お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をしよう!契約書で確認しておくべきポイントとは?

不動産買取における契約書とはどのようなものなのでしょうか。
あまり契約書のことについてよく知らないという方は多いと思います。
そのため、きちんと注意点を確認しておきたいですよね。
では、具体的に契約書で注意するべきポイントについて見ていきましょう。

 

□売買契約を結ぶ時の契約書で見ておくべきポイントとは

大きく分けて3つのポイントがあるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

*売買金額や支払い時期などを確認しておこう

不動産売買契約書において、売買金額や支払い時期がいつになるのかは必ず確認しておくべきポイントです。
聞かされていた金額と違う場合は、担当者に確認をとりましょう。
また、金額だけでなく、どのタイミングで現金化できるかについても注意する必要があります。

売却代金の使い道についてすでにお考えの方もいると思います。
もし新しく住宅を購入する費用に充てたいのであれば、購入するまでには手に入れておきたいですよね。
タイミングによっては間に合わないということも起きるので、トラブルを避けるためにきちんと確認しておきましょう。

 

*所有権移転の時期や不動産の引き渡し時期について確認しておこう

どのようなタイミングで不動産を引き渡すのか、所有権移転登記はいつ行うのかを事前に確認しておくと良いでしょう。
抵当権の抹消なども行う必要があるので、事前に手続きを済ませてしまい、なるべくスムーズに売却できるようにしておきましょう。
契約書にはどのような内容が書いてあるのか、どのタイミングで引き渡すことになるのかをきちんと確認しておいてくださいね。

 

*土地の売買金額はどのように決められているのかを確認しておこう

登記上の土地の面積は把握できるのですが、実際に測量をしないことには正確な面積を把握できないことが多いです。
実際には登記上の表示より大きいということもあります。
測量をする前に売買契約が行われる場合は、主に2種類の方法で対応しているので覚えておきましょう。

1つ目は、土地の代金を固定してしまい、売買を実行する方法です。
売主または買主のどちらかが損をしてしまうかもしれません。
しかし、損をしてしまった場合でも、その分の費用は請求できないという契約になるので、注意しておきましょう。

2つ目は、後々清算する方法です。
測量を行い、実際の面積が大きかったり小さかったりした場合には、その分の代金を清算して支払うことになります。
損をする場合もあれば、得をする場合もあるので、売却する土地が登記上の面積より大きいという自信がある場合におすすめだと言えるでしょう。

契約書にはどのように土地の売買金額が記載されているのかを確認しておくことが大切です。

 

□まとめ

この記事で紹介したように、契約書で注意するべきポイントは3つあります。
3つのポイントを参考に、契約書をきちんと確認してから契約を締結してくださいね。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム