お知らせ&ブログ

香川で不動産売却をされる方必見!売却にかかる費用を簡単紹介!

「不動産売却を考えているが、売却に関する知識がない。」
「不動産売却に費用がかかるって聞いたけど、どんなことに必要なの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
不動産は資産の一部で、日本国内にも所有している方は多くいます。
しかし、不動産を所有していても売却をしたことのない方がいるのも事実です。
そんな方の場合、不動産売却に関する知識が少なく、急な売却が必要なときに対応しにくいはずです。
また、意外と知られていませんが、不動産売却には費用がかかります。
売却をするのであれば、トラブルを防ぐためにもそれらの費用の内容を理解してから売却をしたいですよね。
そこで今回は、不動産売却にかかる費用ついて紹介します。

 

□不動産売却にかかる費用とは

*仲介手数料

仲介手数料は、売却の仲介を依頼した不動産会社に支払うお金のことです。
売却の際には必ず不動産会社の仲介を依頼するため、支払いが必要になります。
売却価格の3%に6万円と消費税を上乗せした金額が支払い額です。
そのため、売却金額が高いほど、仲介手数料も高くなります。
しかし、仲介手数料は成功報酬であるため、売却ができなかった場合には支払う必要がありません。

*印紙税

印紙税は売買契約書にかかる税金のことです。
売買契約書には印紙を貼る必要があり、仲介手数料と同様に売却金額によって支払う金額も変わります。
しかし、ほとんどの場合、5千円から3万円程度の支払いで済みます。

*抵当抹消登記費用

抵当抹消登記費用は、不動産に抵当権を設定している場合にのみ必要です。
抵当権は売却をする際には抹消しなければならず、その手続きに費用がかかります。
一つの不動産につき、1千円と代理人依頼料を合わせた金額を支払う必要があります。

*譲渡益課税

譲渡益課税は、売却をして利益が出た場合にのみ支払う必要があります。
しかし、その金額は不動産の所有年数や売却金額によって変わるので分かりにくいです。
そのため、不動産売却の専門家に確認することをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる費用ついて紹介しました。
このように、不動産売却にはさまざまな費用がかかります。
もしこれから、不動産売却されるようでしたら、今回の記事を参考にして事前に費用を準備してください 。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム