お知らせ&ブログ

不動産買取は仲介よりも安いって本当?香川県の業者が解説!

「不動産買取は、仲介よりも安くなってしまう。」
このような話を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
しかし、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
そこで今回は、香川の業者が不動産買取が仲介よりも安い理由について解説します。

▫︎不動産取引は取引方法によって売却相場が異なる

不動産取引は、仲介と買取の2種類に分けられます。
その相場は各取引によって異なるので注意しましょう。
この2つの取引の大きな違いは、お客様の違いです。

仲介は不動産業者が仲介者として入り、不動産を売り出すお手伝いをしてくれると考えて良いでしょう。
そのため、実際のお客様は個人の方です。
売り手である自分と買い手である個人のお客様の間に不動産業者が入り、売買契約を取りまとめてくれます。

一方買取は、お客様が不動産業者です。
家の買取相場は仲介で売却する際の約7割ほどになるでしょう。
これだけ見ると、高く買い取ってもらえる仲介の方が良いと思うかもしれませんね。
しかし、買取には売却代金が安くなる一方、メリットも多くあります。

具体的には、取引が早く成立する、清掃やリフォームを行わずそのまま売却ができるなどのメリットがありますが、その理由については以下で詳しく紹介していきましょう。

▫︎仲介と買取で売却相場に違いがある理由について

✳︎修繕費用分が差し引かれる

不動産業者は買い取った物件の修理やリフォームを自社で行った後に、再販売します。
なぜなら、ただ買い取ったままの中古物件ではなかなか買い手が見つからないからです。
業者は、故障部分を修繕したり古くなった物件をリフォームしたりすることで付加価値をつけるのです。
そのため、買取で売りに出す際は修理やリフォームをしておく必要がありません。

つまり、不動産業者はその修理費やリフォーム代を見越した金額で買い取るので、仲介よりも価格が低くなるのです。
そのため、ご自身で修理やリフォームを行って売りに出す仲介とその分を差し引かれた値段で売却する買取では、結局同じくらいの値段だと思って良いでしょう。

✳︎不動産業者の利益分が差し引かれる

当然ですが、不動産業者も商売で不動産買取を行っています。
そのため、確実に利益が出るような買取額になっています。
物件の修繕費だけでなく、人件費や買取後の広告費なども含めて買い取るので、多少値段が落ちてしまうのは仕方がないことでしょう。

しかし、仲介でもそれは同じです。
物件が高く売れても、不動産業者に仲介手数料を支払う必要はあります。
そのため、ここでも仲介と買取であまり大きな差はないと思って良いでしょう。

▫︎まとめ

今回は、不動産買取は仲介よりも値段が低くなってしまう理由について紹介しました。
確かに仲介よりも物件の売却額自体は下がってしまいますが、それはさまざまなことを考慮しての金額だからです。
修理やリフォームを自分で行わなくて良いことから手間は買取の方が少ないので、ぜひ検討してみてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム