お知らせ&ブログ

香川で不動産売却を検討中の方へ!不動産売却にかかる印紙税について解説します

不動産売却では印紙税がかかるのをご存じでしょうか?
印紙税とは何なのかをそもそも知らない方もいらっしゃいますよね。
今回は香川で不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却の際にかかる印紙税について、ご紹介します。

 

□不動産売却の際にかかる印紙税について

そもそも印紙税とは何かについてご紹介します。
印紙税とは、商業取引関連の文書に対して課される税です。
この文書のことを課税文書と呼び、全部で20種類です。
書類には契約書・手形・株券・保険証券・領収書などがあるでしょう。
この中でも文書の種類によってそれぞれ非課税になる金額や税額が異なるため、注意しましょう。
印紙税の納税義務者は基本的には課税文書の作成者です。
しかし、複数人で作成した場合は連帯して納付する義務を負うでしょう。
印紙税がかかる理由は2つあります。
1つ目は商業取引で作成される文書には何かしらの利益が発生するからです。
2つ目は文書の目的である取引内容の明確化による信用の裏付けです。
不動産売却では契約書や領収書が課税文書に該当するので印紙税がかかることを理解しておきましょう。

 

□不動産売買契約書の印紙税の金額とは

納税を完了させるためには不動産売買契約書を作成し、必要な金額の収入印紙を貼り付ける必要があります。
印紙税の金額は契約書の記載されている金額によって異なります。
この時、同一内容の契約書を複数作成であれば、1通ごとに印紙を貼り付けましょう。
ここで疑問を持った方がいらっしゃると思います。
契約書に記載されている金額とは税抜きでしょうか?
それとも税込みでしょうか?
これの答えは消費税額の区分の記載方法によって異なります。
次の疑問として、不動産売買契約書の写しについてでしょう。
同じ契約書が2つあり、一部を原本、一部を控えとした写しで準備した場合、控えは課税文書に該当しないため、収入印紙は不要です。
しかし、売り主側のみ控えとして保管することが認められており、買い主側は原本を保管する必要があるので注意しましょう。
収入印紙は郵便局の窓口で手に入れられます。
コンビニや商店などでも取り扱っている場合がありますよ。

 

□まとめ

今回は香川で不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却の際にかかる印紙税について、ご紹介しました。
印紙税は必ず支払う必要がある税なので理解を深めておきましょう。
記載金額によって印紙税は異なるので、自分の記載金額だと印紙税はいくらなのかを把握しておきましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム