お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取を考えている方必見!不動産業界へのコロナの影響とは?

コロナが流行った結果、不動産が売れないかもしれないと心配になっている方はいらっしゃいませんか。
早めに現金化したくても、売れ残ってしまうと困りますよね。
ではコロナによって不動産業界にはどのような影響があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

□不動産業界におけるコロナの影響は?

実は不動産業界への影響は少ないという声が多いです。
飲食業界や観光業界がダメージを受けている中で、なぜ不動産業界への影響は少ないと考えられているのでしょうか。
理由を2つに分けて解説します。

 

*不動産の費用は生活費として組み込んでいる家庭が多い

そもそも、不動産はサービス関係の提供物ではなく、生活に欠かせないものです。
コロナによって財布の紐を締めている方が多いですが、生活に欠かせないものとして、不動産への支払いはきちんと行われます。
使うお金を投資、消費、浪費に分けて考えると、基本的にダメージを受けている業界は浪費のうちから使われるお金を目当てにしている業界だと言えるでしょう。
不動産は消費の部分に入るので、影響が少ないと考えられます。

 

*不動産市場への影響は経済のショックより後に来る

日本では震災が多いので、耐久性の高い住宅に住む必要があります。
耐久性を考えると、費用が安すぎる住宅には住まない方が良いでしょう。
そのため、基本的に住宅の価格がそこまで低くなることは考えにくいです。

また、経済のショックが起きるまでは、不動産市場にはあまり影響がないと考えられています。
不動産の価格の評価はとても難しく、過去のデータやどのくらいの価格だと売れるのかをもとに金額を決めているので、すぐには価格が下がりません。
実体経済に打撃があり、人々の生活が困窮(こんきゅう)してしまう事態になった場合は、じわじわと不動産の価格が下がるかもしれません。

 

□買取の方が手堅く現金にできるのでおすすめ

不動産業界にはコロナの影響があまり生じないことを知っていただけたと思いますが、実は仲介売買にはダメージが生じる可能性があります。
仲介売買は3〜6ヶ月という短期間で完了するので、現在はあまり住宅を買いたくないと購入を渋る方出てきてしまうことが考えられるためです。
大きな出費を避ける流れになることもあるので、直接買主とマッチングする必要がある仲介売買は少し難しくなるでしょう。
そのような場合におすすめなのが買取です。

買取の場合は、不動産会社に買い取ってもらえるので、保有している資産を現金化できないまま放置するというリスクを避けられます。
このような観点から、確実に現金化をしたい方におすすめだと言えるでしょう。

 

□まとめ

不動産業界におけるコロナの影響について知っていただけたと思います。
買取だと確実に現金化できるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム