お知らせ&ブログ

不動産買取の際に仲介手数料はかかる?香川在住の方に向けて

不動産買取において仲介手数料がかかるかどうかはご存知ですか。
決済時にできるだけ多くの費用を受け取るためにも、手数料は抑えたいですよね。
そこで今回は、香川在住の方に向けて不動産買取の際にかかる費用を解説します。
ぜひお役立てください。

□不動産の買取と仲介の両方に共通してかかる費用とは?

不動産取引でかかる費用において、買取と仲介の両方に共通するものは4つあります。
1つずつ見ていきましょう。
まずは、印紙代です。
印紙税は、経済的な取引に関わる文書に課される税金のことで、財務省が発行する収入印紙を文書に添付します。
金額は契約内容によって異なるため、しっかり確認しましょう。
2つ目は、抵当権抹消の登記にかかる費用です。
抵当権とは、金融機関が持つ権利のことで、住宅ローンを返済できなくなった場合に該当の不動産が金融機関によって差し押さえられるというものです。
そのため、住宅ローンを完済した際には金融機関から抵当権を抹消するための手続きが必要です。
一般的に、土地と建物に1000円ずつかかり、司法書士に手続きを依頼した際の報酬代が約5000円から1万円であるため、合計で1万円から1万5000円程必要でしょう。
3つ目は、住宅ローンを繰り上げ返済するための費用です。
利用している金融機関や契約の内容によって異なりますが、およそ数千円から2万円となることが多いでしょう。
4つ目は、譲渡所得にかかる税金です。
譲渡所得とは、物件を購入した金額よりも高い金額で売却した場合に生じる所得です。
具体的には所得税や住民税がかかりますが、物件を所有していた期間によって税率が変わることに注意しましょう。

□不動産の買取では仲介手数料は不要!

不動産買取では売主が仲介手数料を支払う必要はありません。
なぜなら、不動産会社にとって不動産仲介と利益を得る仕組みが違うからです。
それぞれの仕組みを見てみましょう。
売主を買主とつなぐ仲介の場合は、不動産会社は仲介手数料によって利益を得ます。
一方で、買取の場合、不動産会社は不動産の買取後、リフォームやリノベーションで付加価値を付けます。
そして、経費以上の金額で売却することによって利益を得られます。
他には、物件が賃貸として扱える場合は家賃収入を得る場合も考えられるでしょう。

□まとめ

香川在住の方に向けて、不動産買取に必要な費用をご紹介しました。
仲介の場合と同じように必要な費用もありますが、買取の場合では仲介手数料は不要です。
買取と仲介の違いを把握した上で納得のいく売却方法を選んでくださいね。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム