お知らせ&ブログ

【香川県にお住まいの方】不動産の売却と購入を同時にする際の注意点

家の買い替えにおいて、「家の購入と売却を同時にしたい!」と思われている方、おられると思います。
しかし、「同時になんて簡単に言うけど本当に大丈夫?」と、不安に思われている方も多いはずです。
今回のこの記事では、不動産の売却と購入を同時にお考えの方に、ぜひ知ってもらいたい、同時売却の注意点についてご紹介します。

□購入と売却を同時に行うスケジュール管理

購入は不動産取引においてスケジュール調整がとても難しいです。
これは、購入される方にとって、住む場所を変えるという行動です。
特に、売却と購入を同時に行うのは注意が必要です。
スケジュール管理と一言で言っても、実際には購入と売却は別々のタイミングで行います。
実際には、先に見つかった方のスケジュールに合わせて、もう一方の取引を進める必要があります。
具体的には、売却が先に決まれば、自宅を引き渡すまでに、入居できる物件の確保が必要です。
購入が先に決まれば、引き渡しの期限までに、自分の物件を売却してその代金を受け取っておさめる必要があります。
購入する側、売却する側どちらかに住宅ローンなどがある場合は、さらにその日程も影響してくるでしょう。
このスケジュール管理がうまくいかなかった場合、契約解除といったことも生じる可能性があります。
このように、スケジュールは管理が難しく、重要です。

□確実な資金計画

多くの方が、売却の資金を購入の資金に回すことを検討されていると思います。
しかし、当初お考えだった見込みよりも価格が低い場合、購入に大きく影響する可能性があります。
売却の資金でもローンを返しきれないときに、その残り金と購入金額をまとめて貸してくれるサービス「買い替えローン」といったサービスもありますが、比較的審査が厳しいものとなっています。
売却における査定額、購入する物件の予算、これらは簡単に考えず、しっかりと考える必要があります。

□まとめ

上記のとおり、スケジュール管理や資金の計画において意思決定は非常に難しいものとなっています。
このようなことを、自分自身だけの判断に任せて行うのは、非常に難しいことだと思います。
そういった方は、ぜひ当社に足を運んでください。
当社では、高松市を中心に不動産売買仲介、不動産購入をメインに取り扱っております。
不動産業の歴が長く、これまで多くの取引をしてきた経験があります。
不動産の購入と売却を同時にお考えの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム