お知らせ&ブログ

香川でマンションを売りたい方へ!買取と仲介どっちにすべき?


香川でマンションを売りたいとお考えの方で、買取と仲介どちらにすべきかお悩みの方はいませんか。
買取と仲介はそれぞれにメリットやデメリットがあるため、しっかりと検討することが大切です。
そこで今回は、買取か仲介かを選ぶ際のポイントをご紹介します。

□マンションにおける買取とは?

そもそも買取とはどのようなものなのでしょうか。
一般的に不動産を売るとなると、仲介をイメージされる方はきっと多いでしょう。
しかし、仲介だけでなく買取という方法もあります。

マンションにおける買取とは、不動産会社が個人から直接的に物件を買い取る方法のことを指します。
仲介では、個人の売主と買主の間に不動産会社が入り売買を行います。
そのため、買い手がなかなか見つからないといったこともあるでしょう。
一方の買取は、買い手は不動産会社になるため、わざわざ買い手を探す必要がありません。
それによって、比較的短い期間で売却ができるのが特徴です。

□買取か仲介かどちらを選ぶべき?

買取と仲介には、それぞれメリット・デメリットがあります。
では、マンションを売却する際はどちらを選ぶべきなのでしょうか。
選ぶ際のポイントとして、ご自分の考えやマンションの状況によって向き不向きがあります。
そこで、買取や仲介ではそれぞれどんな方が向いているのかご紹介します。

まず、買取に向いている方の特徴として以下のような点が挙げられます。
・築年数が30年以上のマンション
・室内の状態が悪いマンション
・短期間で売りたい方
基本的にマンションが古く、状態が悪いような場合は買取を選ぶのがおすすめでしょう。
また、買取の特徴として比較的短期間で売却できるため、なるべく早く売りたい方やすぐに手元に現金が必要な方は買取が向いています。

次に、仲介に向いている方の特徴は以下の通りです。
・なるべく高く売りたい方
・駅近や新築といった好条件のマンション
・多額のローンが残っている方
買取は一般的に仲介よりも価格が低くなるため、少しでも高い値段で売りたい方は仲介をおすすめします。
また、ローンの返済額が多くあるという方は、少しでも高く売って、返済に充てるのが良いでしょう。

以上のようにそれぞれに向き不向きがあります。
ご自分がどちらが向いているのか疑問に思われた方は、お気軽に当社までご相談ください。

□まとめ

今回は、買取か仲介かを選ぶ際のポイントをご紹介しました。
ご自身の考えやマンションの状態を考慮して、買取か仲介か選びましょう。
マンションの売却についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム