お知らせ&ブログ

高松市で不動産売却する方必見!仲介のメリット・デメリットを解説!

不動産売却を検討している方で、仲介か買取のどちらにするか悩んでいる方はいませんか?
不動産売却を行うには、基本的に「仲介」と「買取」の2つの方法から自分にあったほうを選びます。
多くの人が選ぶのは仲介ですが、きちんとメリット・デメリットを把握しておきたいですよね。
「仲介にはどんなメリット・デメリットがあるの?」
「仲介はいろいろ手間がかかるって聞いたけど本当?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
仲介のメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。
不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

□仲介によるメリット

不動産売却において、仲介を利用することの最も大きなメリットは、「買取に比べて高い金額で売却できる可能性が高い」ことです。
不動産会社が買取を行う理由を考えてみましょう。
もちろん、「買い取った不動産をリフォームして売却し、利益を出すため」ですね。
そうした理由があるので、物件のリフォーム費用や人件費などを考慮した買取価格を不動産会社は提示してきます。
結果、買取では市場での相場の価格より売却価格が安くなってしまう場合が多いのです。

 

□仲介によるデメリット

 

*売却までに時間がかかる

仲介による不動産売却は、買取より多くの時間がかかります。
買取では、不動産会社が買主ですが、仲介の場合は買主を探すというステップがあります。
そのほかにも、買主のローンの審査やさまざまな手続きなどでかなりの期間が必要です。
買取の場合は、最短1日、長くても1カ月ほどで売却費用を現金化できます。
しかし、仲介の場合は基本的に3~6カ月以上かかってしまいます。
また、いつ売却されるかわからないため、資金計画を建てることが困難です。

 

*瑕疵担保責任がある

「瑕疵(かし)」とは、物件に雨漏りやシロアリの欠陥があることを指します。
仲介を利用した場合、物件の売買後に瑕疵が発見されたら、売主が買主に責任を負うことになっています。
買主が不利益を被ることをさけるため、瑕疵担保責任は法律によって定められており、損害賠償が請求されるケースもあります。
こうした責任は買取の場合、免責になります。

 

□まとめ

今回は、不動産売却で仲介を利用するメリット・デメリットを解説しました。
一言で表すと仲介は、「買取金額が高くなる可能性が高いが、時間やいろいろな手間がかかる方法」です。
この記事を参考に、買取とも比較しながら、自分にあった方法を考えてみましょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム