お知らせ&ブログ

香川で不動産売却をお考えの方必見!不動産売却にかかる手数料とは?

「不動産売却を考えているけど、手数料がどれくらいかかるのか分からない。」
「不動産売却時の手数料について知りたい!」
こうお考えの方は多いのではないでしょうか。
手数料と聞くと、内訳などが複雑で、大きな金額になってしまうイメージがあります。
そのため、事前に手数料がどれくらいかかるかを知っておきたいですよね。
しかし、実際は手数料について分からないことが多いと思います。
そこで今回は、不動産売却にかかる手数料の具体的な料金に関して解説します。

□手数料の具体的な料金はいくらになるの?

不動産売却にかかる手数料とは、一般的に仲介手数料のことを指します。
仲介手数料とは、不動産売却を依頼する不動産会社に支払う料金のことで、法律で上限が決められており、消費税は含みません。
また、仲介手数料は販売価格によって、以下の通りに定められています。

*200万円以下

上限は、取引額の5%以内と決められています。

*200万円を超え 400万円以下

上限は、取引額の4%以内と決められています。

*400万円以上

上限は、取引額の3%以内と決められています。

しかし、売買価格が400万円を超える場合は別の上限で設定されています。

*400万円を超える場合

上限は、(売買価格×3% + 6万円) + 消費税、と設定されています。

販売価格の3%以上の料金と思うとかなり大きな額になってきますね。
不動産売り出しを進めるとともに、事前に仲介手数料の準備も進めておく必要がありそうです。
また、手数料はかなり大きい額になってしまうため、焦る方もいらっしゃると思います。
しかし、当社では不動産売却ではなく不動産買取を行っているため、当社で手続きを行っていただくと、仲介手数料を必要としません。
不動産売却とは、不動産会社に仲介してもらって第三者に物件を売り出してもらう取引のことですが、不動産買取とは不動産会社に直接的に物件を買い取ってもらう取引のことです。
直接、物件を買い取るため、仲介料が必要になりません。

 

□まとめ

今回は、不動産売却を行う際に発生する手数料や、不動産買取についてご紹介しました。
不動産売却を行う際に発生する手数料についてご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考にして、不動産買取を検討してみてはいかがですか。
当社は、香川・高松エリアに精通しており、不動産買取に関する知識が豊富なスタッフがあなたのお悩みの解決をお手伝いします。
香川・高松エリアで不動産買取をご検討の方や不動産買取の流れを詳しく知りたい方はお気軽に当社までお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム