お知らせ&ブログ

香川県で不動産売却を検討されている方必見!司法書士の費用はどれくらい?

「不動産売却をしたいな」
「司法書士の費用ってどれくらいなのだろう」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
不動産売却の際には、ほとんどの方が司法書士にお世話になります。
しかし、初めての方にとって分からないことも多く、不安になりますよね。
そこで今回は、不動産売却を検討されている方に向けて、司法書士の費用についてご紹介します。

□司法書士とは?

司法書士は、裁判所や検察所、法務局に提出する必要がある書類の作成や、登記手続きに関して代理で行ってくれます。
そのため、わたしたちの身近な問題を解決するための法律の専門家と言うことができます。

□不動産売却での役割

不動産を売却する際に、司法書士は「登記の代行」を行っています。
登記とは、「権利の登録」を指します。
売却の際には、登記が完了することで売却は完了となります。
この登記を代行しているのが司法書士の仕事なのです。

□費用の目安は?

*相場は3~4万円

売却をする際の司法書士依頼は、約15000円ほどです。
しかし、抵当権抹消登記をする際には、登録免許税として1000円課されるため約16000円となります。
この他に、登記費用なども含めると約3万円から4万円が相場となります。
実際の司法書士事務所が掲げている報酬体系をみても、ほとんどの事務所は3~4万円程度を報酬としています。

*売買価格で変わることも

不動産売却の金額によっては、費用が変わることがあります。
事務所によっては、1000万円を超えると費用が加算されることがあるので注意しましょう。
しかし、5000万円を超えない場合では、大体5~6万円あれば十分でしょう。

*費用は売主と買主で異なることも

依頼する事務所によっても変わってしまいますが、依頼の際にかかる費用が売主と買主で異なることがあります。
そのため、事務所によっては値段が変わる可能性があることを事前に知っておきましょう。
中には、費用を売主と買主の双方ともに払う可能性もあるため、依頼する前に事前に確認することをおすすめします。

□まとめ

今回は不動産売却を検討されている方に向けて、司法書士の費用についてご紹介しました。
なかなか普段生活しているだけでは、司法書士について馴染みがありませんよね。
ぜひ今回の記事が、不動産売却を検討されている方のご参考となれば幸いです。
また、当社では、不動産売却に関するご相談やお見積りを随時、承っております。
ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。

香川で不動産売却を考えている方必見!匿名で査定する方法とは?

現代では、多くのサービスの利用において個人情報を明かす必要がありますよね。
特に、査定サービスを最初に利用する人は、個人情報を受け渡すときに、たくさんの電話やメールがかかってくるのではないかと不安を持っている方が多いと思います。
しかし、匿名で査定を受けることができれば、個人情報を受け渡さず、査定を受けることが可能になります。
そんな方に、ぜひ知ってもらいたい不動産を匿名で売却する方法と、その方法のメリットとデメリットについてご紹介します。

□ポータルサイトの利用

最近は、以前の新聞やチラシよりインターネットのポータルサイトを利用する方が増えています。
なので、不動産を購入する人は、ポータルサイトで情報を集めてから不動産会社に問い合わせるのが一般的となりました。

*ポータルサイトを利用するメリット

これは、ほかの物件がどれほどの価格で売られているかを知ることができるというメリットがあります。
ポータルサイトを普段から見ていると、この物件がいくらで売れるかという相場が見えてくるだけでなく、購入者の目線も理解できるので、勉強になると思います。

*ポータルサイトを利用するデメリット

ポータルサイトを使うデメリットは、売り出し価格しか割り出せない点です。
そのため、査定額は少し上がります。
しかし最近は以前とは異なり、売り出し価格と成約価格の差がなくなってきています。
なので、この方法は戸建といった売り出し価格と成約価格の差が0に近い場合に、査定しにくいというデメリットが生じます。

□匿名サイトの利用

不動産の査定を匿名で利用できる2つ目の方法が、匿名サイトを利用することです。
もちろんこういったサイトは匿名で利用するので、購入する人からみても利用しやすいです。

*匿名サイトを利用するメリット

匿名サイトを利用するうえで最大のメリットは精度が高いことです。
ポータルサイトでは精度が悪かった戸建などにおいても、正確に査定できます。

*匿名サイトを利用するデメリット

匿名サイトを利用するデメリットは、精度は高い一方で、正確さは保証されない点です。
これは内覧しないために、匿名サイトは破損等の問題点は考慮されないからです。

□まとめ

このように、匿名の方法は両方に良い点と悪い点があり、どちらが良いとは一概に言えません。
このようなデメリットを懸念される方は、不動産会社で査定してもらうことをおすすめします。
少しでも悩まれている方がおられましたら、ぜひ当社にご相談ください。

【香川県にお住まいの方】扶養から外れる?不動産売却の条件を徹底解説

相続をきっかけに、いきなり不動産を手にした専業主婦の方など、不動産の売却を検討中の方はいらっしゃいませんか?
しかし、不動産の売却で収入を得る場合、「扶養から外れてしまうの?」「税金が高くなるの?」といった心配をお持ちの方も多いはずです。
この記事では、そういった不安を持つ方に、扶養から外れるか、そして外れる条件をご紹介してきます。

□どうしたら扶養から外れてしまうのか?

不動産を売却すると当然収入を得ることができます。
その収入を得たときに、費用によって扶養を外れてしまう恐れがあります。
この際に確認すべきなのが、譲渡所得の有無です。
譲渡所得とは、資産の譲渡によって得る所得のことで、今回の場合、不動産を売ることで手にする利益に相当します。
譲渡所得は後程計算方法をご紹介いたしますが、価格が38万以上である場合、その年だけ控除を受けることが不可能となります。

□譲渡所得の計算方法

譲渡所得は、譲渡収入金額から取得費と譲渡費用を足したものの差額分となります。
譲渡収入金額とは建物の譲渡代金にあたり、取得費は次の2通りの計算方法が存在します。
1つ目は、実額法と言って、土地建物の購入代金と取得にかかった費用の合計から、建物の減価償却費を引いた金額となります。
2つ目は概算法と言って、譲渡収入金額の5パーセントとなります。

□不動産売却時に確認するべきこと

近年不動産価格は値上がりするケースはほとんどありません。
しかし、利益が大きくなりすぎた場合、扶養から外れてしまうので、確認は怠るべきではないでしょう。
不動産売却で利益を得ても結局、年収が減ってしまえば意味がありません。
では、どのようなことを確認しておけばよいのでしょうか?

*取得費用

取得費を知っておかないと、譲渡所得が高くなり、扶養から外れてしまう可能性が出てきます。
譲渡所得を先ほどご紹介した計算方法で、正確に出して譲渡所得がマイナスであれば、扶養から外れる心配は少ないので、この確認は怠らないようにしましょう。

□まとめ

以上、扶養から外れる条件についてご紹介してきました。
何度も、確認しますが、扶養から外れないためには譲渡所得が38万円をこえないことが条件になります。
扶養から外れると、税金の影響、配偶者控除への影響と、せっかく利益を得たのに、結果収支が落ちるといった場合も考えられます。
不動産売却をする際は、上記のような確認を怠らずにすることが大切でしょう。
何か少しでも不安なことがあれば、専門家である不動産会社に相談することをぜひおすすめします。

香川で不動産の売却|離婚の際の財産分与で注意すべきポイント

いろいろすれ違いがあり、離婚を考えられている方もいらっしゃると思います。
もめていた場合これ以上もめ事を増やすことは、あまりしたくないですよね。
家などの不動産を持っておられる場合、もめごとに発展するケースが多いです。
この記事では、その原因となる「離婚して不動産を売却する際に、どのように分与すべきなのか」を紹介していきます。

□知っておくべき知識

*財産分与の割合

財産分与とは、離婚した片方がもう片方に対して財産を分け与えるというものです。
不動産はこの財産分与に含まれます。
結婚されているときは、財産は共有のものでしたが、離婚された場合共有のままにはしておけません。
財産は分ける必要があり、原則としてお互い半分ずつとなります。

□財産分与の注意点

*保証人について

夫婦の共有名義の場合、ただちに売却となります。
しかし多くの場合は、夫もしくは妻が単独名義であっても売却するケースです。
ここで確認しておく店は連帯保証人です。
住宅ローンを組む際に、どちらか一方が連帯保証人にすることが、ルールとなっている場合が多いためです。

*連帯保証人について

ごくまれに連帯保証人に自分がなっていることを知らずに、そのまま離婚する夫婦がいます。
この場合、住宅ローンが払えなくなった場合、連帯保証人に回ってきます。
単独名義の方が住宅ローンを支払えなくなった際に、音信不通になり、姿を消すということも少なくありません。
この場合、連帯保証人が住宅ローンを払わなければいけないので注意しましょう。

*売却検討がおすすめ

離婚をする際には、連帯保証人になっている不動産は売却することをおすすめします。

□財産分与のおすすめの方法

上記のようなさまざまな問題が考えられるので、おすすめの分与方法は売却した資金を分けることです。
売却するときは、不動産会社に仲介してもらうことをおすすめします。
この場合仲介手数料はかかりますが、トラブルが起こってからでは遅いですよね。
また、住宅ローンがまだある場合、住宅の資金をローン返済にあてなければ、いけないので手取り分のお金が減ることに注意しなければいけません。

□まとめ

このように、不動分与はあいまいな知識で行うとトラブルにつながる可能性が非常に高いです。
離婚という大きな決断を選択したのに、そのパートナーと再びトラブルを起こすことは誰しもが避けたいことだと思います。
そのような不安を少しでも解消されたい方は、ぜひ当社にご相談ください。

香川で不動産売却を検討している方!立退き料の支払いについてご紹介

「立退料」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
立退料とはどういったものでしょうか?
そもそも立退料について、法律で明確に定義されたものはありません。
そのため、実は賃貸人には支払う義務はないのです。
あくまでも、賃貸人がこれまで家賃を払ってくれた方に対する心遣いということを覚えておいてください。

□立退料について

*賃貸人の都合によるもの

賃貸人は賃借者に対して、立ち退きのためのきちんとした理由を告げる必要です。
例えば、賃借者はそれほど感じていなかったが、賃貸人がいきなり「古くなって建て替えたくなったため、立ち退いてください」と言っても文句を言われるのは当然です。
この場合、賃貸人としても立ち退いてもらわないと不都合が生じるので、立退料を支払うことで賃借者の立ち退きを交渉します。
また、立ち退いてほしい理由が多少不適切であっても、裁判に持ち込むと立退料を支払うことを評価されて、立ち退き要求を認めてもらえる場合が多いです。

*賃借者の原因によるもの

上記のように、立退料は賃貸者がどうしても賃借者に対して立ち退いてほしい場合、その交渉のために支払うものだと紹介しました。
そのため、賃借者が原因の場合、立ち退き料は支払う必要はありません。

□不動産売却にあたっての交渉について

上記でも例に挙げたとおり、賃貸者として建物の老朽化といった理由から、建物を立て直す事例を紹介しました。
しかし、あまりにも老朽化が激しく、建て直す費用が出せなくなることも考えられます。
賃貸者の中には土地として不動産を売却したいと考える方も少なくありません。
この場合、マンションなどを売却する場合は移住者がいても売れますが、土地を売る場合は取り壊すことになるので、賃貸者に引っ越しをしてもらうしかありません。

□料金の相場

上記のように、賃貸者は賃借者に納得してもらえるよう、立退料を設定、書類の準備をする必要があります。
しかし、費用の相場としては、新しい住居の費用や引っ越しにかかる費用を支払うことが一般的です。
立ち退きについては、冷静な判断をされることをおすすめします。
いきなり、立ち退いてくださいと言っても、怒りを抑えられない賃借者が多いと思います。
このために、立退料の設定は重要であり、賃貸者、賃借者のお互いが納得できる交渉が必要です。

□まとめ

このように、立退料の交渉は、専門家でないと難しい思われる方も多いと思います。
一括で引き受けてもらえる業者が安心です。
ぜひ、そのような方は当社にご相談ください。

【香川県にお住まいの方】不動産の売却と購入を同時にする際の注意点

家の買い替えにおいて、「家の購入と売却を同時にしたい!」と思われている方、おられると思います。
しかし、「同時になんて簡単に言うけど本当に大丈夫?」と、不安に思われている方も多いはずです。
今回のこの記事では、不動産の売却と購入を同時にお考えの方に、ぜひ知ってもらいたい、同時売却の注意点についてご紹介します。

□購入と売却を同時に行うスケジュール管理

購入は不動産取引においてスケジュール調整がとても難しいです。
これは、購入される方にとって、住む場所を変えるという行動です。
特に、売却と購入を同時に行うのは注意が必要です。
スケジュール管理と一言で言っても、実際には購入と売却は別々のタイミングで行います。
実際には、先に見つかった方のスケジュールに合わせて、もう一方の取引を進める必要があります。
具体的には、売却が先に決まれば、自宅を引き渡すまでに、入居できる物件の確保が必要です。
購入が先に決まれば、引き渡しの期限までに、自分の物件を売却してその代金を受け取っておさめる必要があります。
購入する側、売却する側どちらかに住宅ローンなどがある場合は、さらにその日程も影響してくるでしょう。
このスケジュール管理がうまくいかなかった場合、契約解除といったことも生じる可能性があります。
このように、スケジュールは管理が難しく、重要です。

□確実な資金計画

多くの方が、売却の資金を購入の資金に回すことを検討されていると思います。
しかし、当初お考えだった見込みよりも価格が低い場合、購入に大きく影響する可能性があります。
売却の資金でもローンを返しきれないときに、その残り金と購入金額をまとめて貸してくれるサービス「買い替えローン」といったサービスもありますが、比較的審査が厳しいものとなっています。
売却における査定額、購入する物件の予算、これらは簡単に考えず、しっかりと考える必要があります。

□まとめ

上記のとおり、スケジュール管理や資金の計画において意思決定は非常に難しいものとなっています。
このようなことを、自分自身だけの判断に任せて行うのは、非常に難しいことだと思います。
そういった方は、ぜひ当社に足を運んでください。
当社では、高松市を中心に不動産売買仲介、不動産購入をメインに取り扱っております。
不動産業の歴が長く、これまで多くの取引をしてきた経験があります。
不動産の購入と売却を同時にお考えの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

【香川県在住の方】知らないと損する!不動産売却時の水道やガスの対応

マンションの売却時に、水道やガスをどうしたらよいのか対応に困っておられる方も多いと思います。
これは実は非常に重要で、止める時期を間違えるとその後の売却の契約時に損をする可能性があります。
実は水道、電気とガスでは止めるべきタイミングが異なります。
ガスは電気、水道と違い、すぐに止めてもよいのです。
以下では、不動産売却時に水道などのライフラインの対処法を紹介します。

□水道のタイミング

水道を止めるべきタイミングは決済、引き渡し日です。
不動産を売却する場合、売却する前に引っ越して、不動産をからにしておかなければなりません。
また、からにするだけでなく掃除しなくては、売れないといった可能性も出てきます。
しかし、水を止めた場合、掃除することが困難です。
引っ越し後も定期的に掃除しなければ当然人が住んでいなくてもホコリはたまるばかりです。
この場合、「水道代金がもったいない」「遠方に引っ越した際に、わざわざ帰ってくるのは負担が大きい」などの心配事をされる方も多いと思います。
しかし、水道は水道局に掃除をする日だけ使用しますと電話で伝えておけば、一日使用にすることもできます。
また、遠方に引っ越される方も、定期的に掃除を行ってくれる不動産会社もあります。
このような悩みがある方はぜひ相談することをおすすめします。

□電気のタイミング

電気も水道と同様に止めるタイミングは決済、引き渡し日です。
不動産を空にしてから、売却する場合、購入希望で来られたお客様に対して電気が止まっていると印象が最悪です。
ここでの内覧の印象によって、お客様は購入するかの決断をされます。
電気がつかず、暗い印象の部屋を見て購入してくださる可能性は低くなると思います。
さらには、電気がないとエアーコンディショナーなど室温管理もできないので、お客様に快適に内覧していただくことができません。
また、内覧されない場合も、部屋の採寸をとるために不動産を訪れるケースもあります。
このように、電気がないと不便なことが多いので、決済、引き渡し日まで止めないのが良いと思います。

□ガスのタイミング

上記のように、水道や電気はすぐ止めてしまうのは、不便だということがご理解いただけたと思います。
次に、ガスの止めるべきタイミングですが、引っ越し日に停止することをすすめます。
なぜなら、電気や水道のように内覧にお客様が来られてもガスを使用する必要はないからです。
むしろ、ガス料金を払い続けるマイナス要素が多いので、ガスはすぐ止めるようにするとよいでしょう。

□まとめ

以上、不動産売却時の水道などのライフラインの取り扱いについて紹介しました。それぞれ、止めるべきタイミングを間違えるとマイナス要素につながるので、適切なタイミングで止めるようにしましょう。

香川で不動産売却をしたい!高価格で売れる時期とは?

不動産を所有している方にとって、いつ売るかというのは頭を悩ませる問題でしょう。
買った時よりも高価格で売ることを目的としているので、どの時期が狙い目なのか知りたいですよね。
市場価格の波を判断するのは難しくても、売却の時期を考えると比較的高値で売ることができます。
そこで今回は、不動産売却をおすすめする時期について解説します。

□タイミング

不動産を売って得られる利益が譲渡所得です。
これには、給与などとは別に所得税と住民税が課せられます。
譲渡所得の税率は、不動産の所有期間によって異なります。
所得期間が5年以下で売却した場合、約39%の税金がかかるでしょう。
また、所得期間が5年以上で売却した場合、約20%に抑えられます。
そのため、市場価格が上がっていても、5年を超えてから売るのが得策でしょう。
もちろん、確定申告を忘れてはいけません。

□季節

不動産には、売れやすい季節があります。
それは1~3月頃と言われています。
新年度に向けて引っ越しを検討する人が多いので、4月が始まる前の間が狙い目ということになります。
しかし、この時期は需要に対して供給量も多い傾向があります。
競争率が高まるので、必ず高く売れるとも言い切れません。
人によっては人事異動があるので、夏の終わりから秋口にかけても高く売れることがあるでしょう。

□周囲の環境

所有している不動産の近くで、大規模にマンションが建設されているという方は、早めに売却したほうが良いかもしれません。
特定の場所で多くの不動産売却が行われると、相対的に周囲の相場価格が下がることもあります。
そうなる前に、近くで開発などがされていないか注意しておく必要があります。

□市場価格の見極め

不動産の市場価格が上がっていると、「もう少し上がるから待った方がいいのでは。」と売却に尻込みする人がいます。
しかし、市場の動向を正確に予測するのは非常に困難です。
タイミングを逃さないために、買った時と比較して考えてみましょう。
欲を出し過ぎて価格が下がる前に、少しでも利益があるうちに売ってしまう、というのが基本的な考え方です。

□まとめ

今回は不動産売却をおすすめする時期について解説しました。
ここまでおすすめの時期を紹介してきましたが、条件次第では一年中売ることも可能です。
困ったときは、不動産会社に査定してもらうのも一つの手でしょう。
その際、いくつかの会社を比較するのがおすすめです。
上述した内容を意識しながら、自分にとって一番良い時期を見極めましょう。

 

不動産売却のときに高価格で売るコツとは?香川の不動産会社が解説

不動産売却を決めている方は、少しでも高価格で売りたいですよね。
何も考えずに高い値段を設定しても、売れないことは明らかです。
しかし、低すぎても売りたくありません。
そこで今回は、不動産を高価格で売るコツについて解説します。

□売却の計画を立てる

不動産売却は思い立ってもすぐにできるものではありません。
一般的に、不動産業者と契約してから買い手との売約を交わすまで1~3か月程度が目安です。
売約が確定しても、実際に物件を引き渡すまでさらに1~3か月ほどかかります。
それを見込んで売却の活動をすると、価格設定に迷うことが減るでしょう。
売約してから「本当はもっと高く売れたのではないか。」と後悔しないように、先を見据えたスケジュール管理が必要です。

□イベントの開催時期に合わせる

2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博に向けて、都心付近では不動産価格が上昇傾向にあります。
買い手はそこに住みたいからではなく、観光客向けのビジネスや新たな投資として購入したいと考えています。
開催後は不動産価格が下降するとも言われているので、イベント前後の価格動向に注目しておいたほうが良いでしょう。

□売りたい価格と売れる価格を考える

売りたい価格と売れる価格は別物として捉えましょう。
設定が高価格すぎると、そもそも購入者の希望にヒットしません。
いつまでも不動産売却の契約が結べないまま、価格を下げざるを得なくなります。
売却の計画を立てたら、スケジュールに沿って値段を相場平均に設定しましょう。

□買いたくなる価格を設定する

購入を検討している人は、少しでも安い価格で買いたいと思っています。
契約を成立させるためには、安いと思ってもらう必要がありますよね。
例えば2,000万円で売りたい場合、価格を1,980万円にします。
4,000万円で売りたい場合は、価格を3,980万円に設定します。
最後の数字を8や9にすると、人は安く感じる傾向があります。
これは多くの販売店で利用されている考え方です。
値段をあまり変えずに安く見せられるので、ぜひ覚えておきましょう。

□内覧で好印象を持ってもらう

家を購入するとき、物件を実際に確かめずに購入する人はほとんどいません。
内覧時の印象次第で、成約できるかどうかが決まります。
照明は暗ければ取り換え、水回りや台所などのごみはきちんと捨てておきましょう。
より高価格で売るためのコツなので、多少コストがかかっても怠ってはいけません。

□まとめ

今回は不動産を高価格で売るコツについて解説しました。
高値で買ってもらうには、様々なテクニックがあります。
しかし、一番大切なのは購入者の視点に立つことです。
売る方も買う方も気持ちよく取引するために、上述した内容を意識して取り組みましょう。

 

香川で売却したい方へ、不動産売却で高価格になる物件の特徴を紹介

不動産を所有している方にとって、いつ売却するかは重要なポイントです。
住宅が高く売れるためには、時期以外にも必要な条件があります。
建物の状態次第で、価値が上下します。
どうせ売るのなら、少しでも高価格で売約したいですよね。
そこで今回は、高価格で売れる物件の特徴について解説します。

□築年数が浅い

一般的に、築20年を過ぎると建物の資産価値はゼロになると言われています。
木造住宅の場合、耐用年数は22年と法律で定められています。
これが関係し、不動産業者はいくら綺麗で丈夫な建物でも、20年超えの住宅に価値を付けません。
しかし、大手ハウスメーカーの物件だと例外的に高価格となるケースもあります。
築10年で半分、築15年で2割まで価値が下がることを目安に覚えておくとよいでしょう。
査定の際、業者によってはまず築年数を見る人もいます。
それくらい築年数は大事なのです。

□駅から近く、アクセスがいい

駅からの近さは、住宅の価値を高めます。
スーパーや学校といった、日常でよく利用する施設が近いことも有利になります。
不動産の人気エリアとして、都心の近くや高級住宅街が挙げられるでしょう。
この周辺に立地していると、需要が高いので高値で売れる可能性が上がります。
テーマパークなどの人気スポットの近くに位置していることも、プラス要素になるでしょう。

□メンテナンスが行き届いている

築年数が浅くても、家の中がボロボロだと価値は下がります。
逆に、築年数が経っていてもメンテナンスが行き届いていれば、高価格で売却することができます。
一戸建ての場合、以下のようなポイントを抑えておきましょう。

*外装の見た目

購入希望者が内覧をする時、真っ先に目につくのが外装や庭先です。
綺麗な状態を保っていると、希望者にいい印象を与えられます。
第一印象で全体のイメージが決まることもあるので、注意が必要でしょう。

*水回りは清潔か

水回りは毎日使用する場所なので、購入希望者に不快な思いをさせてはいけません。
たとえ故障していなくても、「汚いから」という理由で値下げ交渉をされることがあります。
日々のメンテナンスをきちんと行えているかが、高価格で売れるかを左右します。

□まとめ

今回は高価格で売れる物件の特徴について解説しました。
駅や周辺のアクセスが良くない場所に立地している物件は、家を綺麗に保つことでカバーできます。
購入を検討している人に「ここに住みたい。」と思ってもらえるかが大切です。
高価格で売れるために、紹介した特徴を押さえておきましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム