お知らせ&ブログ

香川県在住の方必見|不動産売却の際に売主がしなければならないこととは

「不動産を売却したいけど、どのような準備をすればいいか分からない。」
「不動産売却の契約の流れを知りたい。」
このような悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
この記事では不動産売却で売主が準備すべきことと、契約の流れについて説明します。

 

□売主が準備すべきこと

*売り出し価格の設定

売り出し価格よりもすぐに売ることの方が重要な場合は、業者が決めた値段や相場の値段で構いません。
しかし、少し時間に余裕がある場合は複数の業者に価格の査定を依頼して、比較することをおすすめします。
その方が、不動産にどれほどの価値があるのか分かりやすいですし、自身が納得のいく値段を見極めれるからです。
また、あえて少し値段を高めに設定しておいてから、反響によって価格を変更するのも、なるべく高い価格で売る方法の1つです。

*なるべくキレイにしておく

不動産の付加価値は周りの環境や便利さにも左右されますが、物件そのものの価値がかなり重要でしょう。
なるべくきれいな状態にするためにも、細かいところまで点検を重ねることをおすすめします。
あらかじめ補修したり、掃除をきれいにしたりしておくと評価も高くなります。

*必要な書類を揃える

売主は、売主に関する情報だけでなく、不動産に関することや権利に関することなど様々な書類を提出しなければなりません。
その際に、必ずしも提出しなくて良い書類も存在しますが、買い手側のこと考えた行動を心がけてください。
なるべく多くの情報が開示されている方が、買い手側からも業者からも信頼を得やすいからです。

 

□契約の流れ

まずは不動産の査定をして説明等を受けます。
売却することが決まり次第、媒介契約を交わして業者は販売活動に取り組みます。
販売活動とはよく郵便受けに入っている不動産のチラシを作成するのに関わる全ての活動を指します。
チラシを作成するまでに実際に業者が不動産の周辺を散策したり、その土地のメリット・デメリットを把握したりする必要があります。
より多くの人にその不動産の価値を見い出してもらうように努めるのが主な活動です。
実際に買い手が見つかり、契約を交わした時点で売主に報告します。
最後に売買契約を交わし、現金の引き渡し等の手続きを済ませて取引が完了します。

 

□まとめ

今回は不動産売却で売主が準備すべきことと、契約の流れについて説明しました。
当社は不動産売却に詳しいスタッフが多く在籍しています。
香川県にお住まいの方は、気軽に当社にご相談ください。

 

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム