お知らせ&ブログ

高松市で不動産売却する方必見!買取のメリット・デメリットを解説!

不動産売却をする際には、基本的に「仲介」と「買取」の2つの方法から自分に合ったものを選びます。
多くの人が利用するのは仲介なのですが、実は買取にも多くのメリットがあることをご存じでしょうか。
「不動産売却で買取を利用するメリット・デメリットってなに?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
買取のメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。
不動産売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□買取を利用するメリット

実は買取には、仲介にはないメリットが多く存在しています。
一つずつ見ていきましょう。

 

*早く現金化できる

買取では、一般の買主を探す仲介と違い、不動産会社が買主です。
不動産の購入希望者を探す手間や、各種手続きにかかる期間がないため、買取に比べ圧倒的に短い期間で現金化できます。
そのため、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

 

*瑕疵担保責任がない

「瑕疵(かし)」とは、物に欠陥や問題があることです。
不動産売却においては、売買が成立した物件に雨漏りやシロアリといった問題が発見されることです。
仲介の場合、買主が一個人なので、瑕疵が見つかれば売主の負担で修理を行わなければなりません。
買取の場合は、こうした面倒なトラブルが免責になる契約条件がほとんどです。

 

*内覧の必要がない

買取では、手間のかかる内覧を受け入れる必要がありません。
仲介だと、購入を決意してもらうために、内覧の前に片づけをはじめとしたさまざまな準備をしなければなりません。
こうした作業は、かなり手間がかかるのですが、買取を利用すれば不動産会社が現地確認を行うだけで済みます。

 

□買取のデメリット

多くのメリットがある買取ですが、当然デメリットもあります。
それは、「仲介の場合より、売却価格が低くなる可能性が高い」ということです。
不動産会社が買取を行う理由を考えてみましょう。
もちろん、「買い取った不動産をリフォームして売却し、利益を出すため」ですね。
不動産会社は再度売却するためのリフォーム費用や事業費用を考え、買取価格を提示します。
こうした理由から、どうしても仲介を利用して個人に売却するのに比べ、低い価格で不動産会社に買い取ってもらうことになる可能性が高いです。

 

□まとめ

今回は、不動産売却を買取で行うメリット・デメリットを解説しました。
買取は、「売却価格が低くなる可能性があるが、すぐにお金を手に入れることができ、手間が圧倒的に少ない方法」です。
できるだけ早くお金を手に入れたい方や、面倒なことを避けたい方には特におすすめの方法です。
ぜひ、買取で不動産売却をしてみてください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム