お知らせ&ブログ

香川県在住の方必見|不動産売却の際の家具処分についてご紹介

「家具を処分すべきかの判断ができない。」
「家具処分の方法を知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
不動産売却した後の引っ越しの際に、不要な家具がいくつか出ると思います。
この記事では家具を処分すべきかの判断のポイントと、家具処分の方法について説明します。

 

□家具を処分すべきかの判断のポイント

*購入希望者が家具を気に入った場合

基本的に売りに出す物件は空き家にするべきですが、動かしにくい家具や大きい家具の場合は、そのままの状態で内覧が行われることがあります。
その際に購入希望者が家具を気に入りれば、両者の合意の下でそのまま譲り渡せます。
無償で譲り渡すので、利益はありませんが、不用品回収に出す手間が省けるのでおすすめです。

*電化製品の場合

取り付けられているエアコンや、使わなくなった冷蔵庫は無理に処分しなくても、交渉次第でそのまま譲り渡せます。
特に大型の電化製品は処分の費用が高いですし、購入希望者が電化製品にこだわりが無い場合はそのまま置いていくと良いでしょう。

 

□家具処分の方法

*リサイクルショップで売る

比較的状態が良い家具はリサイクルショップでも利益を得られるので、売れるものは全て売ることがおすすめです。
これにより、得たお金を引っ越し費用に充てられるので一石二鳥ですよね。

*不動産業者に処分を依頼する

不動産業者が売却の際に家具処分をする場合があります。
売却と同時に不用品の処分もできるので、時間の節約にもなります。

*粗大ごみとして処分する

車を保有している方は、直接不要になった家具を粗大ごみ処理センターに持ち込み、処理を依頼することをおすすめします。
持ち込む手間はかかりますが、通常よりも格安で処理できます。

*不用品買い取り業者に依頼する

一般的な一戸建て住宅であれば、約5~10万円で全ての不要な家具を処分できます。
しかし、業者や地域によってかかる費用が違うので、注意が必要です。
また、不動産業者に相談すれば、提携している不用品買い取り業者を紹介してもらえる場合もあるので、是非一度相談してみてください。

 

□まとめ

今回は家具を処分すべきかの判断のポイントと、家具処分の方法について説明しました。
置いて行っていいか分からない家具は購入希望者だけでなく、不動産売却業者にも質問してみてください。
リサイクルショップや不用品回収で家具処分するのも良い方法ですが、当社でも家具処分を承っておりますので、香川県在住の方は気軽にご相談ください。

 

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム