お知らせ&ブログ

香川県で不動産買取をしよう!買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくてもいい?

「瑕疵担保とはどのようなものなのだろう。不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくても良いのかな。」
このように、瑕疵とはどのようなものなのかわからない方もいらっしゃると思います。
そこで今回は「瑕疵とはどのようなものか」「不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくても良いのかどうか」についてご紹介します。

 

□瑕疵担保責任の「瑕疵」について解説します

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、瑕疵とはキズや欠陥のことです。
不動産を買う予定の方は、注意深く物件を見ることになりますが、その際にささいな欠陥を見逃さずに指摘した場合は、不動産会社が少し価格を下げてくれます。
その場合は、欠陥があることを承知の上で購入することになるので、瑕疵があるとは見なされません。

しかし、注意深く見ても、蛇口の欠陥やシロアリ被害などには気付かないことが多いです。
そのような、普通に見ただけでは気付かない欠陥のことを瑕疵と呼びます。
また、近くに暴力団事務所があったり、対象の不動産が事故物件だったりする場合には、精神的な面での欠陥があるとされるので、これも瑕疵として取り扱われます。

 

*瑕疵担保責任とは?

瑕疵があった場合に売主が持つ責任のことを瑕疵担保責任と呼びます。
欠陥があったと知らずに売却した場合でも、売主は保証をする必要がある点に注意しましょう。
無過失責任といわれるもので、売主側が保証をすることになります。
そのような場合には、不動産を買った方が売主に対して、損害賠償や契約の解除などを請求できます。
修繕費や慰謝料をもらう、あるいは契約する前の状態に戻せるので、買主にとってはとてもありがたい制度だと言えるでしょう。

 

□不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負う必要はない

実は、不動産を不動産会社に買取してもらった場合には、先述した瑕疵担保を負う必要はありません。
買取の場合は、買い取った不動産を不動産会社がリフォームやリノベーション、ハウスクリーニングなどを行なってから再販します。
修繕した後なので、過失や欠陥に対して不動産会社が責任を負うことになります。
そのため、もし何らかの過失があったことが判明しても、売主には責任が生じないのが嬉しいポイントでしょう。

 

□まとめ

この記事でご紹介したように、不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負う必要がありません。
そのため、安心して不動産を買取してもらえるでしょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム