お知らせ&ブログ

ローン返済中の不動産売却について香川の専門業者が解説します!

ローン返済中の不動産売却について気になっている方はいらっしゃいますよね。
返済中の不動産は売却できるのでしょうか?
また、ローン返済中の不動産の売却代金がローンの返済に足らない場合はどうしたら良いのでしょうか?
これらについて、詳しくご紹介します。

 

□ローン返済中の不動産は売却できるのか

結論から言うと、売却できます。
住宅ローンは長期の返済期間を設定して借りることが多いですよね。
しかし、転勤や家族の数が増えたなどの理由で住居を変更する場合は多いでしょう。
この時にローンの返済が終わっていないと売却できるのか不安ですよね。
結論でも述べたように売却は可能ですが、抵当権を抹消する必要があります。
抵当権は住宅を購入する際に金融機関が設定するもので、支払いが行われなかった場合に住宅を競売にかけ、その代金からローン残債を回収できるという制度です。
つまり、抵当権のある不動産はローンが残っているということです。
不動産を売却して得られる売却代金でローンを完済できれば、抵当権を抹消できるでしょう。
完済できていると、抵当権が抹消されている状態で買い主に所有権が移転できるため、売却が問題なく進むでしょう。
売却できるかどうかの判断は不動産会社に査定してもらえます。
どれくらいの価格で売却できるのかを知っておきましょう。

 

□売却代金がローンの残債よりも少ない場合

売却代金がローンの返済に足りない場合には3つの対策があります。
1つ目は足りない分を自己資金で支払うことでしょう。
不動産会社に査定を行ってもらった上で売却代金が残債の額を下回る場合は現金で残りを支払えます。

2つ目は足りない分を新たなローンに組み込むことでしょう。
今、住んでいる住宅を売却して新しい住宅を購入する場合、新しいローンを組むことが多いでしょう。
その時に新築の住宅ローンに今のローンの残債を組み込む住み替えローンを利用できます。
しかし、売却と同時に新居の購入を進めるため、決済・引き渡しのタイミング・金融機関とのスケジュールの調整などにとても忙しくなるでしょう。

3つ目は任意売却でしょう。
任意売却とはお金を借りている金融機関と交渉して、残債を残したまま抵当権を外してもらうことです。
これにより、通常の売却ができるでしょう。
任意売却は通常の売却に比べて条件やデメリットがありますが、無理のない返済プランに変更してもらえるため、ぜひ検討してみてください。

 

□まとめ

今回は、ローン返済中の不動産売却についてご紹介しました。
ローン返済中でも不動産売却はできます。
今のローンを完済できない場合もさまざまな方法があるため、参考にしてみてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム