お知らせ&ブログ

任意売却って一体何?香川の不動産買取の専門業者が詳しくお教えします

香川で家の売却を検討していて、任意売却について気になっている方はいませんか。
任意売却はさまざまなメリットがありますが、あまり知らない方が多いでしょう。
そこで今回は任意売却の仕組みを、不動産買取の専門家が解説します。

□任意売却の仕組みと流れ

*任意売却とは

任意売却とは専門の不動産会社が借り手と銀行の仲介となり、住宅ローンが残っていても相場と大差ない条件で売却を可能にする方法です。
住宅ローンが払えず返済できる見込みもない場合は、競売になることがあり安値で売れてしまう可能性があります。

任意売却は自宅を売却するお金で債務の大部分を減らせるため、将来の生活に希望が持てます。

*任意売却の流れ

まず任意売却に定評のある会社を選び、現在の状況を説明します。
次に不動産会社から査定結果の報告を受け、不動産と銀行が売却交渉をします。

買い手が見つかれば自宅を買い手に引き渡し、現金を受け取り、債務を圧縮し払い切れていない部分の返済を継続します。

□任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリットを説明します。

1つ目は仲介と売却額にあまり差がないことです。
相場と同等の価格なので、住宅ローンの返済額も十分減らせますね。

2つ目は手数料を売却額から出せることです。
家を売却するときには税金などさまざまな手数料がかかり自己負担となる一方で、強制的に任意売却では売却額から引かれるため、余分な費用がかかりません。

3つ目は残債を分割返済できることです。
一般的に家を売却したときの残債は、金融機関に一括で返済をする必要がありますが、任意売却の場合は売却後でも一括でなく月々の分割での返済ができます。

次に任意売却のデメリットについて説明します。

1つ目は、金融機関が認めづらいことです。
任意売却には金融機関からの承認が必要ですが、金融機関は特別な事情がない限り、任意売却をなかなか認めてくれません。

金融機関は返済期間が長い方が利子による利益が出るため、通常の返済方法を望んでいます。
こうした事情から特別な事情がない限り、任意売却はなかなか認められません。

2つ目は競売になってしまう可能性があることです。
任意売却をしていても、なかなか売れずローンの滞納が続いていると競売になることがあります。
競売が決まり買主が決まれば、任意売却に戻すことはできません。

□まとめ

今回は任意売却の仕組みとメリット、デメリットについて解説しました。
任意売却では相場とほぼ変わらない価格で売却でき、住宅ローンの債務を減らせます。
家の売却方法で任意売却を検討しようか悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム