お知らせ&ブログ

香川でマンション買取を検討中の方へ!引き渡しまでに何をすべき?

これからマンション買取をお考えの方は、引き渡しまでに何をすべきかご存知でしょうか。
売却が決まった後も引き渡しまでにすべきことがあります。
そこで今回は、マンション買取をしてから引き渡しまでにすべきことをご紹介します。

□マンション買取の流れを紹介!

まずは、マンション買取の流れをご紹介します。
最初に売却に関して、買取の仕組みや諸費用についての相談をします。
基本的にこの相談は無料で行えることが多いため、何か悩みや疑問点がある方は不動産会社の方に相談してみましょう。

相談を終えたら、簡易的な査定をしてもらいます。
簡易的な査定なので少々不安に思うかもしれませんが、ある程度実績がある会社であればそれほど不正確な査定額にはならないでしょう。

簡易査定の結果に納得をして本格的に手続きに入る場合は、担当者の方が現地にきて室内状況や周辺環境を確認します。
現地調査を終えると正確な買取価格を提示され、この段階で引き渡しまでのスケジュールや流れの説明を受けるでしょう。

その後、重要事項説明書の内容に同意したら、売買契約書にサインをして契約を結びます。
物件の引き渡しをする際にお金が支払われ、税金、公共料金、管理費といった清算をします。
中には最初に手付金を支払って、残りは後日に払われるといった分割して代金が支払われることもあります。

□引き渡すまでに様々な準備が必要!

買取が決まっても、引き渡しをするまでには様々な準備が必要です。
準備の中には、専門家の方へ依頼する必要があるものや書類を発行しなければならないものもあるため、余裕を持った行動が重要になります。
では、どのような準備が必要なのか見ていきましょう。

1つ目は、所有権移転登記の準備です。
引き渡しまでに準備が終わっていないと移転登記ができないため、優先的に進めていきましょう。

2つ目は、抵当権抹消の準備です。
抵当権とは、住宅ローンを借りている金融機関が持つ権利のことであり、万が一ローンが完済されなかった場合に物件を競売にかけるというものです。
もしも、売買契約を結んだ後もローンが残っている場合は、完済しなければ抵当権を抹消できないので注意しましょう。

3つ目は、新居への引越しと税金や管理費の清算です。
引越しに関する準備はそこまで複雑なものではありませんが、引越しシーズンになるとなかなか引越し業者の予約が取れないことがあるため早めの行動を心がけましょう。

4つ目は、買い手への伝達事項の確認です。
必要になる書類を用意する必要もあるため、買取業者の方と相談をしながら進めていきましょう。

□まとめ

不動産を売却する際は、やらなければいけないことが多くあるため不安に思われる方も多いかもしれません。
あらかじめどんな流れで何をすべきか把握しておくことで、スムーズな取引が行えるでしょう。
香川で買取をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム