お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をする予定の方必見!不動産買取にかかる費用とは?

みなさんは不動産買取にかかる費用についてご存知でしょうか。
事前にどのくらいの費用がかかるかを知らずに買取をしようとしている方もいらっしゃると思います。
しかし、事前に費用を把握しておけば、急な支出で苦しくなることはありません。
では、具体的にどのくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。

 

□買取にかかる費用は?

大きく分けて3種類の費用がかかるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

*印紙代がかかる

印紙代とは、契約書に貼る印紙の費用です。
契約書は売る側と買う側がそれぞれ所有するものなので、2つの契約書に貼る必要があります。
契約する金額によって、印紙代は変わるのでしっかりと確認しておきましょう。
以下のように変わります。

・500万円〜1000万円の場合、1万円
・1000万円〜5000万円の場合、2万円
・5000万円〜1億円の場合、6万円
・1億円〜5億円の場合、10万円
・5億円〜10億円の場合、20万円

このように、契約する金額が高くなればなるほど、印紙代も高くなるので、事前にある程度の資金を用意しておくと良いでしょう。

 

*登記する際にかかる費用

不動産売買を行なった際には、所有権移転登記を行う必要があります。
その際の司法書士への依頼料は、買主側が負担します。
しかし、そのほかの住所変更登記費用と抵当権抹消登記費用は売主が負担する必要があることを覚えておきましょう。
印鑑登録証明書に書かれている住所が登記簿上の住所と異なる場合、所有権移転登記ができなくなります。
事前に住所を一致させておく必要があるので、司法書士に依頼して住所変更登記をしておきましょう。

また、買取してもらう不動産にローンが残っている場合は、抵当権を抹消する必要があります。
これらの登記はとても複雑なので、司法書士に依頼することをおすすめします。
依頼にかかる費用は売主が負担する必要があるので覚えておきましょう。

 

*引越し費用

もし自分が住んでいる住宅を買取してもらうのであれば、引越し費用を準備しておく必要があります。
引越しには、軽視できない程の費用がかかるので、事前に買取にかかる費用の予算に組み込んでおくと良いでしょう。
持っていく必要がない家具や家電は、不用品買取業者に依頼して引き取りに来てもらうことになるので、その依頼料も考慮に入れておく必要があります。

 

□まとめ

この記事で紹介したように、不動産の買取には様々な費用がかかってしまいます。
そのため、事前にある程度の費用を準備しておくようにしましょう。
もし何かわからないことがあれば、お気軽に当社にご連絡ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム