お知らせ&ブログ

高松市で不動産売却をする方必見!かかる期間の目安をご紹介!

不動産売却には、どのくらいの期間がかかるのかご存じでしょうか。
不動産売却の方法には、「仲介」と「買取」の二つがあります。
それぞれ特徴や必要になる期間の目安も異なるのですが、そうした違いを知っている人は多くありません。
「不動産売却にはどれぐらい時間がかかるの?」
「仲介と買取で期間はどう変わってくるの?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
不動産売却を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


□仲介と買取はどう違う?

まず、仲介と買取の違いについてご説明します。
「仲介」とは、不動産仲介会社と媒介契約をすることで、不動産の売却を進めていく方法です。
不動産仲介会社は、流通サービス、自社ホームページや、インターネットや新聞へ広告掲載を利用して、物件の購入を希望している人を効果的に探します。
さらに、売主と購入希望者との間の契約手続きや、代金の決済のサポートをするなど、非常に頼れる存在になってくれます。
「仲介」では、不動産仲介会社が買主を探してくれるというのがポイントです。
対して「買取」では、不動産会社が買主となります。
不動産会社が不動産の査定をし、そのまま契約、決済という手順が踏まれます。
購入希望者を探す必要や、広告掲載の手間がかからないため、仲介に比べて売却期間がとても短くなるという特徴があります。

 

□仲介にかかる期間の目安

不動産売却において「仲介」を利用する場合、一般的には3カ月から半年ほどかかります。
「仲介」には、査定・不動産業者との媒介契約・購入希望者探し・内覧の受け入れなど、必要なステップが多く、かなり時間がかかってしまうのです。
もちろん、この目安は物件の状態や購入希望者の要求によって変わってきます。
一方で、買取より売却金が高くなるメリットがあります。
対象時間がかかってもお金がほしい方におすすめです。

 

□買取にかかる期間の目安

「買取」では、仲介の場合に最も多くの時間が必要になる「広告・販売期間」がありません。
そのため、不動産売却にかかる期間も仲介と比較してかなり短くなります。
目安としては、最短で1日、長くても1カ月以内には売却金額を現金化できます。
最短で1日で現金化と聞いて驚かれた方もいるのではないでしょうか。
「買取」では、お金を手にするまでの時間が短いので、できるだけはやくまとまったお金が欲しいという方におすすめの方法です。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる期間の目安を、仲介と買取という2種類の方法にわけて説明しました。
それぞれの違いと特徴をご理解いただけたのではないでしょうか?
自分の今の状況に合わせて、適切な方法を選ぶようにしましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム