お知らせ&ブログ

不動産買取と不動産仲介の違いとは?香川にお住いの方必見

「不動産を売りたいけれど、買取を利用するか仲介を利用するか迷っている。」
「買取と仲介ってどう違うの?」

不動産の売却を検討されていても、不動産のことについて詳しく知っている方は少ないでしょう。
この記事では、買取と仲介の違いについて詳しく解説します。

□不動産買取と不動産仲介の違い

不動産買取とは、不動産会社がお客様の物件を買い取ることです。
不動産仲介とは、不動産仲介会社に依頼して不動産の売却をお手伝いしてもらうことです。

具体的に、それぞれの違いについて見ていきましょう。

*買主が違う

仲介における買主が主に個人のお客様であるのに対して、買取における買主は不動産会社です。

仲介の場合、お客様自身が住むために購入する「実需」の利用がほとんどです。
そのため、条件の良い物件が早く売れる傾向にあります。

一方で不動産会社が行う買取においては、買取を行った物件を、不動産の開発・建設やリノベーションといった付加価値を付けて再度販売を行う目的で購入します。
そのため、多少条件が悪い物件でも買い取ってくれます。
仲介では売れるのが難しい物件でも売却できるのが、買取のメリットと言えるでしょう。

*手続き期間が違う

買取では、買主を探す必要がないので、短期間で売却できます。
そのため、すぐに売却して資金を調達したい方に向いている方法と言えるでしょう。
また、お客様と業者のやりとりだけで売却が成立するため、各種手続きが簡略化できます。

仲介では、不動産会社業者独自のネットワークや広告を介して、売主と買主をマッチングさせます。
すぐに買主が見つかるとは限らないので、売却が成立するまでに時間を要すると考えておきましょう。

*売却価格が違う

仲介では、相場価格で売れる場合が多いと言えます。
ほとんどの場合において、契約成立後に仲介手数料が差し引かれます。
ただ、購入希望者が現れて契約が成立するまでお金が入ってこないことに注意しましょう。

一方で、買取では仲介手数料がかかりません。
ただ、仲介と違って設備修復責任・瑕疵(かし)担保責任といった管理責任を不動産会社が負ってくれるので、売却価格は仲介に比べると低いでしょう。

□まとめ

買取と仲介の違いを把握すれば、不動産売却の際にどちらにするか決断しやすくなります。
当社は、不動産買取専門の業者なので、不動産仲介と比べてお客様の立場に立ったご提案が可能です。
香川・高松エリアで買取をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム