お知らせ&ブログ

香川の方へ|不動産売却にかかる消費税について解説

「最近増税したけど、不動産売却に影響はあるのかな。」
「不動産売却にかかる消費税や増税の影響について詳しく知りたい。」
不動産の売却をご検討の方で、消費税に関して不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
つい最近、消費税が10パーセントに上げられ、不動産売却に影響があるのか気になっている方も多いかもしれません。
そこで今回は、不動産売却にかかる消費税や増税の影響について香川の方に詳しく解説します。

 

□不動産売却で税金はかかるのか

不動産売却時にかかる消費税について解説します。

*土地に消費税はかからない

土地の売却や貸付には消費税はかかりません。

*建物は非課税の場合と課税される場合がある

事業者が事業として対価を得ることになる一戸建てやマンションの売却には課税されます。
しかし、個人間の建物の売買であれば課税の対象にはなりません。

 

□消費税が課せられる場合

個人間の建物の売買であれば課税の対象にならないことをお伝えしました。
しかし、不動産売却の際のサービスには税が課せられることがあります。
そこで、個人間の不動産売却にかかる消費税について解説します。

*不動産会社の仲介手数料

不動産売却を行うとき、不動産会社に仲介を依頼して行われることがほとんどです。
この際に生じる、仲介手数料には税が課せられます。
仲介手数料は、不動産の売却価格によって変わります。
しかし、法律によってその割合は決められていることは知っておくと良いかと思います。

 

□増税が不動産売却に及ぼす影響

消費税が10パーセントに繰り上げられ、不動産売却に影響を与えるのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
基本的には、増税は不動産売却にはほぼ影響がないと考えられています。
不動産取引には基本的に消費税がかからないからです。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる消費税や増税の影響について詳しく解説しました。
土地の売買には消費税はかからず、建物の売買では消費税がかかる場合とそうでない場合があることは理解いただけたでしょうか。
また、不動産売却において増税の影響はほぼないと考えられるので安心してください。
当社は、お客様の明日の暮らしに笑顔をお届けするために日々尽力しています。
不動産業界と聞いてイメージされるようなしつこい勧誘を行うこともありません。
また、業界20年以上の専門家が対応するので、信頼も厚いです。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム