お知らせ&ブログ

【香川県在住の方】知らないと損する!不動産売却時の水道やガスの対応

マンションの売却時に、水道やガスをどうしたらよいのか対応に困っておられる方も多いと思います。
これは実は非常に重要で、止める時期を間違えるとその後の売却の契約時に損をする可能性があります。
実は水道、電気とガスでは止めるべきタイミングが異なります。
ガスは電気、水道と違い、すぐに止めてもよいのです。
以下では、不動産売却時に水道などのライフラインの対処法を紹介します。

□水道のタイミング

水道を止めるべきタイミングは決済、引き渡し日です。
不動産を売却する場合、売却する前に引っ越して、不動産をからにしておかなければなりません。
また、からにするだけでなく掃除しなくては、売れないといった可能性も出てきます。
しかし、水を止めた場合、掃除することが困難です。
引っ越し後も定期的に掃除しなければ当然人が住んでいなくてもホコリはたまるばかりです。
この場合、「水道代金がもったいない」「遠方に引っ越した際に、わざわざ帰ってくるのは負担が大きい」などの心配事をされる方も多いと思います。
しかし、水道は水道局に掃除をする日だけ使用しますと電話で伝えておけば、一日使用にすることもできます。
また、遠方に引っ越される方も、定期的に掃除を行ってくれる不動産会社もあります。
このような悩みがある方はぜひ相談することをおすすめします。

□電気のタイミング

電気も水道と同様に止めるタイミングは決済、引き渡し日です。
不動産を空にしてから、売却する場合、購入希望で来られたお客様に対して電気が止まっていると印象が最悪です。
ここでの内覧の印象によって、お客様は購入するかの決断をされます。
電気がつかず、暗い印象の部屋を見て購入してくださる可能性は低くなると思います。
さらには、電気がないとエアーコンディショナーなど室温管理もできないので、お客様に快適に内覧していただくことができません。
また、内覧されない場合も、部屋の採寸をとるために不動産を訪れるケースもあります。
このように、電気がないと不便なことが多いので、決済、引き渡し日まで止めないのが良いと思います。

□ガスのタイミング

上記のように、水道や電気はすぐ止めてしまうのは、不便だということがご理解いただけたと思います。
次に、ガスの止めるべきタイミングですが、引っ越し日に停止することをすすめます。
なぜなら、電気や水道のように内覧にお客様が来られてもガスを使用する必要はないからです。
むしろ、ガス料金を払い続けるマイナス要素が多いので、ガスはすぐ止めるようにするとよいでしょう。

□まとめ

以上、不動産売却時の水道などのライフラインの取り扱いについて紹介しました。それぞれ、止めるべきタイミングを間違えるとマイナス要素につながるので、適切なタイミングで止めるようにしましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム