お知らせ&ブログ

不動産の売却前に知りたい、相続した実家を早く売るコツとは

父親や母親が亡くなった場合には不動産を相続する場合も多いですが、親族が実家に移り住むケースは意外と少ないです。

むしろ早く売ることを考えている人が多く、そのためには相続した土地や建物などの売却にも強い不動産会社のサポートが不可欠です。

地域に密着した不動産会社であれば、すぐに親族の意向を尊重しながら最適な売却プランを示してくれるので安心です。

 

□早くうるコツ

 

*リフォームをする

 

一戸建て住宅を相続したときには、そのままの状態で購入希望者を探すのが一般的です。

しかし建物の老朽化が進んでいる場合には、買い手を探す前にリフォーム工事を行うべきです。

リフォーム技術も進歩しているので、専門の施工会社に依頼すると新築同様の機能的な建物に再生させることも可能です。

大規模な改造によって売り物件の価値を高めるのが、短期間で良い買い手を見つけるためのポイントです。

 

*更地にする

 

中古住宅よりも土地への需要が旺盛な地域であれば、建物を取り壊して更地として売る方法もあります。

立地条件に合わせて重機や作業員を活用して作業をする解体工事会社に依頼すると、住宅密集地でもスムーズに更地にすることができます。

整地された宅地へのニーズは大きいので、すぐに個人や企業の購入希望者も見つかります。

特に好立地で形状が整った更地であれば、中古一戸建てよりも高値で売却できる可能性も高いです。

 

*不動産情報サイトへ登録する

 

地元で買い手を探す一方で、全国に向けて相続した一戸建てや土地の情報を発信するのがトレンドです。

不動産情報サイトで間取り図や室内画像を含めて丁寧に物件を紹介するのが、早期に保有する物件を売るための基本です。

アパートやマンションの建設にも適していることをアピールすると、ワンランク上の条件で現金化することも簡単です。

 

*価格交渉に柔軟に対応する

 

一方で地方で土地や住まいを相続したときには、需要が小さい地域で売却を進める必要があるので創意工夫が求められます。

じっくりと買い手を探すのが高値で売るためには重要ですが、早く処分するためには売り手の柔軟な対応も必要です。

購入希望者の意見を聞きながら価格交渉にも応じると、数週間程度で交渉を成立させることも可能になります。

 

□最後に

 

売りたい物件の所在する地域や面積などによって、理想の売却の方法は大きく異なります。

相続に関連した相談にも真摯に対応する不動産会社を活用するのが、処分に困っている物件を速やかに売るための最善の方法です。

ウェブ上で売り物件を紹介する一方で、折り込みチラシで地域に向けて情報を紹介する方法もあります。

地元であれば購入希望者もすぐに物件を見学できるので、予想よりも早期に商談を成立させることも容易です。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム