お知らせ&ブログ

不動産売却の際に気をつけることは?香川の専門業者が解説します!

「不動産売却をする予定だが、初めてで不安だ」とお困りの方はいらっしゃいませんか。
不動産売却の際には、気をつけるべき注意点が多くあります。
それらを抑えておくことで、不安は解消されます。
不安を解消して売却を成功させたいですよね。
そこで今回は、不動産売却の際に気をつけることを香川の業者が解説します。

□不動産を売り出すまでの注意点

不動産売却の際、不動産を売り出すまでにもさまざまな注意点があります。
不動産を売却する際に、まず行うことは不動産の相場の調査です。
その際に注意すべき点があります。
不動産の価格は、不動産会社に価格査定を依頼して知ります。
しかし、それより前に自分で調べておくことがおすすめです。
周りにある似た物件や、過去の取引データなどを参考に価格を調べましょう。
この際に、できるだけ多角的に調べるのが重要です。
不動産を売り出すまでに注意すべき点は、もう一点あります。
不動産会社とは、媒介契約というものを結びます。
媒介契約とは、不動産の売却を行う際に、不動産会社がどのように売買を行うのかといったことを取り決める契約です。
媒介契約には3種類あります。
それぞれ、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と呼びます。
それぞれには特徴があります。
媒介契約を結ぶ際に、自分の状況や物件に合わない契約を結ばないよう注意しましょう。

□不動産を売り出してからの注意点

不動産を売り出してからも、さまざまな注意点があります。
そのうちの1つが、内見の際の注意点です。
不動産に興味がある人が現れたら、実際に物件を見学してもらいます。
その際の注意点です。
内見の際は、できるだけ綺麗にしておきましょう。
内見の際に不動産が綺麗でないと、悪い印象をもたれてしまいます。
そのような事態を避けるために、綺麗に掃除してからの内見を心がけましょう。
また購入希望者が見つかり、売買契約を結ぶ際にも注意点があります。
特に、手付金の金額については注意が必要です。
一般的に手付金は、総額の1割を受け取ります。
しかし最近では、それよりも少なめに受け取ることも多いです。
手付金は、売却における保険の意味合いも込められています。
そのため、できるだけ1割は受け取っておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産売却の際に気をつけるべきことを解説しました。
不動産売却の際には、さまざまな注意点がありました。
さまざまな注意点を1つ1つ抑えて、不動産売却を成功させましょう。
不動産売却でお困りの際には、この記事を参考にしてください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム