お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取を考えている方へ共有持分の不動産の売却方法を解説!

「共有持分なのだけど、不動産をなんとか売却したい。」
共有持分のため、不動産を売却する際に困っているという方は多いと思います。
共有持分でも売却できるのなら売却したいですよね。
では、具体的に共有持分の不動産を売却する際の方法を見ていきましょう。

 

□共有持分の不動産を売却する方法とは

大きく分けて3つの方法があるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

*共有持分の権利者同士で売買する方法

共有持分のままだと、様々なトラブルが発生するかもしれません。
他の権利者の許可を得ずに住宅に手を加えることは禁じられています。
しかし、権利を一人に集約させることで、この問題は解決できます。
権利を得る側は、売却やリフォームができるだけでなく、きちんと所有しているという実感を得られます。
反対に、権利を売却する側は、きちんと現金を得られるというのがメリットだと言えるでしょう。

このように、双方が求めているものが違う場合には丸く収まるとても良い方法です。
ただ、折り合いがつかない場合には、売買ができなかったり、法外な値段をふっかけられたりする可能性があるので、いつでもうまく行くというわけではありません。
まずは権利者同士で売買する方法を試してみて、うまくいかなかった場合は他の方法を使うと良いでしょう。

 

*共有持分の権利者全員の意見を合わせて第三者に売却する方法

全員の同意を得た上で、第三者に売却する方法もあります。
不動産を売却したいという意見が一致した場合には、持分比率によって売却金額を分配すれば良いので、とてもスムーズに進むでしょう。
売却後も関係性が壊れにくく、相場と同じような価格で売却できるのでおすすめです。
ただ、全員の意見をまとめるのが難しいので、代理人を立てて行うことも多いです。

 

*全く関係のない第三者に売却する方法

他の権利者の許可を得ずに、第三者に売却する方法もあります。
同意を得ずに売却するのはとても難しいのですが、理論的には可能です。
どうしても権利者間で売買できず、すぐに現金が欲しいという場合にはこの方法を使うと良いでしょう。

 

□共有持分を売買する際には買取業者を利用するのがおすすめです

権利者の許可を得ずに第三者に売却する際には、買取業者を利用しましょう。
仲介で買主とマッチングが必要な場合はあまり売れないというケースが多いです。
理由は、購入したとしても、その不動産の所有権は自分にもらえず、自由度が低くなるためです。
そのため、面倒な交渉ややりとりを代わりに行ってくれる買取業者に売却すると良いでしょう。

 

□まとめ

この記事で紹介したように、共有持分の不動産でも売却は可能です。
そのため、他の共有持分の権利者と折り合いがつかない場合は、買取業者にぜひ依頼してみてくださいね。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム