お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をお考えの方向けに不動産関係の資格について解説します

「不動産買取を検討しているが、不動産関係の資格は必要なのだろうか」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
不動産関係の資格はたくさんあるため、どれがどのような内容の資格なのかわかりづらいですよね。
そこで今回は不動産関係の資格についてご紹介します。

□不動産関係の資格について徹底解説します

不動産会社が持っている資格はどのようなものがあるのでしょうか。
たくさんある資格の中でも、2つの資格の特徴を知っておくと、より不動産会社を選ぶ際に役に立ちます。
それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

*住宅ローンに関する資格である住宅ローンアドバイザー

現在、銀行や信用金庫、信用組合などの様々な金融機関があるため、住宅ローンも多岐にわたっています。
実際に住宅ローンを組むときに、どこから手をつけたらいいのかわからず途方に暮れてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合に適切なアドバイスをしてくれるのが、住宅ローンアドバイザーの資格を持った不動産会社の担当者です。
消費者保護の観点から説明責任をきちんと果たし、住宅ローンの正確な商品知識やリスクなどをアドバイスしてくれます。

この資格は、住宅ローンに関する知識を養成する講座を受講して、修了証明書を発行してもらうことで獲得できます。
きちんとした住宅ローンの知識を持っているという証明にもなるため、安心して話を聞けますよね。

*的確なアドバイスを行える公認不動産コンサルティングマスター

不動産の流動化や証券化の進展などにより、不動産関連の仕事内容はとても複雑化してきています。
そのため、高い専門知識と豊富な経験を持っている担当者が必要な時代になってきました。
そのようなニーズに応えられる資格が公認不動産コンサルティングマスターです。

不動産コンサルティングに関する知識や技術を保有していると認定されて初めて資格をもらえます。
これはきちんと知識があって、コンサルティングが行えることの証明になるでしょう。

□資格を持っていなくても不動産の売買は可能って本当?

実は、宅建といった資格を持っていなくても、不動産の売買は可能です。
しかし、個人でも事業目的の売買を行ってもいいことになっていますが、一定数の取引を何度も行うことは禁じられているため、注意しましょう。

ただし、個人間の売買は慣れていないために契約の手続きで不備が生まれやすく、トラブルに繋がりかねません。
できればきちんと業者に依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は「不動産関係の資格」についてご紹介しました。
この記事を参考に、ぜひ不動産買取をしてみてはいかがでしょうか。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム