お知らせ&ブログ

高松市でマンションを売却する方へ、売却前のリフォームはするべき?

高松市で、マンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?
「できるだけ高く売りたい」、「リフォームするべきなの?」、こう考える方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、マンションを売る前にリフォームをするべきかどうかについてお伝えします。

□リフォームをするメリット

*買い手が購入後にリフォームする必要がない

マンションがあらかじめリフォームされていると、買い手は購入後、すぐにきれいな状態で住み始めることができますし、自分でリフォームする手間もかかりません。

*早期購入につながる

リフォームがされていると、買い手に好印象を与えることができます。
そのため、そのマンションを欲しがる買い手が増えて、早期売却につながります。

□リフォームをするデメリット

*リフォーム費用を回収できない可能性がある

高額の費用をかけてリフォームしても、マンションが売れなければ値下げをせざるを得ません。
そうなると、リフォーム費用が売却額を超えてしまって、結果的に損をする可能性があるのです。

*マンションの価値を決めるのは築年数

中古マンションの価値は、内装の美しさで決まるわけではありません。
重要なのは、マンションの築年数なのです。
確かに、内装がきれいであれば、快適に暮らせます。
しかし、いくらリフォームしても、マンションの支柱といった構造材を変えることは難しいです。
そのため、リフォーム済みのマンションでも、築年数が大きく、耐震性や耐火性というマンションの性能に問題があり、安全に生活できないと買い手が判断すれば、売れないのです。

*中古マンションの購入者は自分でリフォームする前提でいることがある

最近では、中古マンションを格安で購入し、時間をかけて自分好みにリフォームする人が増えています。
そのため、売り手がリフォームをすると、リフォームされていないマンションに興味がある買い手には売れないことになり、売却できる可能性が減ってしまいます。
加えて、内装は個人によって、好みがわかれるポイントですので、リフォームしても、買い手の好みと合致しなければ売れないこともよくあります。

□まとめ

今回は、高松市で不動産売却を検討中の方へ、リフォームをするべきかどうかについてお伝えしました。
メリットとデメリットを比較すると、デメリットの方が大きく感じますよね。
また、リフォームをするのではなく、買い手が気にするポイントであるトイレやキッチンといった水回りをクリーニングしたり、壁紙を張り替えるという選択肢もあります。
リフォームをした結果、高く売れたというケースは少ないので、うかつにリフォームをすることはやめておくべきでしょう。
マンションの売却は素人の判断では失敗する可能性が高いので、まずは信頼できる専門の業者に相談すべきです。
この記事を参考に、後悔しない選択するようにしてくださいね。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム