お知らせ&ブログ

不動産買取で詐欺に遭わないために!香川の業者が対応策を紹介します

不動産買取においてどんな詐欺が発生しやすいかはご存知ですか。
不動産取引では大きなお金が動くため詐欺が発生する場合もあります。
一般的に詐欺の被害者になりやすいのは買主ですが、売主が被害者になる可能性もあります。
そこで今回は、香川で不動産買取を考えている方へ、詐欺を回避するためのポイントをご紹介します。

□不動産買取でよくある詐欺の手口とは?

不動産買取において売主が知っておくべき詐欺の手口を2つご紹介します。
よくある手口を知っておくと、注意すべき点がわかり安心ですよね。
まず1つ目は、土地の測量費用と偽ってお金をだまし取るケースです。
この場合、詐欺師は相場よりも高い土地の買取額の見積もりを示し、相手を引きつけます。
その後に、正確な買取金額を出すために必要な土地の測量費用として、お金の振り込みを要求します。
請求する金額も50万円など、測量費用として妥当な額を提示することが多いでしょう。
ここで注意すべきなのは、お金の振り込みを要求するタイミングです。
詐欺であれば、測量の作業に移る前に振り込みを求められます。
しかし、通常測量の費用を支払うのは、作業量や労力を加味するために作業が完了した後の場合が多いです。
事前に行うのは、費用概算の見積もりのみであるため、測量作業前に振り込みを要求されたら注意しましょう。
2つ目は、買取代金を小切手で支払うと言われ、そのまま不渡りになってしまうという手口です。
小切手は、不渡りになってしまえばただの紙切れになってしまいます。
また、小切手による支払いを承諾した後に所有権の移転登記を行うと、振出日までの短期間で第三者に売却されてしまうため、売却代金が受け取れないということになってしまいます。

□不動産売却で詐欺に遭わないためのポイントとは?

不動産を売却する際の詐欺を回避するには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。
ポイントを3つご紹介します。
1つ目は、信頼できる業者を見定めるということです。
信頼できるかどうかを判断するための基準はいくつかあります。
例えば、実際の事務所や店舗があるか、宅地建物取引業の免許を保有しているかなどが挙げられるでしょう。
大手の不動産業者の名前を名乗っていても、勝手に使用している場合があるため注意しましょう。
2つ目は、移転登記は代金を受け取った時に行うということです。
詐欺師に勝手に移転登記をされ、物件の売却で得たお金を持ち逃げされかねないからです。
たとえ相手が急かしてきても、代金をもらっていなければ移転登記は行わないようにしましょう。
3つ目は、原則として決済に小切手を使用しないことです。
理由は、小切手が不渡りになってしまうと換金できないからです。
不渡りとは、小切手の振出人の当座預金が残高不足の時に発生するものですが、小切手の有効性を判断するのは難しいため、基本的に支払い方法は現金のみ応じるようにしましょう。

□まとめ

不動産買取で発生しやすい詐欺のパターンと、詐欺の予防策をご紹介しました。
詐欺の被害者になって後悔しないためにも、注意点を把握しておきましょう。
確実に手続きを進めるためにもぜひ参考にしてみてください。

 

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム