お知らせ&ブログ

高松で不動産売却をお考えの方必見!買取と仲介の違いとは?

「持っている不動産を手放したいけど、どのような方法があるのだろう」
「不動産売却をする際に買取にするか仲介にするか迷っているけど、どっちの方が向いているのだろう」
高松にお住まいで、このようなことを疑問に思ったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?
どのような理由であれ、大きな資産を手放すからにはできる限り高い値段で売りたいですよね。
ここでは、そのような方のために買取と仲介の違いを紹介していきます。

□買取

*流れ

買取の流れとしては、まず不動産会社に売却の相談をして査定を依頼します。
査定価格が提示されてから、それをもとに契約条件の打ち合わせを担当の人と行います。
そして打ち合わせを経て不動産売買契約を締結し、残金決済や引き渡しが行われます。
仲介の場合と違って買い手を探す必要がないため、短い期間で問題なく売却を進められる点が大きな特徴です。

*メリット

最大のメリットとしては、上記の通り売却までのプロセスが短く、すぐに現金化できます。
仲介にかかる手数料も必要ありません。
また、広告を出して買い手を探す必要がないので、近隣の住民に何も知られずに不動産売却を進められます。

*デメリット

一方でデメリットとしては、仲介で買い手を探す時と比較して売却額が安い点です。
買い手が依頼した不動産会社となるので競争が生まれず、どうしても相場よりは安くなってしまいます。

□仲介

*流れ

仲介の場合も基本的に買取の流れと同じで、まず不動産会社に売却の相談をして査定を依頼します。
この後売却依頼を行い、不動産仲介会社に広告を出してもらい買い手がつくのを待ちます。
購入検討者が見つかると、その方との間に仲介業者が入って契約条件の打ち合わせをして調整をしてくれます。
そして打ち合わせを経て不動産売買契約を締結し、残金決済や引き渡しが行われます。
買取の場合と比較すると買い手がつくのを待つ期間があるので、時間はかかります。

*メリット

メリットは仲介手数料がかかる一方で、不動産会社に買い取ってもらう時よりも高額で売却できる点です。

*デメリット

一方デメリットは、上記の通り売却までに時間がかかるので、今すぐにでも売りたいという方にはあまり向いているとは言えない点でしょう。

□まとめ

以上が、買取と仲介の違いです。
時間や手間をかけずに不動産売却を済ませたい方は買取が、少しでも高額で売りたい方には仲介が向いているといえます。
買取と仲介のどちらで不動産売却をすればいいか分からなかった方には、ぜひこちらを参考にしていただければ幸いです。
何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム