に貼る収入印紙の費用です。
契約金額によって、印紙税の額は変わるので注意してください。
ちなみに、売買契約書は売主と買主の保管用で2通作成されますが、印紙代の負担はそれぞれが行うので、1通分だけを用意すれば良いです。

また、不動産を売却する際には、「所有権移転登記」が必要ですが、登記費用は買主が負担するので、売主が支払う必要はありません。
ただ、売却する物件に住宅ローンが残っていた場合は、抵当権抹消登記の費用がかかります。
登録免許税の他にも司法書士費用がかかり、2万円から3万円程度となっています。

譲渡所得税とは、不動産を売却したとき利益が出ると発生する税金です。
具体的には、収入金額から不動産の取得費用と売却費用を引いたものを譲渡所得といい、これにかかる税金のことを指します。

不動産買取のときには、このような費用がかかってきます。

□費用を抑える方法とは

ここからは、費用を抑える方法を説明します。
ポイントは2つあります。

1つ目は、各自治体の補助金を利用することです。
自治体によっては、一定の条件を満たすと補助金を出してくれるところがあります。
各自治体によって、支給される補助金の額や条件は異なります。
そのため、気になる方は売却したい不動産がある地域の役所に問い合わせてみましょう。

2つ目は、ハウスクリーニング費用を抑えることです。
ハウスクリーニングの費用は同時に依頼することで、費用を安くする交渉を行うと良いでしょう。
住み替えをして次に住むおうちが中古物件なら、多くの方が新居にもハウスクリーニングを利用します。

そこで、売却時と購入時の物件を、いずれも同じ業者に依頼をして、安くしてもらえないか頼むようにしましょう。
ただし、最初から交渉するのではなく、見積もり後に相談することが重要です。

2つのポイントを参考にして、費用を抑えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、香川県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説しました。
何に費用がかかるのか理解できたと思います。
費用を抑えるポイントを意識して売却するようにしましょう。
不動産の買取を行ってもらう場合、今回の記事を参考にしてください。

 

香川県にお住まいの方へ!不動産買取の流れを説明します!

不動産買取の流れについて、知りたい方はいらっしゃいませんか。
買取の流れを知って、不動産をスムーズに買い取ってもらいたいですよね。
そこで今回は、香川県の不動産会社が不動産買取の流れを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□不動産買取の流れとは

不動産買取の流れを見ていきましょう。
6つのステップがあります。

1つ目は、不動産会社を選ぶことです。
インターネットでの査定の依頼と、近くの不動産会社に直接依頼しての査定が可能です。
会社選びはとても重要なので、慎重に選ぶようにしましょう。

2つ目は、対象不動産の調査と買取金額の査定です。
不動産会社を決めてから、査定してもらうまでに、準備しておいた方が良いことがあります。
それは、対象不動産の売却時の相場を調べることです。
売却相場を知って、妥当な金額で売却できているか判断しましょう。

3つ目は、買取金額を決定することです。
提示された買取価格に納得したら、そのまま契約を進めましょう。

4つ目は、物件引き渡し条件を確認することです。
ここでは、売却までのスケジュールや用意する書類の確認など、細かなところまで打ち合わせをしていきます。

5つ目は、売買契約書の締結をすることです。
物件引き渡し条件の確認ができたら、お互いに合意した買取価格での売買契約を締結しましょう。

6つ目は、入金と引き渡しをすることです。
売買代金の残金の引き渡しを行いましょう。

以上が不動産買取の流れです。

□注意するポイントとは

ここからは、不動産買取のときに注意するポイントを2つ見ていきましょう。

1つ目は、所有者が複数の場合、売却前に準備や話し合いをすることです。
物件の共同所有者がいる場合には、売却前に条件などを話し合っておかないと、トラブルが起こる可能性があります。
また、共同所有者が行方不明の場合などはそのままでは売れないので、司法書士、または弁護士に相談してください。

2つ目は、リフォーム済み物件の取り扱いが多い不動産会社を選ぶことです。
リフォーム済み物件とは、どこかで買い上げられた不動産をリフォームし、再度販売されたものです。
このような物件を取り扱っているということは、買取の実績が多いという指標になるので知っておきましょう。

□まとめ

今回は、不動産買取の流れを紹介しました。
紹介した注意点を参考にして、不動産買取を行いましょう。
当社では不動産買取を行っています。
お困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

香川県にお住まいの方に!不動産買取に向き不向きな物件を解説します!

香川県にお住まいで、不動産買取について悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
不動産買取の物件には、向きと不向きがあります。
そこで今回は、不動産買取に向いている物件と向いていない物件について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取に向いている物件とは

まずは、買取に向いているのはどのような物件かチェックしましょう。
向いている物件の条件はいろいろありますが、今回は3つのケースを紹介します。

1つ目は、築年数が古い、または旧耐震基準の物件です。
当たり前のことですが、築年数が経てば経つほど、物件の価値は下がっていきます。
古くなると買主を見つけづらくなり、改修をして売却に出す方もいますが、買い取ってもらう際はその必要がありません。

また、旧耐震基準のものは仲介では購入者がつきにくいので、買取の方が向いていると言えます。

2つ目は、内部の状態が悪く、改修が必要な物件です。
仲介物件の場合は内覧があるので、そのときに悪い印象を持つ方が多いと不利になります。
しかし、買取の場合は不動産会社が改修をすることが多いので、内装の状態が悪くても買い取ってもらいやすいです。

3つ目は、仲介で長期間売れない物件です。
長い間仲介で売りに出しているのに、買主が現れないという場合も買取を検討してみても良いでしょう。
仲介ではなかなか売れなくても、買取を利用すると早く売れるかもしれません。

□不動産買取に向いていない物件とは

続いて、買取に向いていない物件について見ていきましょう。
向いていない物件の条件もさまざまですが、今回は2つ紹介します。

1つ目は、新築に近い住宅や改修済みの物件です。
先ほども述べましたが、買取の場合、改修は不動産会社が行ってくれるところが多いです。
そのため、リフォームを済ませた物件に関しては、買取で不動産売却を行うとリフォーム代が無駄になります。
リフォームを済ませているのであれば、再度売却方法を検討しましょう。

2つ目は、人気のエリアにある物件です。
この場合は仲介での売却の方が、メリットがたくさんあります。

今回紹介したことを踏まえて、売りたい物件の状況を把握してから、売却の方法を決めるようにしてください。

□まとめ

今回は、不動産買取の向き・不向きの物件について解説しました。
どのような物件が買取に向いているのか理解できたと思います。
不動産買取についてお困りのことがありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

 

香川県でマンションの不動産買取にお困りの方!売却のためのポイントを紹介します!

「マンションを買い取ってもらいたい。」
香川県にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションを上手に売却したいですよね。
そこで今回は、マンションを売却するときのポイントをご説明します。

□マンションで不動産買取を利用するメリットとは

マンションで不動産買取を利用するメリットとは何でしょうか。
今回はそのメリットを2つ紹介します。

1つ目は、すぐに現金化できることです。
そのため、急いで売却する必要がある場合には、この買取が向いているでしょう。

仲介売却の場合では、いつ購入者が現れるか分からないので、売却スケジュールも立てられません。
また、高値売却にこだわらない人や忙しい人からすると、リフォームや内覧会も負担に感じると思います。
労力がかかる売却活動を行いたくないとお考えの方であれば、なおさら不動産買取が向いていると言えます。

2つ目は、買取業者に仲介手数料を支払わなくても良いことです。
マンション買取の場合は、買取業者に支払う仲介手数料がかかりません。
これは、買主を探す必要がなく、仲介業務にかかる広告費や人件費が必要ないからです。
また、契約不適合責任をする必要がないのも特徴です。

□不動産買取のポイントとは

ここからは、不動産買取のポイントについて見ていきましょう。
ポイントは2つあります。

1つ目は、現地調査のときに買取業者が見ているところを把握しておくことです。
立地の面では「最寄駅からの距離」と「周辺環境」を、建物の面では「方角や日当たり」、「設備」、「間取り」などを見ています。
紹介した部分で価格を判断しているので、頭に入れておきましょう。

2つ目は、売却の時期やタイミングを気にしないことです。
不動産買取が高値で売却できるかどうかに、時期やタイミングは関係ありません。
そのため、思い立ったらすぐに依頼した方が、よりスムーズに契約に結びつく可能性が高いです。
これは、検討中に築年数が経過し、建物の価値が下がってしまったり、周辺環境が悪い方に変化したりするからです。

これらの不動産買取のポイントをもとにマンションの売却を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、マンションを売却するときのポイントをご説明しました。
マンションで不動産買取を利用するメリットはたくさんあります。
紹介したポイントを参考に、マンションを売却してみてはいかがでしょうか。
疑問点や不明点があれば、お気軽に当社にご相談ください。

 

香川県にお住まいで不動産買取を考えている方!相続について説明します!

不動産の買取で困っている方はいらっしゃいませんか。
その中でも不動産の相続はややこしいところです。
そのややこしさを解決するために、今回は香川県の不動産会社が相続について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□不動産相続の流れとは

まずは、不動産相続の流れをご説明します。
相続には6つの流れがあります。

1つ目は、相続の発生です。
被相続人が亡くなったら、死亡診断書をもらいます。

2つ目は、遺言書があるかの確認です。
被相続人の遺言書の有無で手続きが大きく変わってきます。
そのため、早めに遺言書があるかどうか確認しましょう。

3つ目は、相続人の確定です。
遺言書があったときは、遺言の内容をもとに相続の手続きをしてください。
遺言書がなかったときは、誰が相続人になるのかを調べるために、戸籍謄本や除籍謄本を取得して相続人を確定させましょう。

4つ目は、相続財産の確定です。
相続人の確定後に、相続財産を調べる必要があります。
相続財産では、不動産以外のものも含めて計算するので注意してください。

5つ目は、遺産分割協議です。
これは、相続人の間で行われる、遺産の分割を決める会議のことです。
トラブルが起きやすいところでもあるので十分注意しましょう。

6つ目は、相続登記です。
これらの流れを経て、相続登記の申請を行います。

□不動産相続の注意点とは

ここからは、不動産相続の注意点を見ていきましょう。
戸建てを相続する場合とマンションを相続する場合の両方をご説明します。

戸建てを相続するときに注意しておきたいのが、他の住宅を持っていると空き家になりやすいことです。
空き家になってしまうと、面倒なことが多く発生します。
余計な手間をかけないためにも、空き家のままにせず、売却などの処分も検討することをおすすめします。

マンションを相続するときは、築年数が古いと入居者を獲得するのが難しくなるので注意が必要です。
賃貸に出して家賃収入を得られる可能性はありますが、それも入居者がいるからできることです。
リフォームをして賃貸に出したり、思い切って売却したりするのも対策する手段です。

これらのことはよくあるので、相続するときには気をつけてください。

□まとめ

今回は、不動産の相続について解説しました。
相続についてきちんと理解できたと思います。
紹介した注意点を参考に、不動産の相続について検討しましょう。
何かわからないことがあれば、お気軽に当社にご相談ください。

 

マンション買取の際にエアコンは外すべき?香川にお住まいの方へ!


マンションを買い取ってもらう際、エアコンはどうすればいいのか気になっている方は多いのではないでしょうか。
マンションを手放す際は、どこからどこまでが売り物なのか気になりますよね。
そこで今回は、マンション買取の際にエアコンは取り外すべきかどうかについて解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

□エアコンは不動産に含まれない!

マンションを売るということは、「不動産」を売るということです。
では、そもそも不動産とはどういったものを指すのでしょうか。
不動産とは、土地とその定着物のことであり、定着物とは建物や構築物のことを指します。
つまり、マンションを売るということであれば、マンションのある土地とその建物の専有部分が対象ということになります。

また、マンションの中には集会所や駐車場のような共有部分もありますよね。
そのような共有部分の共有持分についても売却の対象になるのです。
不動産と対照的な言葉として、動産があります。
こちらは動かせる資産のことで、ソファーやテレビがそれに該当します。

では、エアコンはどのように扱われるのでしょうか。
エアコンは、造作物として表されます。
造作物は、後からの取り付けや取り外しが可能です。
つまり、後から動かせるエアコンは、売却の対象から外せると言えるでしょう。

□買取の際エアコンはどうするべき?

造作物として扱われるエアコンは、買取の際に外すのか置いていくのか、どちらが正しいのでしょうか。
結論から言うと、エアコンをはじめとする照明のような付帯設備は外してから引き渡しをするのが一般的です。

しかし、こちらに関して明確な決まりがあるわけではなく、話し合いによって決められます。
マンションと一緒にエアコンも置いていきたい場合は、その旨を伝えてしっかりと話し合うことが重要です。
売買契約を結ぶ際に付帯設備表を用いて確認をしますが、その時に初めて知るよりもあらかじめ話し合っていた方がトラブルを避けられるでしょう。
そのため、置いていくのかどうか悩まれた場合は、不動産会社の方に一度相談してみることをオススメします。

□まとめ

マンション買取の際にエアコンを取り外すべきかについて解説しました。
明確な決まりはありませんが、あらかじめどのように処理するのかについては伝えておきましょう。
当社はマンションをはじめとする、不動産買取を行っています。
香川でマンション買取を検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム