お知らせ&ブログ

マンションの買取はどのくらいの値段がつく?香川の買取業者が解説します!


マンションを売却する際は、できるだけ高い金額で売却したいですよね。
一般的にマンションを売却する方法として、仲介と買取がありますが、買取を選んだ場合はどのくらいの値段がつくのでしょうか。
今回は、マンション買取ではどのくらいの値段がつくのか解説します。
マンションを手放したい方はぜひ参考にしてください。

□マンションを買取してもらうとどんなメリットがある?

マンションを買取してもらうことには、様々なメリットがあります。
今回はその中から3つご紹介するので、それぞれ見ていきましょう。

1つ目は、売却するまでの期間が短いことです。
仲介を使った売却の場合は、買主が見つからないと契約ができません。
そのため、売り出してもなかなか買い手が見つからないこともあり、売れるまで多くの期間を要することもあります。
一方で買取の場合は、不動産業者が直接買取ってくれるため、すぐに売却が完了します。

2つ目は、契約不適合責任がないことです。
万が一売主側が認識していないようなシロアリ被害や欠陥が見つかった場合、そのようなトラブルはないという内容で契約しているため、買主側から損害賠償を請求されるでしょう。
買取の場合は、不動産業者がその物件の所有者となるため、売り手側の契約不適合責任は免除されます。

3つ目は、仲介手数料が不要なことです。
仲介による売却は、売り手と買い手の間に仲介業者が入るため、仲介手数料が必要になりますが、買取ではそのような費用がかかりません。

□マンション買取の相場はどのくらい?

次に、マンション買取を行うとどのくらいの値段がつくのか解説します。
一般的にマンションを買取によって売却した場合、仲介に比べて売却金額が安くなります。
相場としては、市場価格の60から70パーセントくらいです。
例えば、仲介による売却だと5000万円で売れそうな物件であれば、買取による査定額は3000から3500万円程度になるでしょう。

なぜ、仲介と買取でこのような金額の差が生まれるのか疑問に思う方もいるかもしれません。
それは、仲介と買取で不動産会社の利益を生み出す仕組みが違うからです。
仲介と買取ではそれぞれにメリットやデメリットがあるため、売主それぞれの状況に合った売却方法を選ぶことが重要です。

□まとめ

今回は、マンション買取ではどのくらいの値段がつくのか解説しました。
買取には様々なメリットがあります。
大体の相場を理解しておけば、売却金額に関して後から後悔することなくスムーズに売却を進められるでしょう。
香川でマンションを手放したい方は、ぜひ当社までご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム