お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をするなら査定について知っておこう

不動産買取を検討している方で不動産価格はどのように査定されているのかについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
どのように査定されているのかについて知らずに買取を依頼して後悔するのはいやですよね。
この記事では不動産買取の査定について解説していきます。

□不動産の査定額はどのように決まるのかについて解説します

*原価法とはどのようなものなのか

その不動産を再度建築するとなった場合にどのくらいの費用がかかるのかを計算する方法のことを原価法と呼びます。
まずは、再度その土地を購入する場合にかかる費用を導きだします。

その次に建物を再度建てる場合にはどのくらいの費用がかかるのかを計算します。
その際に、築年数などを参考に資産価値がどのくらい目減りしているのかを踏まえて数字を出すことになるので、かなり割り引かれてしまうかもしれません。

このように計算して費用を出すことで、理論上の不動産の価値が導き出せます。
それを目安にして査定額を決めることもあるので、この計算方法は覚えておいてくださいね。

*周辺の施設や立地などの環境にも影響される

不動産の価格を決めるポイントの一つがその不動産の周辺環境です。
やはり、立地が良い不動産にはニーズが生じやすいので、価格も必然的に高くなりやすいです。
一方で、周辺の施設が充実していなかったり、交通アクセスが悪かったりする場合は、査定額が安くなりやすいでしょう。

周りの物件の価格や契約が成立した際の価格などを参考にすることで、ある程度の価格帯がわかるので、買取を依頼する際には一度把握しておくことをおすすめします。

□査定の依頼方法は2種類ある

不動産の査定を依頼する際の方法は、簡易査定と呼ばれるデータを参考にして計算する方法と、現地査定と呼ばれる現地に訪れて細かな調査を行なって計算する方法の2種類に分けられます。

簡易査定では、路線価や公示地価などの土地の価格を把握する仕組みを使ったり、昔契約が成立した物件はいくらだったのかというデータを用いたりして査定額を導きだします。
比較的早く査定結果がわかるので、ある程度の価格を知りたいという場合におすすめでしょう。

現地査定の場合は、実際に訪れるまでわからなかった近隣の環境調査や、不動産の管理状況、設備の状況確認などを行います。
きちんと隅々まで検査を行うので、正確な価格がわかるのが特徴です。
担当者とも面会できるので、信頼できる業者かどうかもチェックできるのが利点です。

□まとめ

不動産の査定について知っていただけたでしょうか。
原価法や周辺の環境によって査定価格は変わるので、一度自分でも調べられる情報は調べてみると良いでしょう。
これらを参考にぜひ納得のいくように買取をしてみてくださいね。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム