お知らせ&ブログ

ローンありでもマンション売却できる?香川の不動産会社が方法を紹介

マンションの売却を検討するとき、ローンがまだ残っていることがあります。
この場合、ローンが残っていてもマンションを売却することができます。
しかし、ローンを残している状態で売り払うには考えておくべきことがあるのをご存知ですか?
そこで今回は、残債ありでマンションを売却する際の注意点について解説します。

□キーワードは抵当権

ローンを組んでマンションを購入した場合、住宅には抵当権が存在します。
もしローンの返済が延滞している場合、貸し手は家を競売にかけて借金を回収することができます。
これが抵当権というものです。
マンションを売却するには、この抵当権を外す必要があります。
その方法はローンを完済することでしょう。

□マンション売却時の代金がローン額を超えた場合

マンションの売却代金がローン額を上回れば、問題なく返済することができます。
もし高く売ることができれば、その分、次の家に充てるお金が増えます。
売却代金がローン返済額に足りなくても、自分のお金で補えるのであれば心配ありません。

□売却してもローンを完済できない場合はどうすればいいの?

売却代金と自己資金を合わせても、返済額に満たない場合があります。
方法としては、次のようなものが挙げられます。

*任意売却

貸し手から許可をもらい、売却後に残ったローンを返せる範囲で返済していくのがこの方法です。
しかし、この手段はおすすめしません。
任意売却をするには、返済を滞っていることが必要だからです。
返済を延滞していると、信用情報に記録が残ります。
他にも、延滞が続くと借りている金融機関からマンションを差し押さえられます。
競売にかけられると多大なローンに追われることになるので、任意売却にすると少しでも負担が減るでしょう。

*住み替えローン

住み替えローンとは、現在の住宅ローンに残っている残債を転居先に追加するものです。
これなら引越しができると思うかもしれませんが、住み替えローンは今後払うお金が増えることを表しています。
審査が厳しくなり、ローン額に制限がかかることもあるでしょう。
本当に返済し続けられるのか、きちんと検討しましょう。

□まとめ

今回は残債ありでマンションを売却する際の注意点について解説しました。
本来ならローンをすべて返済してから転居先に移りたいですよね。
ローンが残っていても売却できますが、できるだけ早く完済する計画を立てたいですね。
新天地で気持ちよく生活するために、専門家と話し合って慎重に検討しましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム