お知らせ&ブログ

香川県で投資用不動産売却をお考えの方へ|仲介手数料と仕訳について解説します

「投資用不動産売却の時の仕分の目的について知りたい。」
「仲介手数料の計算を行う時に注意事項はあるのか知りたい。」
このように、不動産売却の仕訳について悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県で投資用不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の注意事項と仕訳を理解する目的について解説します。

□なぜ投資用不動産売却で仕訳を理解する必要があるのか?

不動産売却を行う時に仕訳の理解をする必要がある理由は2つあります。
1つ目は会計処理を正確に行い、正確な金額を納税するためです。
正確な会計処理ができていないと脱税になってしまうことや税金の支払い過ぎに繋がるので注意しましょう。
2つ目は仲介手数料の支払い過ぎないようにするためです。
仲介手数料は税抜き価格に対して発生する手数料ですので消費税の仕訳を理解しておく必要があります。
仕訳を理解して正確な会計処理と支払いを行うようにしましょう。

□不動産売却の仲介手数料計算前に理解しておくこと

不動産売却を行う時の仲介手数料の計算には消費税の課税の対象または非課税なのか理解する必要があります。
土地は消費税の課税対象ではありませんが、建物は消費税の課税対象です。
つまり、売却する時の土地の売却価格を除いた建物の売却価格のみに対して10%の消費税を支払う必要があります。
仲介手数料は消費税の金額を抜いた売却価格に対して手数料をかけられます。
消費税込みの販売価格に対して仲介手数料がかけられていないか注意しましょう。

□投資不動産売却を行う時の注意事項

アパートのような投資物件を売却する時には注意しなければならないことがあります。
売却時に駐車場料金、各種積立金、管理費など売却後の料金をもらっていると思います。
しかし、これらは売却前までの金額分のみしかもらえないので翌月分は返金するように覚えておきましょう。
その時に、収益から減額するのを忘れてしまうと納税額が増えてしまうので気を付けましょう。
会計処理は正確に行わなければ税金を支払い過ぎてしまう危険性があるので、少しでも不安な点があれ専門家に確認することをオススメします。

□まとめ

今回は、香川県で投資用不動産売却をお考えの方に向けて仲介手数料の注意事項と仕訳を理解する目的について解説しました。
当社では、不動産売却についてのご相談を随時受け付けております。
不動産の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム