お知らせ&ブログ

不動産買取時の必要書類を香川の不動産買取業者が解説!

「不動産の買取を検討しているけれど、不動産に関する知識が少なく、買取を依頼する際に何が必要かわからない。」
このような方がいらっしゃるかもしれませんね。
不動産買取を思い立ったら、まずは必要書類を準備する必要があります。
今回は、不動産買取時に必要な書類について解説します。

□不動産買取を依頼する際の必要書類

不動産を買取に出す際に必要とされる書類は、売主に関する書類、権利に関する書類、建物に関する書類に区分されます。

売主に関する書類には、身分証明書、印鑑証明書があります。
本人確認のための身分証明書には、運転免許証やパスポートを持って行きましょう。
印鑑証明書は、引き渡し時点で発行から3ヶ月以内のものを用意しましょう。
また、印鑑登録をしている実印も必要です。
共有名義の不動産の場合は全員分の身分証明書、印鑑証明書、実印が必要になるので、気をつけましょう。
さらに、登記簿上の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合は、住民票も持参する必要があります。

権利に関する書類とは、登記済権利証もしくは登記識別情報通知のことです。
登記済権利証は登記名義人が所持する書面であり、その所持人が登記名義人であることを公的に証明する書面です。
代わりに登記識別情報が発行される場合もあるので、その際は登記識別情報通知でも構いません。

建物に関する書類としては、固定資産税納付通知書、購入時の売買契約書・重要事項説明書が挙げられます。
固定資産税納付通知書は固定資産税、都市計画税の税額確認に使います。
また、購入時の状態や価格を証明する購入時の売買契約書・重要事項説明書は査定の参考になるので、持っていれば用意しておきましょう。

不動産買取の場合、上で説明した書類があれば問題なく売却できます。
ただ、不動産会社によって必要とされる書類が異なる場合があるので、事前に不動産会社に問い合わせておくと安心です。

買取自体は比較的短期間で終わりますが、必要書類が足りていなかった場合は時間がかかってしまいます。
上記書類がきちんと揃えられているかを確認し、取り寄せが必要な書類を事前に準備しておきましょう。

□まとめ

必要書類を不足なく準備できたら、不動産買取はスムーズに進みます。
不動産買取で何を用意すべきかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。
当社は、不動産業界20年以上の経験豊富な専門家が査定から買取完了まで対応いたします。
香川・高松エリアで不動産買取にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム