お知らせ&ブログ

急な転勤!高松市の戸建を売却するのに必要な時間とは

昇進や移動などの理由で転勤をいきなり告げられることも少なくないですよね。
そんな時、様々なことを考えなければいけない中、転勤先の住まいをどうするかというのは不安な要素の一つとして挙げられる方が多いと思います。

 

そこで今回は、住まいの売却について売却と現金化にどれくらいの時間がかかるのかについて、仲介会社と買取会社の二つを比較しながらご紹介します。

 

□仲介会社を利用して売却


仲介会社を利用する場合、住まいを仲介会社に登録します。
そして、仲介会社が広告宣伝を行い買取ってくれる人を探します。
その後、買取希望者が現れ次第、その人と話しをし、本当にその人に売ってよいかを判断した上で、買取手続きが行われます。
つまり、もしも誰も買取の希望を出してくれなかった場合は売ることができません。

 

そのため、いつ買取手続きが始まるのか、いつ住まいが資金になるのかが分かりません。
平均的に早くても1ヵ月間、ほとんどの場合は3ヶ月間は売却までに必要な時間です。
この場合、急な転勤で急いでいて資金が必要な時などに対応ができません。
このデメリットがある一方で、仲介会社を使用する方が、買い取り会社より高く売れる傾向があります。

 

□買取会社を利用して売却


買取会社を利用する場合、買取会社と直接やり取りを行い、買取会社に売却をします。
ここが仲介会社との大きな違いです。

 

仲介会社を利用した場合は買取希望者を待ち、希望者が出たら買取手続きを行っていました。
しかし、買取会社を利用すると取引の相手は買取会社になるので、買取会社に対応をするだけで住まいを売却することができます。
また、買取会社だけとのやり取りになるので売却までの期間がとても短いです。

 

物件の条件によっても変わりますが、株式会社Lifeスマイルなら最短で、お問い合わせ当日に査定を行い、その後3日間で売却、現金化が可能です。
また、仲介会社を利用する場合に必要となる仲介手数料をかけずに売却ができます。
しかし、仲介会社を利用した方が高く売れる傾向があります。
急な転勤や急ぎで資金を必要とされる方は買取会社をおすすめします。

 

□まとめ


このように、一見同じ住まいの売却でも仲介会社を利用するか、買取会社を利用するかで得られる資金や得られるまでの時間には大きな差があります。
急いで売却する必要がある方は最短お問い合わせから3日で現金化できる私たち、株式会社Lifeスマイルをぜひご利用ください。

高松市の戸建を売却。住まいの高く売れる特徴とは!?

「どうせ売るならできる限り高く売りたいけれど、自分の住まいがどれだけの価値で売れるのかわからない」
住まいの売却を考えるときに売れる値段について気になるところだと思います。
そこで今回は、戸建の価値を見るときのポイントをご紹介します。

 

□戸建の価値を見るときのポイント


*住まいのある地域
東京の都心だと地価がすごく高いというイメージを持っている方が多いと思います。
政令指定都市や県庁所在地など大きな町や各地区の経済的中心となる地域やそれらの都市へのアクセスが良いと地価が高くなります。
この条件は地域によって大きく変わります。
特に、どの都市に近いかによって地価が変わります。
例えば、東京と大阪だと東京の方が高いと言うイメージです。
※大きな町や経済的中心との距離やアクセスと関係なく地価が高い地域もあります。

 

*住まいの周りの環境
皆さんは日々の買い物をどこでしていますか?
通勤や通学に使うのは電車ですか、車ですか?

 

生活するには欠かせないインフラ設備やお店などが存在します。
また、学校や病院など生活する上でよく使用する施設や公園などの生活を豊かにしてくれる環境があります。
生活を営む中で必要な環境や設備、生活を豊かにする環境とお住まいの距離はとても大切なポイントの一つです。
ご自身のお住まいの周りがどんな環境かによってお住まいの価値は変わります。
もちろん距離が近くて便利な方が価値は高くなりますが、駅や学校など近すぎると騒音などの関係により、価値が下がることもあります。

 

*お住まいの状況
ポイント2とポイント3は住まいのある土地の場所で価値を考えてきました。

 

次は住まいの状況に焦点を当てます。
住まいが綺麗な状態と汚い状態だとどちらがいいですか?
綺麗な状態の方が嬉しいと答える方が多いと思います。
住まいの綺麗さだけではなく、設備や耐震性能など様々な条件があります。
この条件は住まいによって大きく変化します。

 

ポイント1とポイント2はある程度は地価から判断できるのですが、ポイント3の価値は査定を受けないと分かりにくいものです。
例えば、建築から何年経ったかなど、周りの物件と比較して大まかな価値を判断するといったようなことを行います。

 

□まとめ


戸建の価値を見るときのポイントを3つに分けて、高く売れる戸建とそうでない戸建の特徴についてご紹介しました。
具体的に自身の戸建はいくらで売れるのか気になる方は株式会社Lifeスマイルへご相談ください。

不動産売却を行う際の契約方法。一般、専任契約の違いとは?

急な転勤や相続で住まいを売却しようと思って
仲介会社に相談に行くと「一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれにされますか?」
いきなり知らない単語が出てくることが多いのはないでしょうか。
これらは大切な住まいを売却する契約です。
何も知らずに契約するのは不安だと思います。
そこで今日は住まいを仲介会社を通して売却する時の3つの契約を紹介します。

 

今日紹介する契約は媒介契約といわれるものです。
これは、どのように売却する住まいを宣伝するのかを決めるための契約です。
宣伝方法というのは、モノを売る時に大変重要になってきます。
それは住まいでも変わりません。
しっかりと各契約について知ってもらい、住まいを売却する際には一番良い契約を結んでください。

 

□一般媒介契約


この契約はこれからご紹介する3つの契約の中で最も売り手の自由度が高い契約です。

 

自由な反面、効果が薄かったり売り手の手間がかかる場合があります。
しかし、その分周りの会社に影響されることなく売却できます。

 

*内容
1つ以上の不動産会社と媒介契約を結べます。
媒介契約を2つ以上の会社と結ぶ場合は、その会社以外に媒介契約を結んでいることを伝える必要があります。
売り手本人が買い手を見つけて売却することも可能です。

 

*メリット
複数の不動産会社と媒介契約を結べます。

 

□専任媒介契約


この契約は3つの中で丁度真ん中のような自由度の契約です。

 

売却のために使う会社は1つに決められてしまいますが、会社ではなく売り手本人が買い手を見つけることができるので多少の自由度があります。

 

*内容
契約を結べる会社は1社のみです。
不動産会社は週に2度のペースで状況の報告をしなければいけません。
売り手が買い手を見つけて売却することも可能です。

 

*メリット
不動産会社は、売り手を見つけると利益が発生する確率が高いため、不動産会社の販売モチベーションに繋がります。
営業経費を支払う必要はありますが、売り手が買い手を見つけることも可能です。

 

□専属専任媒介契約


3つの契約の中で最も自由度が低い契約です。

 

契約した会社からの買い手としか取引できません。
その反面、会社の営業のモチベーションは高いので売れやすいとも捉えられます。

 

*内容
契約を結ぶ会社は1社のみです。
不動産会社は1週間に1度のペースで状況の報告をしなければいけません。
売り手が買い手を見つけて売却することはできません。

 

*メリット
状況の報告が週に1度のペースで届きます。
不動産会社は売り手を見つけると確実に利益が発生するので不動産会社の販売モチベーションが専任媒介契約より更に高くなります。

 

□まとめ


*急いで売る必要があるかないか
急ぎであれば「専属・専任媒介契約」を選び、急ぐ必要がないのであれば、「一般媒介契約」を選びます。

 

*不動産会社を通さずに自ら買い手を見つけられる可能性があるかないか
見つけられそうであれば「専任媒介契約」を選び、見つけられそうでなければ「専属専任媒介契約」を選びます。

 

この順番で考えるのがおすすめです。
住まいの売却なんて人生でそう何度もあることではありません。
しかし、売却しなければならないこともあります。
いつ訪れるか分からない売却に備えてこのような3つの契約があることを覚えておくといいでしょう。

意外と見逃しがち?不動産を売却するのにかかる諸経費の内訳

「住まいを売却しよう」
「2,000万円で売れた。2,000万円の資金が手に入る。」

皆さん、このように単純に売れる額を見てしまっていませんか?
実は、売れる額と手に入るお金には差があります。
それは諸経費の差です。
実際にどのくらいの額が諸経費としてかかるのでしょうか。
そこで今回は、住まいを売却する際に必要な諸経費についてご紹介します。

 

□諸経費の中身


一口に「諸経費」と言っても中身は様々です。
主なものとして挙げられるのが、「仲介手数料」「税金」「残っているローン」「印紙代」「家具などの処分代」です。
また、住まいを売却する理由が転勤などによる引っ越しの場合は引っ越し費用も考えなければなりません。

 

*仲介手数料
仲介手数料は主に仲介会社を利用した場合に必要になります。
住まいを売却するにあたり買い手を探してもらったのでその分に対して支払います。
この費用は自分で買い手を見つける場合はかかりません。
しかし、個人の買い手を見つけるのは通常困難です。
そこで登場するのが買い取り会社です。
買い取り会社だとその会社と直接取引するので仲介手数料はかかりません。

 

*税金
モノを売って利益が出たら税金がかかります。
住まいの売買となれば何千万円の取引になることもあります。
その分に税金がかかるのです。
利益に対して税金はかかるものなので、購入価格を売れた額から引いたり、そこから経費を引いたりと計算をしたところから税金を計算します。
また、特別な控除もあるので詳しくは売却する時に確かめることをおすすめします。

 

*残ったローン
払い残したローンは住まいを売却したからといってなくなることはありません。
大抵の方は売れたお金で完済されます。

 

*印紙代
印紙税という税金が存在します。
簡単に言ってしまうと契約書にかかる税金といったイメージです。
こちらも売れた額やその時期の税金によって変化するので売却の際にご確認ください。

 

*家具などの処分代
契約にもよりますが住まいを売却する時に家具などを残さずに空にする必要があります。
引っ越しの場合は次の住まいに移動させるだけなのでかかりませんが、引っ越し以外での売却の場合は家具を処分するための費用が必要となります。
※リサイクルショップなどで売却できた場合、費用はかからずお金を得ることも可能です。

 

□まとめ


単純に住まいの売却といっても様々な費用がかかりますね。
ややこしい費用もあるので、売却の際はぜひ株式会社Lifeスマイルへご相談ください。

不動産売却をお考えの方必見|高く売れる家と高く売れない家の違い

「仕事の都合で持ち家を手放さなければならなくなった。」
「不要になった不動産を売却したい。」
このように、不動産を売却する状況になることもしばしばありますよね。

そんなとき、できるだけ高く売却したいと多くの方がお考えかと思いますが、似たような条件の物件でも、高く売れる家と高く売れない家があります。

今回は、その違いは何か、高く売れる物件の特徴とは何かについてご説明します。
家をすぐ売却することを考えている方も、将来的な売却を考えている方もぜひ参考にしてください。

・立地条件

不動産の資産価値において大切な要素と言えば、立地条件です。
立地条件の中でも重視されるのが、駅からのアクセスです。
通勤通学に便利な場所に位置している物件は大変人気です。

また、周辺の環境も重要です。
周りに大きな商業施設があって買い物に困らない環境であったり、子どもがいる世帯であれば、近くに公園や保育園、小学校があれば、需要が高いです。

・築年数

中古物件の購入を希望している方でも、築年数ができるだけ浅い家を買いたいと思われる傾向が強いです。
新築同様の新しさで安く購入できる物件であれば、需要は高いため、売却価格は高くなります。
築年数としては10年がターニングポイントで、築10年以上の物件は売れにくく資産価値は低い傾向にあります。

一方で、古い物件だとしても、リフォームやリノベーションがされている場合、高く売れることがあります。
築年数の長さのために生じる劣化部分がカバーされていれば、資産価値が高くなります。

・メンテナンスの状況

メンテナンスの状況は、売却価格に大きな影響を及ぼします。
定期的にメンテナンスをしている家ほど高く売れ、メンテナンスがされていない家は予想していたよりも低い売却価格になることがあります。
メンテナンスに関しては、一回行えば終わりではなく、それまでどれだけ定期的に手入れをしてきたかがポイントとなります。

特に、外観のメンテナンスが行き届いている物件は人気なため、高く売れます。
築7~10年ほど経つと、外壁の再塗装を行った方が良いといわれています。
古い物件で再塗装をするとなると費用がかさんでしまうため、買い取り手が見つかりにくくなります。

・最後に

不動産の資産価値を大きく左右する点についてご紹介しました。
売却価格は様々な要素から判断されますが、リフォームやメンテナンスといったご自身で価値を上げられる方法もあります。
お持ちの物件がどれくらいで売れるのかを知りたいという方は、お気軽に株式会社Lifeスマイルにご相談ください。

不動産売却にかかる仲介手数料とは?その計算方法もご紹介

不動産の売却を検討されている方にとって、不動産の資産価格は気になる点かと思います。
不動産売買にかかる費用には「仲介手数料」があります。

仲介手数料は、不動産の売買契約が結ばれた際に不動産仲介会社に支払う料金のことを言います。
この仲介手数料は、不動産仲介会社によって設定金額が異なりますが、法律によって上限が決められていることが特徴です。

今回は、仲介手数料が発生する仕組みについて説明し、仲介手数料がどのような計算で算出されるのかについてご紹介します。

・仲介手数料とは?

不動産仲介会社は、不動産の売り主と買い主の間の契約を取り次ぐ役割を果たしています。
その際に発生するのが仲介手数料です。

仲介手数料は宅建建物取引業法において上限が規定されており、不動産仲介業者はその上限までで自由に手数料を設定できます。

・仲介手数料の計算方法

仲介手数料は売買する不動産の価格によって異なります。

200万円以下の場合→5.4%
200万円を超え400万円以下の場合→4.32%+21600円
400万円を超える場合→3.24%+64800円

消費税を含まない売買価格から不動産手数料を計算できます。

例えば、100万円の売買価格の不動産に関しては、100万円×5.4%=54000円、300万円の場合は300万円×4.32%+21600円=151200円、1000万円の場合は1000万円×3.24%+64800円=388800円が不動産仲介会社が設定できる仲介手数料の上限となります。

なかには、上限を超えた仲介手数料を請求するといった違法行為を行う業者も存在するので注意が必要です。

・仲介手数料がかからない?不動産買取とは?

このように、不動産仲介業者が買い主と売り主を仲介して売買契約を成立するのに対して、不動産会社が不動産を直接買い取るという方法もあります。
不動産仲介で行われる契約が売り主と買い主の契約であるのに対し、不動産会社が買い取る場合、売り主と不動産会社の売買契約となります。

不動産仲介では、売り主が売りたい物件を不動産会社が広告を出して買い主を探しますが、不動産会社が直接不動産を買い取る場合、よりスピーディーに取引を行えます。
さらに、仲介手数料を売り主に請求することがありません。

・最後に

不動産を売却するとき、取引にかかる代表的な費用が仲介手数料です。
その仕組みや法律で定められている計算方法を理解して、悪徳な仲介会社で取引を行わないよう注意しましょう。

株式会社Lifeスマイルでは買い取りによる売却を行っています。
売却にかかるコストや時間が少ない方法なので、売却をお考えの方はぜひご検討ください。

住宅ローン控除が受けられない?不動産売却と買い替えの注意点

家を購入する際に、利用したい制度として住宅ローン控除があります。
家を売り、新しく家を買おうとしている方も適用の対象となりますが、場合によっては不動産売却後に住宅ローン控除が受けられないこともあります。

今回は、住宅ローン控除の制度の仕組みとその適用条件についてご説明します。

・住宅ローン控除制度とは

住宅ローン控除とは、ローンを組んで新しく住宅を購入したり、リフォームを行ったりしたときに、所得税から定められた額だけ控除されるという制度です。

控除額としては、年末借入金残高の1%が控除されます。
住宅ローン控除の適用には年収が3000万以下で、借入期間は10年以上で年利1%以上であるといった条件があります。

・譲渡所得と住宅ローン控除

住宅ローン控除にあたり、その条件の一つとして、不動産売却の際に発生した譲渡所得に対して、減税特例を受けたことが住宅を購入した年と前後2年の間にない、という条件があります。
対象となる減税特例は3種類あります。

まず、譲渡所得とは何かからご説明します。
譲渡所得とは、譲渡価額から取得費と譲渡費用を差し引いた時に、プラスになる場合に発生する利益を譲渡所得と言います。
つまり、売却して得た金額と売却にかかった費用の合計が購入した際の価格よりも高い時に譲渡所得は発生します。

一般的に言って、不動産の資産価格は時間が経つごとに減少するために、売却価格が購入価格を上回ることはありません。
しかし、状況によっては不動産の人気が高まる場合に、急激な資産価値の上昇が起こると、譲渡所得は発生します。

・譲渡所得に対する減税、免税特例

□居住用の財産3000万円の特別控除

3000万円までの譲渡所得に対する所得税が免除されます。

□所有年数が長い場合の特例

5年以上物件を所有し、売却する場合に所得税が軽減されます。

□買い替え特例

10年以上居住、所有した家を売却し、新規の物件を購入する場合、課税が繰り延べされます。
以前の住宅を売却した際に、発生した譲渡所得に対してこうした特例を受けた場合、新規の住宅購入に対する住宅ローン控除を受けられません。

・買い替えの注意点

譲渡所得が発生する場合、減税や免税の特例を受けられます。
しかし、以前住んでいた家の売却のタイミング次第では、新規の住宅に対して住宅ローン控除が受けられないという可能性があります。

・最後に

住宅の買い替えにあたり、住宅ローン控除の適用外となる場合に注意しましょう。
譲渡所得に対する減税特例と住宅ローン控除は併用できません。
どちらの制度を利用する方が良いかは状況によって異なるので、それぞれの仕組みを確認しましょう。

新着物件 坂出市花町にリフォーム住宅登場!

坂出市花町にリフォーム住宅登場!

坂出市内方面や丸亀市内方面にアクセス良好な立地です。

リフォーム内容は、

屋根・外壁塗装をはじめ、室内もきれいにリフォームをしていますので、即入居可能です。

ご興味のある方は👇をご覧ください。

https://www.athome.co.jp/kodate/6966433677/?DOWN=1&BKLISTID=001LPC&sref=list_simple

不動産売却にはどれくらいかかるの?平均期間とプロセスをご紹介!

不動産売却を考えている方にとって、不動産売却のプロセスとその所要時間を知ることは売却の計画を立てる上で重要です。
不動産の売り方として、「買取」と「仲介」という2つの方法があります。

「買取」では不動産会社が直接不動産を買い取り、「仲介」では新たな所有者との売買契約を結びます。
株式会社Lifeスマイルではよりスピーディーに不動産売却を進められる「買取」の方法をとっています。

今回は、不動産の「買取」に必要なプロセスと平均期間に関して順にご説明します。

・売却までの5つのステップ

不動産会社の買取による不動産売却は大きく分けて5つのステップで進みます。

□相談

まずは、不動産会社にご相談ください。
はじめに簡単な買取査定を行います。

□査定・物件調査

売却を希望される物件に伺い、正確な査定を行います。
この際、地盤や基礎部分などに関して調査します。
実際に行って、現地で見なければ分からない細かい部分を考慮した価格を算出します。

□買取価格の提示

査定をもとにして、不動産会社が買い取る価格を示します。
もし買取価格に不満がある場合は、不動産会社との交渉となります。

□売買契約の締結

不動産会社と売り主の両者が合意できる形になると、売買契約を結びます。
買い取り価格はもちろん、引き渡し条件等、相互に納得できるように話し合いを行います。

□代金決済と引き渡し

売却物件からの引っ越しは契約後になります。
決済は銀行で行い、売買代金をお渡しします。

このようなプロセスを経て不動産売却が完了します。

・売却までの平均期間

では、不動産売却にはどれくらいの時間が要するのでしょうか。
不動産会社が直接買い取る場合、最短3日で売買は完了します。

一方で、不動産仲介業者を利用した不動産売却には、平均3か月かかります。
売却に要する時間にこれほどの差が生まれる理由は、2つの方法の買取システムの違いにあります。

買取の場合、不動産会社が売り主が売却したい不動産を買い取るため、すぐに売買契約を結びます。
一方で、不動産仲介では査定し、売却価格を決定したのち、新たな所有者を広告を使って探すこととなります。

物件によってはすぐに買い主が見つかる場合がありますが、そうでない場合もあります。
買い主が見つかってからの契約、入金となるため、買取と比べると時間がかかってしまいます。

・最後に

不動産売却にあたり、「買取」の方法における詳しい流れと、不動産売却に要する期間についてご紹介しました。
よりスピーディーに売却をしたいとお考えの方は、無料の買取査定、丁寧な物件調査を行う株式会社Lifeスマイルにご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム