お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取!買取に向いているマンションとは?

どのようなマンションが買取に向いているマンションのかご存知ですか。
「買取してほしいが、結局どのような売却方法を選んだらいいのかわからない」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

実は買取に向いているマンションには特徴があります。
そこで今回は、マンションの買取について解説します。

□買取に向いているマンションとは

買取に向いているマンションは大きく分けて3つあるため、それぞれ詳しく見ていきましょう。

*買い手を見つけるのが困難なマンション

実は、マンションなどの不動産は簡単に買い手が見つかるわけではありません。
なかなか買い手と売り手の需要と供給がマッチしないことが多々あります。
都会で駅の近くにあるマンションは売れやすいのですが、郊外にある場合は買い手が見つかりにくいかもしれません。

そのような、買い手とのマッチングが難しいマンションは買取を選ぶのがおすすめです。
買取の場合は、リフォームして再販する目的で不動産会社が購入してくれるため、必ず売却できます。

部屋や建物自体をきれいに改装して不動産会社が販売するため、利益があがる仕組みになっているようですね。
不動産を売却する側としても、きちんと現金化できるため魅力的です。

*旧耐震基準に建てられたマンション

築年数が30年以上の古いマンションだったり、旧耐震基準に建てられたマンションだったりする場合には、買取を選ぶことをおすすめします。
古い不動産だと買い手がつきにくいことも理由の1つにありますが、それ以上に買取の場合だと瑕疵担保責任を負わなくてもいいことがメリットとして挙げられます。

瑕疵担保責任とは、不動産を売却した後の一定期間に、もし不備や欠陥が見つかれば売主が保証する必要があるという制度です。
買取の場合は、不動産会社が一度購入してそれを販売することになるので、現在不動産を売ろうとしている方は瑕疵担保責任を負う必要がありません。
不備が見つかりそうなマンションである場合は買取で売却しましょう。

*設備や内装が著しく劣化しているマンション

内見をした時にあまりイメージが良くない不動産の場合はなかなか売れません。
そのため、設備や内装が劣化している場合には、一度リフォームした方が良いでしょう。
しかし、リフォームする時間やその分のお金をかけるのがもったいないと感じる場合には、買取で売却すると良いでしょう。

□まとめ

どのようなマンションが買取に向いているのかについて知っていただけたと思います。
買い手が見つかりにくかったり、内装が劣化していたりする場合は買取が向いているため、ぜひ買取の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム