お知らせ&ブログ

香川で不動産売却をお考えの方へ!不動産売却の流れについてご紹介します!

「不動産売却の流れがわからない」とお困りの方はいらっしゃいませんか。
何度も不動産売却を行っている人は少ないです。
そのため、不動産売却について何もわからなくて不安だという方は多いです。
しかし、不動産売却は流れを知ればスムーズに行えます。
そこで今回は、不動産売却の流れについて香川の業者が紹介します。

□不動産を売り出すまでの流れ

不動産売却では、突然不動産を売り出すわけではありません。
不動産の価格を決めたり、仲介してくれる会社を選んだりするところから始まります。
まずは、不動産の売り出し価格の相場を調べます。
不動産の相場は調べないとわからないものです。
相場を知ることで、スムーズに取引が行えます。
そして、仲介してくれる会社を探します。
不動産を売却するときには、不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。
仲介を依頼したら、物件の価格を査定してもらいます。
そして、準備が整ったら不動産を売り出します。
この際に売り出し価格を決めます。
不動産の売り出し価格は、適切でないと不動産が売れません。
誰も割高の不動産には手を出さないため、高すぎる場合は不動産を売れません。
また、安すぎても不動産は売れません。
なぜなら、安すぎると事故物件と疑われてしまうからです。
不動産売買では値下げをすることが多いです。
そのため、値下げ前提で少しだけ高めに価格を設定しておくのがおすすめです。

□不動産を売り出してからの流れ

不動産を売り出してからも、手続きが多くあります。
まずは、宣伝活動です。
不動産会社に仲介を依頼している場合は、不動産会社が宣伝を行います。
宣伝活動の他にも、不動産を気になる人が現れたら、内覧を行うのがおすすめです。
購入希望者が現れたら、売買条件を交渉します。
交渉の際に、物件情報を開示します。
売り手と買い手双方の合意が取れたら、売買契約を結びます。
売買契約は不動産会社の事務所などで、専門家立ち会いのもと行うのが一般的です。
この時に、手付金として不動産の価格の一部を受け取ります。
契約内容に間違いがなければ、不動産を引き渡して完了です。
不動産の引き渡しは、鍵を手渡すことで物理的な引き渡しとなります。

□まとめ

今回は、不動産売却の流れについて紹介しました。
不動産売却には、さまざまな手順がありました。
初めての方は戸惑うことも多いです。
しかし流れを把握しておくことで、スムーズに売却が行えます。
不動産売却の流れについてお困りの際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

相続財産管理人制度で不動産売却ができるまでの期間は?香川の専門業者が解説!

「相続財産管理について詳しく知りたい」
「相続された不動産を買いたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
相続財産管理は、聞きなじみのない制度ですよね。
そのため、内容が全くわからないという方もいらっしゃいます。
そこで今回は、相続財産管理人制度での不動産売却について香川の専門業者が解説します。

□相続財産管理人とは

人が亡くなった時に、その人の遺産は相続されます。
遺産は、あらかじめ決められた相続人に相続されます。
しかし、まれに相続人が決まっていないケースがあり、これには、いくつかの種類があります。

まずは、天涯孤独で亡くなった場合です。
相続人が全くいないため、その後の手続きができません。
またそのほかに、相続の権利がある人が、全員相続を放棄した場合などがあります。

このような場合、残った財産はどのようになるのでしょうか。
もちろん、持ち主が不明なまま、残り続けるわけではありません。
このような場合は、相続財産管理人の出番です。
さまざまなケースで適用されます。

例えば、相続されなかった財産を管理しなければいけなくなった場合です。
相続していないのにも関わらず管理する場合、自分の物ではないためぞんざいに扱えません。
そのため、他の人に任せた方が楽になります。

また、債権の契約があった場合です。
返さなければいけない物を、返さないまま亡くなった場合、貸した側は損をしてしまいます。
そんな時に、亡くなった人と契約をしていた人との間に入って、財産についての処理をする人が必要になるのです。

□売買契約締結ができるようになるまでの期間

相続財産管理人により相続された不動産は、一定の条件をクリアすれば、売買契約を締結できるようになります。
相続財産管理人の権限は、法律により制限されています。
売買契約の締結は、権利の範囲外なので家庭裁判所の許可が必要です。

相続財産管理人制度では、3回の公告を経て売買契約が可能になります。
1回目と2回目の間に2ヶ月、2回目と3回目の間に2ヶ月の期間が必要です。
さらに、3回目に行われる相続人捜索の公告に6ヶ月必要です。
そのため、売買契約をするためにはこれだけの期間が必要になります。

□まとめ

そこで今回は、相続財産管理人制度での不動産売却について解説しました。
相続財産管理人制度では、かなりの期間を要しました。
また、手続き自体も複雑です。
もし相続財産管理人制度を利用しての不動産売買をご検討の場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

不動産売却の必要経費の内訳は?香川の専門業者が紹介します!

「不動産売却の必要経費が知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際に、現金を確保したいと言う理由がある方は多いです。
しかし、売却活動には経費がかかります。
何に経費がかかるかくらいは把握しておきたいですよね。
そこで今回は、不動産を売却する際の経費の内訳を香川の業者が紹介します。

□不動産売却の経費の内訳

不動産売却には、意外と多くの費用がかかります。
その大まかな内訳は、仲介手数料、印紙税、登記費用です。
実際にいくらくらいかかるのでしょうか。
細かく確認しましょう。

*仲介手数料の詳細

不動産を売却する際には、不動産会社に仲介を頼む方が多いです。
もちろん、自分一人での売却も可能です。
しかし、売却は専門家に任せた方がうまくいくケースが多いと言えます。
そのため、特にアテがない場合は、仲介を依頼します。

不動産会社は、不動産売買の活動を代わりにやってくれます。
不動産を売買するためには、宣伝をしなければいけません。
主に、その宣伝活動を代わりにしてくれます。
その対価として、報酬を仲介手数料として支払います。
仲介手数料は、成功報酬で支払います。
そのため、不動産を売った利益から引かれるイメージです。
仲介手数料は不動産が売れた利益により異なります。

例えば販売手数料が400万円の場合、販売価格×3.24%+6万4,800円の計算式で求められます。
この場合の手数料は、約20万円です。

*印紙税の詳細

不動産が売れたら、売買契約をします。
その際に、契約書が必要です。
その契約書には、収入印紙を張らなければいけません。
この、収入印紙に印紙税がかかります。
印紙税も、利益によって金額が変わります。

不動産の販売価格が、50万円以下の場合、1000円以内で済みます。
しかし、5000万円を超えると3万円、1億円を超えるとそれ以上になります。
販売価格に比べると大した額ではありませんが、必ず支払わなければいけないため、把握しておきましょう。

*登記費用についての詳細

登記費用とは、抵当権を抹消するための費用です。
登記自体にはそこまで費用はかかりませんが、一般的に登記は司法書士に依頼します。
その依頼の際に費用が発生します。
依頼手数料は、1万円程度が相場です。

□まとめ

今回は、不動産を売却する際の経費の内訳を紹介しました。
不動産売却にはさまざまな費用がかかりました。
この他にも、引越し費用などがかかる場合があります。
自分がどのような環境で不動産を売却するのかによって、費用総額を見極めましょう。

香川県で不動産売却をお考えの方必見!一戸建ての必要書類を解説します

「不動産売却の必要書類って何種類あるのだろう?」
「一戸建ての必要書類はいつまでに提出したら良いのだろうか?」
このように、不動産売却に関する必要書類を知らない方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県にお住まいの方に向けて不動産売却の中でも一戸建てに関する必要書類を解説します。

□一戸建て売却の必要書類とは?

一般的に不動産売却に必要な書類は多くあります。
今回はその中でも一戸建て売却の必要書類で、確実に用意しなければならない4種類の書類について詳しく解説していきます。

*身分証明書

一戸建て売却の時には身分証明書が必要です。
身分証明書には1点で身分証明を行えるものと、2点必要な身分証明書があるので注意しましょう。
1点で身分証明を行えるものは自動車運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、写真付き基本台帳カード、写真付き身体障害者手帳の5種類です。
可能な限り上記の1点で身分証明を行えるものを身分証明書として使用することをオススメします。
もしも上記の身分証明書がない場合は国民年金手帳、印鑑証明書、健康保険被保険者証などの写真がない身分証明書の中から2点用意しましょう。

*実印と印鑑証明書

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に、ご自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことを言います。
この印鑑が本物か証明するための書類が印鑑証明書です。
印鑑証明書は代理人が発行できますが本人が役所や証明サービスコーナーの窓口で発行してもらうことをオススメします。
その時に必要なのが、マイナンバーカードまたは印鑑証明書、本人確認書類、手数料300円です。

*登記済権利書、または登記識別情報

登記済権利書、または登記識別情報は売却予定の不動産の所有者を証明する書類です。
一戸建ての購入をした時に法務局から発行されている書類です。

*固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

固定資産税納税通知書は毎年1月1日に不動産の所有者に対して送られる書類です。
固定資産税は毎年1月1日時点の不動産の所有者が支払うことになっています。
そのため、残存期間分の固定資産税を売主と買主で分割するための必要書類です。

□まとめ

今回は、香川県にお住まいの方に向けて不動産売却の中でも一戸建てに関する必要書類を解説しました。
当社では、不動産売却についてのご相談を随時受け付けております。
不動産売却の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

香川県で投資用不動産売却をお考えの方へ|仲介手数料と仕訳について解説します

「投資用不動産売却の時の仕分の目的について知りたい。」
「仲介手数料の計算を行う時に注意事項はあるのか知りたい。」
このように、不動産売却の仕訳について悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県で投資用不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の注意事項と仕訳を理解する目的について解説します。

□なぜ投資用不動産売却で仕訳を理解する必要があるのか?

不動産売却を行う時に仕訳の理解をする必要がある理由は2つあります。
1つ目は会計処理を正確に行い、正確な金額を納税するためです。
正確な会計処理ができていないと脱税になってしまうことや税金の支払い過ぎに繋がるので注意しましょう。
2つ目は仲介手数料の支払い過ぎないようにするためです。
仲介手数料は税抜き価格に対して発生する手数料ですので消費税の仕訳を理解しておく必要があります。
仕訳を理解して正確な会計処理と支払いを行うようにしましょう。

□不動産売却の仲介手数料計算前に理解しておくこと

不動産売却を行う時の仲介手数料の計算には消費税の課税の対象または非課税なのか理解する必要があります。
土地は消費税の課税対象ではありませんが、建物は消費税の課税対象です。
つまり、売却する時の土地の売却価格を除いた建物の売却価格のみに対して10%の消費税を支払う必要があります。
仲介手数料は消費税の金額を抜いた売却価格に対して手数料をかけられます。
消費税込みの販売価格に対して仲介手数料がかけられていないか注意しましょう。

□投資不動産売却を行う時の注意事項

アパートのような投資物件を売却する時には注意しなければならないことがあります。
売却時に駐車場料金、各種積立金、管理費など売却後の料金をもらっていると思います。
しかし、これらは売却前までの金額分のみしかもらえないので翌月分は返金するように覚えておきましょう。
その時に、収益から減額するのを忘れてしまうと納税額が増えてしまうので気を付けましょう。
会計処理は正確に行わなければ税金を支払い過ぎてしまう危険性があるので、少しでも不安な点があれ専門家に確認することをオススメします。

□まとめ

今回は、香川県で投資用不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の注意事項と仕訳を理解する目的について解説しました。
当社では、不動産売却についてのご相談を随時受け付けております。
不動産の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

香川県で不動産売却をお考えの方へ|仲介手数料の相場を解説します

「不動産売却の仲介手数料って何の費用だろうか?」
「不動産売却に仲介手数料はいくらなのかな?」
このように、不動産売却を行う時に仲介手数料について疑問に思われる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県で不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の相場を解説します。

□不動産売却の仲介手数料とは?

不動産売却を行う時に自分で買主をみつけて契約まで行うのは大変ですよね?
そこで、不動産会社に仲介してもらうことで円滑に契約ができます。
不動産売却の仲介は集客、物件の案内、契約条件の交渉、法律の要件の調査、書類の作成、引き渡しといった役割があります。
このように不動産売却にあたって多様な業務を代わりに行っています。
そのための費用として消費者は仲介手数料を支払います。
不動産会社を仲介することで安心して不動産の取引ができます。

□仲介手数料を支払うタイミング

仲介手数料は不動産業者の成功報酬です。
つまり、売買契約が成立した時に仲介手数料が発生します。
しかし、仲介手数料を支払うタイミングは行政庁が定めている通り、売買契約時に50%と決済時に残りの50%を支払うのが一般的です。
売買契約が解除された場合にも仲介手数料を支払う必要があるのか契約前に確認しておきましょう。

□不動産売却の仲介手数料の相場はいくら?

仲介手数料は基本的に取り扱う物件価格の3%+6万円が上限だと法律で定められています。
一般的に仲介手数料は法律が定める上限の金額であることが多いです。
しかし、キャンペーン、イベント、交渉などで仲介手数料が安くなる場合もあります。
さらに、当社が行っている不動産買取では手数料が一切発生しない上で、不動産を早く現金化できるのでオススメです。

□仲介手数料無料の業者は大丈夫なのか?

業者の中には不動産仲介を行っているが、仲介手数料を取らない業者もあると思います。
このような業者は信頼して良いのか疑問に思いますよね?
仲介手数料を取らない業者は代行手数料や広告費用のように別の名目で仲介手数料分の金額を請求してくることがあります。
そのため、事前に自分が支払う手数料があるのか確認しましょう。

□まとめ

今回は、香川県で不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の相場を解説しました。
当社では、不動産の仲介についてのご相談を随時受け付けております。
不動産の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

香川県で不動産売却をお考えの方必見|税金対策のポイント3点解説します

香川県で不動産売却の際の税金対策についてお困りの方はいませんか?
「不動産売却にはどのような税金を支払わなければならないのだろう?」
「いくら税金を支払えば良いのだろう?」
このように、不動産売却を行う時に税金について悩まれる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、不動産売却をお考えの方に向けて税金対策のポイント3点解説します。

□不動産売却に必要な税金の種類

不動産売却には最大以下の4種類の税金を納める必要があります。
・印紙税
・登録免許税
・住民税(利益が出た場合のみ)
・譲渡所得税(利益が出た場合のみ)
この中で不動産売却を行ったときに利益が出た場合のみ必要な税金は住民税と譲渡所得税です。
自分がどの種類の税金を支払う必要があるのか確認して納税忘れが無いように気を付けましょう。

□税金対策のポイント

税金対策の方法として3つのポイントを紹介します。

*「3,000万円の特別控除の特例」を利用する

まず、以下の計算式で課税譲渡所得を求めましょう。
「課税譲渡所得=譲渡価格―取得費―譲渡費用―特別控除」
課税譲渡所得から3000万円引いた金額が利益になります。
この特例を適用すると通常の所得にそのまま税率がかかる時と比べて所得が少なくなります。
そのため申告する所得が少なくなり、節税できます。

*保有期間5年を超える

不動産売却を行う時に保有期間によって税率が変化します。
保有期間が5年以内の場合は税率が39.63%に対して5年を超える場合は20.315%になります。
課税譲渡所得が大きい場合に長期譲渡所得が適用されると、大きな節税に繋がります。

*損失のある物件との相殺

稀に不動産売却の時期が重なる場合があります。
このような場合は黒字と赤字を相殺した後に納税すると節税できます。

□不動産売却の税金対策の例

以下の条件で不動産売却を行った時の計算方法についてみていきましょう。
・不動産売却価格:4,000万円
・不動産購入価格:3,000万円
・購入時諸経費:300万円
・売却時諸経費:300万円
・所有期間:7年
課税譲渡所得=(4,000万円―3,000万円―300万円―300万円)=400万円
所有期間が5年を超えているため、長期譲渡所得になります。
よって、所得税と住民税の納税金額は以下のようになります。
所得税&住民税=400万円×20.315%=約81万円

□まとめ

今回は、不動産売却をお考えの方に向けて税金対策のポイント3点解説しました。
当社では、不動産売却の税金対策についてのご相談を随時受け付けております。
不動産の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

香川県で不動産売却を考えている方必見|確定申告の流れを解説します

「不動産売却の確定申告の流れがわからない。」
「どのように確定申告をしたら良いのだろうか。」
このように、不動産売却をする時に確定申告の手続きについて悩まれる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県で不動産売却を考えている方に向けて確定申告の流れを解説します。

□確定申告とは?

確定申告とは政府が個人の所得を把握し、所得税の金額を決定するために行う手続きです。
通常会社員の方は会社が確定申告を行うため、自分では行いません。
しかし、不動産売却を行う時は自分で確定申告を行わなければなりません。

□不動産売却に確定申告は必要なのだろうか?

不動産売却の確定申告は売却益が出た場合に所得税の金額を決定するために行います。
しかし、損失が出ても義務はありませんが税金の還付を受けられる可能性があります。
つまり、売却益が出ても損失が出ても確定申告を行うようにしましょう。
確定申告は手続きを忘れてしまった場合や少なく報告してしまった場合に確定申告で納める必要がある金額に追加で税金を支払わなければいけません。
よって、必ず期日内に正確な金額を確定申告で伝える必要があります。

□確定申告の流れ

確定申告は基本的に不動産会社や税務署の方と相談しながら行うのがオススメです。
税務署の方はしっかり納税しようとしている人に対して親切に教えてくれるのでわからないことがあれば何でも聞きましょう。
ここからは確定申告の3つの流れを解説します。

*所得の計算を行う

計算を行う前に国税庁の「確定申告書作成コーナー」を開きましょう。
そして、以下の計算式で所得の計算を行います。
「課税譲渡所得=譲渡価格―取得費―譲渡費用―特別控除」
わからなければ不動産会社、国税庁、町役場の確定申告のイベントで聞いてみましょう。

*必要書類の準備

必要な書類は「除票住民票」、「譲渡資産の登記事項証明書」、「譲渡所得計算明細書」、「住宅借入金の残高証明書」です。
これらの中で所得がプラスまたはマイナスか、によって必要書類が変わりますので注意しましょう。

*税務署で手続きを行う

用意した書類を期限に余裕をもって税務署提出するようにしましょう。
確定申告の金額を間違えて報告すると罰則があるので税務署の担当の方と確認をしながら提出するようにしましょう。

□まとめ

今回は、香川県で不動産売却を考えている方に向けて確定申告の流れを解説しました。
当社では、不動産売却を考えている方に向けて確定申告の流れについてのご相談を随時受け付けております。
不動産売却の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

不動産売却の委任状とは?香川県の業者が解説します!

「不動産売却を行いたいが、遠方に住んでいて不動産売却手続きができない。」
「忙しくて不動産売却手続きを行う時間がない。」
このように、不動産売却を行いたいが遠方に住んでいる方や時間がない方も多くいらっしゃると思います。
しかし、不動産売却には手続きを他の人に任せられる委任という制度があります。
そこで今回は、不動産売却の委任について香川県の業者が解説します。

□委任とは?

委任とは法律行為をすることを相手方に頼み、相手方がこれを承諾することにより成立する契約と定められています。
また、手続きを頼まれた側の人のことを代理人と呼びます。
似たような概念で使者というものがあります。
しかし、委任と違って使者は自分で意思決定を行う力はありません。
不動産業界において委任制度が多く用いられるケースとしてはある不動産会社が所有しているマンションを別の不動産会社が販売する時に委任契約を行います。
個人で不動産売却をする時にも委任できる場合があるのでみていきましょう。

□不動産売却で委任するのはどのような場合だろう?

以下の4つの場合に委任制度が用いられる場合があります。

*不動産会社が遠方にある場合

自分が海外に住んでいて日本の不動産会社と立ち会って契約を行うのが難しい時に親族などを委任する場合があります。
距離的に遠い時だけではなく入院しているときや、高齢で所有者の外出が困難な場合に委任がされる場合があります。

*契約のための時間を確保できない場合

仕事が忙しい場合は親族や専門家に委任することで不動産売却手続きを進めることがあります。

*取引が難しい場合

稀ではありますが、複雑な取引で不安な場合に弁護士や司法書士に委任し取引を進めることもあります。

*共有持分の不動産売却を行う場合

共有持ち分の不動産売却を行う場合は所有者全員が立ち会って手続きを行う必要があります。
しかし、共有持ち分の人数が多くて全員集まるのが困難な場合は委任することで円滑に契約を進められます。

□委任状作成の注意事項

委任状を作成する時には注意しなければならないことがあります。
自分が委任する権利を明確に定めておかなければ納得いかない契約を結ばれてしまう原因になります。
委任状に記載されている範囲を超えて契約を結んだ時には無効になってしまうからです。

□まとめ

今回は、不動産売却の委任について香川県の業者が解説しました。
当社では、不動産売却についてのご相談を随時受け付けております。
不動産の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

香川県在住の方必見|不動産売却をして現金化するまでの流れをご紹介!

「不動産売却から現金化するまでの期間について知りたい。」
「不動産売却の流れを知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
売却にかかる期間や売却の流れは、すぐに引っ越しをしたい方には有益な情報だと思います。
そこで、この記事では売却にかかる期間や売却の流れについて説明します。

 

□不動産売却から現金化するまでの期間について

基本的に売却の際に現金化するまでにかかる日数は約1週間から最大1ヵ月と言われています。
手続きがスムーズに進むと最短3日で終わることもあります。
現金化を早めるには売却を買い取りで行うか、仲介で行うかを選択することが必要です。
しかし、より早く現金化できるのは買い取りです。
仲介の場合はインターネットや広告で宣伝し、購入希望者が見つかるまで売却ができません。
加えて、買い取られない限り、引っ越し先の物件を決めることもできないので、引っ越す時期も考慮する必要があります。
一方で、買い取りは査定や売却価格に両者が合意すればすぐに契約できるので、よりスムーズに売却できます。
また、買い取りだと、物件の所有権が売主から不動産業者へと移行します。
その後の不動産や土地に関するトラブルが起きたとしても、売主が責任に問われることはないので心配はいりません。

 

□不動産売却の流れ

*売却のご相談・査定

売却のご相談をされてから、業者が実際に物件調査を行います。
また、立地条件や劣化状況、築年数を把握して評価書を作成します。
このときに作成する評価書が、買い取り価格の金額を決めることにおいて重要な書類です。

*買い取り価格の報告

全ての査定が終了したら、売主に買い取り金額が報告されます。
この際の金額が最終金額になるので、金額の交渉はこの時しかできません。
そのため、質問や不明な点があればすぐに不動産業者に質問してください。

*売買契約を結ぶ

買い取り価格に納得した場合は、引き渡しの条件を話し合った後に、両者の合意の元で契約を交わし、引き渡し日を決定します。

*代金決済・引き渡し

売買契約を交わした後は、引っ越しの準備も同時に始めます。
抵当権の抹消手続きや引き渡しの手続きを済まし、口座に売買のお金が振り込まれます。

 

□まとめ

今回は不動産売却にかかる期間や売却の流れについて説明しました。
上述したことを把握しておくと、引っ越しの準備もしやすくなります。
また、当社は買い取り業者なのですぐに現金化したい方にはおすすめです。
香川県付近にお住まいの方は気軽に当社にご相談ください。

 

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム