お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をする場合は買取の仕組みを知っておこう!

不動産買取の仕組みについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
どのような仕組みなのかについて知らずに買取してもらって後悔するのはいやですよね。
この記事ではどのような仕組みで不動産買取が行われているのかについて解説していきます。

 

□買取とはどのような仕組みなの?

ご存知の方も多いかもしれませんが、買取とは不動産会社に不動産を買い取ってもらうことを指します。
なぜ不動産会社が不動産を買い取ってくれるかというと、リフォームしてより高い値段で一般の買主を探して売却するためです。
そのため、一般的に仲介で売却する場合より買い取ってもらう際の価格の方が低くなりやすいでしょう。

しかし、仲介の場合は売却するまでに数ヶ月かかることが多いのですが、買取では、すぐに現金化できるというメリットがあります。
数ヶ月不動産を持ったままでいるのが嫌な人や、緊急ですぐに現金化したい方には、買取はとてもぴったりな仕組みだと言えるでしょう。

また、今後少子高齢化に伴い、新築よりも中古不動産の市場が伸びていくことが予想されます。
個人と個人が取引する場合は、瑕疵担保責任や、想定していなかったトラブルが起きてしまう可能性があります。
不動産会社が間に入ることで、そのようなことを防げるのも買取の仕組みの良いところです。

 

□買取の仕組みを利用すればどのようなメリットが得られるの?

大きく分けて2つのメリットがあるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

*計画通りに売却できる

先述したように、買取の場合は買主を探す必要がないので、マッチングするまでの期間待つ必要が無くなります。
例えば、急に転勤が決まった際には、このタイミングまでに住む場所を決めたいという状況になりますよね。
そのような場合にも、不動産会社に査定してもらい、計画的に売却できるのが大きなメリットだと言えます。

 

*リフォームなどの様々な手続きが不要

実は、不動産を売却する際には、手間のかかる手続きが必要になることが多いです。
例えば、リフォーム業者とやり取りし、仲介業者とやり取りするなどの手続きが必要になることがあります。
しかし、買取の場合はそれらの手続きが不要になります。
これらの手続きにかかる精神的な負担や時間的な負担は馬鹿にできません。
このように、用事や仕事に注力したい方にとって、大きなメリットがあります。

 

□まとめ

どのような仕組みで不動産買取が行われているのかについて知っていただけたでしょうか。
余計な手続きが不要で早急に現金化できるのが大きなメリットです。
これらを参考に不動産買取を依頼してみることをおすすめします。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム